ピクシブ百科事典

黒い雨

くろいあめ

広島、長崎に落とされた原子爆弾のキノコ雲が空に広がり、そこから降ったちりと放射能を含んだ雨。

もしかして→シュヴァルツェア・レーゲン

概要

広島長崎に落とされた原子爆弾キノコ雲に広がり、そこから降ったちりと放射能を含んだのことである。
この雨のおかげで辺り一面の火事がやんだが、それを浴びた人々は、白血病などにかかり死亡者が増えたという死の雨でもある。
このことを題材とした井伏鱒二の小説のタイトルも、この「黒い雨」である。

関連タグ

第二次世界大戦 放射線 戦争

関連記事

親記事

原爆 げんばく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒い雨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113946

コメント