ピクシブ百科事典

蟹工船

かにこうせん

『蟹工船』とは、小林多喜二による小説。
目次[非表示]

概要

『戦旗』にて1929年に発表された。

プロレタリア文学の代表作とされ、国際的評価も高く、いくつかの言語に翻訳されて出版されている。2008年プレカリアート運動の中で再注目を集め、映画化もされた。

特定の主人公がおらず、漁船にて酷使される貧しい労働者達が群像として描かれている点が特徴である。蟹工船「博光丸」のモデルとなった船は、実際に北洋工船蟹漁に従事していた「博愛丸」である。

関連タグ

小説 日本文学

もしかして

蟹光線(イブセマスジー)

pixivに投稿された作品 pixivで「蟹工船」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231557

コメント