ピクシブ百科事典

川端康成

かわばたやすなり

大正・昭和期(1899年 - 1972年)に活躍した日本の小説家。
目次[非表示]

文豪とアルケミストの同名文豪に関しては、川端康成(文豪とアルケミスト)へ。

概要と経歴

1899年(明治32年)、大阪生まれ。東京帝国大学国文学科卒。横光利一らと共に新感覚派の旗手として活躍。『伊豆の踊子』『雪国』『眠れる美女』など、情緒的な表現に優れた秀作を多く手がけた。三島由紀夫とは縁が深い。

1968年(昭和43年)には、日本人として初めてノーベル文学賞受賞した。


1972年(昭和47年)4月16日夜、仕事場にしていたマンションの一室でガス自殺する。72歳だった。

関連タグ

三島由紀夫

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「川端康成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 153308

コメント