ピクシブ百科事典

Fallout

ふぉーるあうと

Falloutとは、海外産のビデオゲームシリーズの第一作目及びシリーズの総称である。ここでは、シリーズ総称としてのFalloutについて記述する。
目次[非表示]

概要

1997年にInterplay社の発売した第一作目『Fallout』に端を発するRPGシリーズ。
ゲーム中の物語の主な舞台となるのは、核戦争によって荒廃し弱肉強食の掟が支配する過酷な暴力の世界となったアメリカであり、現実の年代で換算して22~23世紀頃の近未来を描いている。

現在、第六作目『Fallout76』をシリーズ最新作とする。

作品内容

マッドマックス北斗の拳などに代表される所謂『世紀末』(ポストアポカリプス)モノの一種だが、
本作の世界観では「核戦争によって崩壊する前の世界」が1940年台~50年台に思い描かれていた
未来の世界、いわゆる『レトロフューチャー』となっている。
また、世界情勢やアメリカの風俗・体制・思想・核の認識のいい加減さなども
当時の水準を元にしており、随所にブラックジョーク的なネタが組み込まれており、
作中に残されている核戦争前の遺物からはその不条理さを感じ取る事ができる。

物語の本筋となるメインクエストのシナリオ自体はシリアスかつ重厚な内容となっているが、サブクエストを始めとして各所にジョーク要素や細かいパロディネタ、メタネタといった小ネタがギッチリ盛り込まれており、いわゆるバカゲーとしての側面も持つ。

シリーズを通して極めて自由度の高いゲームデザインも特色の一つで、困った人々を助ける正義の味方になることもできれば、道行く人や訪れた先々の集落を片っ端から討ち滅ぼす人類の敵になるのもすべてプレイヤー次第。
また、クエストやトラブルの解決方法も戦闘だけでなく、話術や交渉技能といった手段で解決・回避することができる場面も多い。
キャラクターのビルド(育成)もプレイヤーのこだわりや自由が利く仕様となっている。あらゆる種類の銃器を使いこなすワンマンアーミーになるもよし、誰にも見つからずスリ・潜入・窃盗を働く泥棒キャラにもなれるし、ハッキングスキルと口の上手さで生き抜く詐欺師キャラにもなれる。どこぞの世紀末救世主よろしく己の肉体と鉄拳を武器にして戦い抜くのもまた一興。
Perks(レベルアップ時、基本ステータスの上昇とは別に取得できる特殊能力)もバラエティに富み、作品によっては「放射線障害を自然治癒させ、人間の死体を食って体力を回復し、時折通常の三倍以上の速度で動く」というワケ分からん生き物にもすることも可能である。

作品の経緯

本シリーズの発端は1988年にInterplay社が開発し、エレクトロニック・アーツより発売された『wasteland』である。
発売元であるエレクトロニック・アーツから『wasteland』の版権を買い取れなかったInterplay社がその精神的後継として作り上げたのが本シリーズである。
当時はInterplay社がTRPGのコアルールセット『GURPS』のライセンスを受けていたこともあり、企画段階ではGURPSを使って「タイムマシンで過去に戻って恐竜と戦い、魔法の力で現代に戻って彼女と結婚する」という筋立てのファンタジーゲームとなる予定だった。しかし、これは社長のブライアン・ファーゴに速攻で却下され、代わりにファーゴ社長の過去作品である『wasteland』にスポットが当たったという。

その後、『Vault13:A GURPS Postnuclear Adventure』というタイトルでリリースされる予定で開発が進められたが、色々とすったもんだあってGURPSのライセンス切れ前に完成させることができず、さらに本作のバイオレンス要素が似つかわしくないということでライセンシング延長もさせてもらえなかったため、結局GURPSをアレンジした独自のルールセットが採用され、発売5か月前の時点でテスト版をプレイしたファーゴ社長の鶴の一声で『Fallout』という名称に決定された。
ちなみにルールセットの変更時に盛り込まれた新ルールがPerksである。これはリードデザイナーのクリス・テイラーが、社長の「なんか物足りない」という言葉を受けて苦し紛れに発案した概念だったのだが、当時としては非常に画期的なアイデアで、Falloutシリーズだけでなく後年の他社のゲームにも採用される等、ゲーム業界に絶大な影響を及ぼすことになった。

『Fallout2』まではPC用ゲームとしてInterplay社名義で発売されていたが、同社が経営破綻の末にゲームの製作を行っていた元傘下のベセスダ・ソフトワークスにシリーズの全権利を売却、『Fallout3』以降はベセスダで開発が進められている。
これに伴い、ゲームジャンルが見下ろし視点RPGから、同じくベセスダ社の『The_Elder_Scrolls』シリーズ同様のオープンワールド型の一人称視点RPGに変更された。また、日本語化及びコンシューマ機移植も「3」から行われた。pixivでの投稿もそのような事情から「3」以降のものがほとんどである。

「3」以降のPC版ではTESシリーズ同様にMOD作成ツールが公式から無料配布されており、ネット上のコミュニティでは有志達によって作成された多種多様なMODが配信されている。「4」ではコンシューマ版でも限定的ながらMODの使用が解禁された。

シリーズ作品

Fallout:A Post Nuclear Role Playing Game

シリーズ第一作目。1997年Interplay社発売。日本語版はなし。作中年代は2161年頃、舞台はかつてのロサンゼルス等西海岸。
主人公は核シェルターVault13の住人で通称『Vaultの住人(Vault Dweller)』。Vault13の生活用水の浄化に必要なウォーターチップが故障、その代替品の探索のために住民を外部への探索へと派遣、主人公もその中の一人であり、冒険はそこから始まった。スーパーミュータントを率いて、核戦争後の生き残った人類の末裔であるウェイストランド人を駆逐しようと企む『ザ・マスター』との死闘がストーリーの大筋として描かれている。
既述の通り、この頃は『GURPS』の影響を色濃く受けたシミュレーションRPGであり、FPS風RPGとなった「3」以降の作品とは異なるゲーム性だが、バイオレンス性の強さ・成長システム・自由度の高さ・V.A.T.Sシステムといったシリーズの根幹部分は既に確立されている。

Fallout2:A Post Nuclear Role Playing Game

シリーズ第二作目。1998年Interplay社発売。日本語版はなし。作中年代は2241年頃、舞台は引き続き西海岸。
主人公は前作の主人公の孫にして、彼が作ったアロヨ村の住人である通称『選ばれし者(Chosen One)』。今作の敵は、戦前のアメリカ政府の末裔とも言える武装組織『エンクレイヴ』であり、海上油田に本拠地を置き、戦前からの技術を発展させたものを戦力として用いる非常に強力な集団。自分たち以外の全てを殲滅しようと企むエンクレイヴとの死闘がストーリーの大筋として描かれている。
前作と比較するとイベント量が豊富でテキストの内容も前作以上に作り込まれているなど、シナリオ面が大きく強化されている。その一方、前作以上に金!暴力!SEX!が前面に押し出された退廃的な世界観となっており、ジョーク要素にも下ネタが満載。
反面、ゲーム的には少々バランスが不安定で、キャラ育成の方針を間違えれば普通に詰みかねず、高難度のゲームが巷に溢れていた当時の洋ゲー界隈でも「最もクリアが困難なゲーム」の一つに挙げられるほどであった。

Fallout3

シリーズ第三作目。2008年ベセスダ・ソフトワークス販売。作中年代は2277年頃。舞台はキャピタル・ウェイストランドと呼ばれるかつてのワシントンD.C.、即ち東海岸であり、旧作とは地理的に大きく隔たっている。核戦争時、開戦直後に多数の核が降り注いだ土地であることから、汚染レベルと荒廃度はシリーズ随一。
主人公は通称『Vault101のアイツ』、公式には『孤独な放浪者(Loan wanderer)』。詳細は該当記事を参照。
製作をベセスダ社に移行して初の作品。ベセスダ社のスタッフにFallout旧作のファンが多かったことが、シリーズ復活のきっかけだったとのこと。本作からFPSの操作体系が組み込まれたオープンワールドRPGへと変化した。なお日本語化は家庭用ゲーム機版のみで、PC版は日本語化されていない(有志による日本語化MODが存在する)。

Fallout:Newvegas

シリーズ第四作目(もしくは三作目のスピンオフ)。2010年オブシディアン・エンターテイメント開発、ベセスダ・ソフトワークス販売。
作中年代は2281年頃。舞台はネバダ州南部のかつてラスベガスと呼ばれた土地を中心としたモハビ・ウェイストランドで、数多の勢力による複雑な抗争が描かれる。
「3」のアセットとゲームシステムを流用しつつ、新要素も多く盛り込んで製作された作品。オブシディアン社はかつてインタープレイ社傘下のブラックアイル・スタジオでFallout旧作に携わったスタッフが多く、開発頓挫したインタープレイ版Fallout3のネタなどインタープレイ版Falloutへの言及が多数盛り込まれている。
主人公は通称『運び屋(Courier)』。詳細は該当記事を参照。
「3」同様PC版は日本語未対応。

Fallout4

シリーズ第五作目。2015年ベセスダ・ソフトワークス販売。作中年代は2287年頃。舞台はかつてのボストンであり、また東海岸へ戻る格好。
主人公の通称は『唯一の生存者(Sole survivor)』。非公式なものでは前々作に倣って『111のアイツ』、既婚者で子持ちである設定から『111パパ(もしくはママ)』など。
前作から生産系が大幅強化されており、拾ってきたガラクタを変換した資材を使って拠点をプレイヤーの好きなように構築することができるクラフト要素が最大の特徴である。また、成長システムやV.A.T.Sシステム等にも大きく手が加えられている。PC版もついに日本語対応しており、さらに北米版そのままで言語のみ日本語対応しているため、ゴア描写もそのままにプレイできる。

Fallout76

2018年11月14日、ベセスダ・ソフトワークス販売。作中年代は大戦から25年後の2102年であり、シリーズ中では最も古い時代を扱った作品となる。舞台はかつてのウェストバージニアであるアパラチア・ウェイストランド。
「4」のアセットも流用しつつ製作された、シリーズ初のオンラインマルチプレイ専用作品。一つのワールドにつき最大32人までのプレイヤーがログイン可能で、プレイヤーは他のプレイヤー達と協力、或いは競い合いながら、プレイヤー達の行動次第で様々に変動するウェイストランドでのサバイバル生活を送ることになる。PvP要素もあるが、参加するかしないかはプレイヤーの自由裁量に委ねられる形式。
プレイヤーからのフィードバックを基にアップデートがおこなわれ、追加コンテンツも無料配布の予定とのこと。

その他:番外編

  • fallout:tactics――シリーズ初のシミュレーションタイトル。「2」後の時系列となる。日本語化なし。
  • fallout:Brotherhood of steel――アクションRPG。「1」後、「2」前の時系列。PS2にて日本語化されているが翻訳の都合、「3」以後のタイトルとは用語が食い違う。
  • Fallout Shelter――核シェルターVaultを発展させていくスマホ向けアプリ。

製作中止

  • fallout online――interplayが開発していたが、ベセスダと訴訟(和解成立)の後、権利売却に伴い製作中止。
  • van buren――同じくinterplayが開発しており、デモ画面を発表できるほど進行していたが、経営破綻のため製作中止。完成していればこのプロジェクトが「fallout3」になる予定であった。


基本設定

世界観

  • ウェイストランド

直訳すると荒野だが、本作では専ら核戦争によって荒廃した北米大陸の事を指す。
荒れ方は地域差があるが、汚染が特に重篤な地域(多数の攻撃を受けた首都であるワシントンDCなど)では
そこかしこに重度の汚染地域があったり、汚染されていない水はほぼ無いなど非常に厳しい環境。
文明社会が崩壊した為、大小の組織がその勢力圏の拡大を図っているが基本的にその外側は完全な無法地帯。
また、戦前から漏出していた強制進化ウィルス(Forced Evolutionary Virus、略称FEV)と
核戦争による放射能汚染の合わせ技で生物も様々な突然変異を起こしており、
武装したならず者集団達だけでなく野生動物も人間に牙を剥くまさに弱肉強食の世界である。
ウェイストランドに住まう人間たちの事は「ウェイストランド人」と呼ばれる。
核戦争が勃発して100年~200年以上経っている作品がほとんどのため、
かつての土地の名前とは異なる名前で呼ばれている場所が多い。
(俗に「アメリカ」という名前は完全に忘れ去られているとされる事があるが、これは誤認。
 ウェイストランドにも戦前の組織を母体としており、崩壊する前のアメリカの資料を保有している組織や
 会話の中で古き良きアメリカの話を引き合いにだす人も居る。)

  • グレート・ウォー
作中年代2077年10月、世界が滅ぶ切っ掛けとなった世界規模の核戦争。
アメリカと中国が枯渇した石油資源を巡って戦争をする最中(米中戦争)、
どこかから突如として核が発射され、世界は核の炎に包まれる事となった。
一方、意外にも核の爆風による破壊は主要都市を中心とした局地的なものであったため、生き残った人々もまた多かった。しかし、放射能汚染や漏れ出した化学兵器の影響によって環境や生態系が狂い、動植物が恐るべきクリーチャーへと進化する要因となってしまう。現在の状況に落ち着くまでに数十年の期間、ありとあらゆる生物、人間同士による過酷で悲惨極まる混沌の生存競争が展開されていたという。

  • Vault
核戦争を予期した当時のアメリカ政府がVault-Tec社に開発させた大規模な地下核シェルター
核攻撃をただやり過ごすだけのシェルターではなく、内部には様々な設備が設けられており
核戦争後も数百年は文明的で安定した暮らしが出来る…という触れ込みだったが、
実際にVault-Tec社がこうしたVaultを建造した本当の目的は社会実験の為であった。
Vault毎に様々な実験テーマが設定されており、一例として『放射能を防ぐ為のドアが完全に封鎖できない』などの
全滅必至の非人道的なものから、『ギャンブル依存症者だけを集める』など実験の意義がよくわからないものまで幅広く存在する。
また、これはVault-Tec社の意図したところではないのかもしれないが、経年による
故障の発生率も高く、上記の実験に由来した壊滅、故障が原因の壊滅、内乱による壊滅など、
様々な理由でこの実験用Vaultは壊滅してしまったものが多い。
これらの実験用Vaultの実験データを監視するためのVaultもあったりするが、
こちらの方も壊滅しているものがほとんどなのがなんとも皮肉である。
「1」「3」「4」の主人公もこのVaultの居住者である。また、vaultにおける制服である「vaultジャンプスーツ」はシリーズの象徴的装備のひとつであり、全主人公の初期装備である(vaultと無縁なはずのNewvegas主人公『運び屋』ももらえる)。

  • キャップ
戦前に一世を風靡した瓶入り炭酸飲料ヌカコーラのボトルキャップ(王冠)。どういうわけだかウェイストランドでは通貨として流通している。
詳細な経緯は明らかになってはいないが、グレート・ウォーによって文明や国家が崩壊して戦前の紙幣は今じゃケツを拭く紙にもなりゃしねってのによぉ!になってしまったため、どうやら紙幣並みに流通というか各家庭に溜め込まれていたヌカコーラのキャップに目がつけられたようである。
「NewVegas」の舞台のモハビ・ウェイストランドでは別の炭酸飲料であるサンセット・サルサパリラのボトルキャップも使用されている。
なお、ゲームの主人公は膨大な量のキャップをメイン通貨として持ち歩くが、
特定の勢力圏内ではその勢力の通貨(NCR圏内におけるNCRドル、シーザーリージョン圏内における金貨・銀貨など)が使われている事もある。

  • 人は……過ちを繰り返す……/War,war never changes.
シリーズを象徴するキーワードであり、各シリーズはこの言葉に始まり(オープニング)、この言葉に終わる(エンディング)。
訳については、非常に端的な言い回しをうまく音節内に収めた名訳とも、ニュアンスを十分に汲み取れていないとも賛否両論。
「4」では初めて作中のキャラクター(主人公)がこのセリフを口にする。

人種・生物

  • ウェイストランド人

ウェイストランドに住まう人々の総称。見た目はほぼ人間だが
グレート・ウォー勃発以前から地上で漏出していたFEVの影響下にあり、
更にその後グレート・ウォーの勃発~残された汚染により、遺伝子が改変されている者も少なくない。
そのため、純人間主義の強い一部の組織からはミュータントの一種として露骨に嫌悪される。
生活レベルは地域やコミュニティごとにまちまちで、廃墟でガラクタを拾って物々交換で日々の糊口を凌いでる者から、キャラバンによる交易を営む者、傭兵や用心棒として生きる者、戦前のハイテク施設を独占して優雅に暮らす者など様々。綺麗な水が比較的潤沢に手に入る汚染度の低い地域では農業で自給自足の生活を確立している者達もいるが、中には完全に文明を忘れて石器や骨角器で狩猟生活を送る集団までいる。
共通するのは、とにかくみんな逞しく生きている。

  • レイダー

襲撃を企てるレイダーたち


ウェイストランドに蔓延るならず者の総称。北斗の拳で言うところの『ヒャッハーさん』たちであり、出会うとやはりそう叫ぶ。
これも地域性があるようだが、モヒカンに露出度の高いボディアーマーという絵に描いたようなファッションが人気のようだ。
彼らの凶悪度もグループによってまちまちで、仲間以外の者は容赦なく攻撃する
対話の余地の無い凶悪な殺人鬼グループのようなレイダーもいれば、プレイヤーキャラの口が上手ければ
ギリギリ対話の余地がある程度に人間性を残している者、食い詰めてレイダーになった者等様々。
強盗、強姦、殺人、死体オブジェ、カニバリズムなどやりたい放題の悪党どもであるが、
レイダーグループどうしの争いやグループ内での仲間割れ、大勢力による掃討、他のクリーチャーによる襲撃など
彼らが命を落とす要因もまた多い。
いかにも頭が悪そうなイメージがつきまとうが、実は結構インテリな奴も多い。
ドラッグの合成技術やハイテク武器の扱い等に長けた一派も存在しており、それらを背景として一大勢力を築き上げている集団もいる。

  • 部族(或るいは「トライバル」)
どちらかというと西海岸に多い人々。ウェイストランド人の中でも、
独自のルールや宗教観を持ち、かつての人類のように血縁や氏族単位で纏まって生活する人々。
部族によってその性格は大きく異なり、近隣の街と積極的に交易を行っている友好的な部族もあれば、旅人を見かければ問答無用で襲い掛かって追い剥ぎを働くレイダー同然のものまで様々。
ただし、作中では曖昧な概念を持った呼称であり、単に閉鎖的なコミュニティを指して「部族」と呼ぶこともあれば、部族をまとめてレイダーとして揶揄する人物もいたり、そのまま「トライバル」という名称の敵キャラが登場したりしてかなりややこしい。
実際、「1」ではレイダー部族扱いされていたグレート・カーンズは
「NV」では西海岸諸部族の中では無視出来ない大勢力という扱いになっている。

  • スカベンジャー
荒野や廃墟を彷徨き、使えそうな物を拾っては商人に売ったり自分で使ったりして日々の糧を得ている人々のこと。ある意味、主人公の同業者とも言えなくもない。
基本的に戦闘能力はそれほど高くない個人事業主が多く、レイダーやその他の危険生物、
セキュリティロボットなどが徘徊する地域に入り込んでそのままあの世まで直行する者も少なくない。
一方で、スカベンジで得たキャップを元手に用心棒としてレイダー崩れ等を雇入れ、
ガラの悪い軍団を形成しているスカベンジャーも居る。
Fallout3では基本的には彼らの獲物を横取りしたりしない限りは無害だったが、
Fallout4では一気に縄張り意識と凶暴性が増して近づくと攻撃してくるグループが出現するようになった。

  • グール

ゴブ


ウェイストランドに住まう種族の一種。放射能の影響で変異した人間たちのこと。全身が腐敗したようなゾンビの如き醜悪な外見となり、肉の腐ったような体臭に見舞われる。
これは代謝が停止してしまうせいで、その副作用としてグレート・ウォー勃発時から
200年以上生きている長命な者も少なくない。
放射能にほぼ完全な耐性がある事、フェラルグールは同族とみなし彼らを襲わない事、
不味いのでスーパーミュータントも彼らを襲わない事などから、人間がとても
住めないようなところを平気で住居にしていたり、危険地帯の中にコミュニティを築いている事も。
そんな彼らも中身は人間なので、善人から悪人まで幅広く存在し、
200年経って性格がブーストされているのか癖の強い者が多い。
ウェイストランド人からは基本的にその容姿と臭い、そして後述のフェラルグールと混同されるせいで迫害されがちで、
彼らの方も非グールの人間を「スムーズスキン」と呼んで警戒感をあらわにする事もある。

  • フェラル・グール

光りし者


上記のグールとは違い、脳の機能が破壊された事で理性を失ってゾンビのようなクリーチャーとなった元人間。
人間がグールになるかフェラルグールになるかは運の要素が大きいようで、同じ場所で同量の
被曝をした場合でもどちらになるかはわからない(どちらにもならずにそのまま死亡する事も多い)。
基本的に下水道や物陰、建物の中など薄暗い場所を好み、近くを通るものが居ると集団で襲いかかる。
設定が二転三転しており、「1」「2」の時代ではグールとフェラルグールの間に
あまり明確な区別は無かったものの、「3」でははっきりと区別され「グールがその後フェラルグールになる事はない」とされたが、
「4」では「グールがフェラルグール化して人を襲った」という真逆の事に言及されるために
ファンの間で議論が撒き起こったりもしている。
上記の通り、フェラルグールは基本的にフェラルグール・グールは襲わないため
グールしか居ない一派がフェラルグールを番犬のように扱うケースもある。

  • スーパーミュータント

スーパーミュータント
最終兵器嫁


本項でも何度か言及している、地上に漏出したFEVウィルスは本来は
米軍が開発した、中国軍のウィルス兵器に対するワクチンのような物だった。
しかし、それを生物に投与する事で筋肉の肥大化や知能の強化など、有益な効果が
見込まれた事から人間に投与し、超人兵士を作るという方針に切り替わった。
米軍の研究班は早速人体実験を開始したが、その非道な行動に内乱が起きる事となり、
計画は断念したものの残されたFEVとその研究は後にスーパーミュータントを生み出した。
このFEV試作品にはいくつかの種類があるらしく、それぞれ微妙に性質が違うようだ。

2mを越える筋骨隆々の巨躯に人間の比ではない筋力・スピード、
病気や放射能に対するほぼ完璧な耐性、老いる事の無い肉体など
まさにスーパーな体質を持ったミュータント、それがスーパーミュータントである。

マスターズアーミーと呼ばれるマスター謹製のエリート軍団、通称「第1世代」は
火器を使いこなせるどころか医者や科学者まで居るほどの知能を持ち、
更に素手でパワーアーマーごと人間を引きちぎるなど、非常に強力な軍であった。
しかし、彼らを生産するためには素体となる人間が必要になるのだが
その素体となる人間が放射能で汚染されていると上記のようなスーパー生物にはならず、
特に知能に重大な問題のある失敗作になりやすいという弱点もある。
また、当初のプランでは生殖能力も持つはずだったようだが、マスターの計算ミスで失われたようである。

「1」では上記のマスターズアーミーの猛威により、西海岸に存在する多くの街は
時期がくれば間違いなく地図から消えてしまうという状況からゲームがスタートする。
このマスターズアーミーは「1」の主人公の活躍により壊滅し、以後西海岸で登場する
肌が緑色のスーパーミュータントは人間とあまり争う気の無い一派である事が多い。
ただ、こうしたかつての出来事から人間がスーパーミュータントを攻撃する事が多く、
逆にスーパーミュータントの中で人間との共存を認めない一派がテロ行為を起こし、更に人間との戦いが助長されるなど情勢は良いとは良い難い。

東海岸が舞台の「3」ではこれとは異なる黄色い肌のスーパーミュータントが登場し、
彼らは力こそ強いものの知能の方はあまり高くない(武器だけは満足に使えたりするのだが)。これはマスター謹製のスーパーミュータントではなく、
Vault86で繰り返されていた人体実験で生まれたスーパーミュータントが仲間を増やすために適当に
ウェイストランド人を拉致してFEVを投与するという粗製乱造が行われているためである。
「3」エンディング時点では未だに蔓延り続けていたが、「4」にてBoSの主導により
ほぼ根絶されたという言及がある。

「4」では上記の2派とも違うスーパーミュータントが登場し、こちらは
同作に登場するインスティチュートが製造していたものと思われる。
なぜ外に逃してしまったのかは謎だが、本編が始まるよりかなり前の時系列にて
ボストン周辺にある居住地が大群に襲われたが、地元の民兵組織であるミニットマンや
居住地の住人らの防衛により攻撃は失敗。大半が掃討され、作中で見るのは数が少なくなった残党らしい(それでも結構居るが)。

基本的には人間を見かけると容赦なく襲いかかってくる凶暴なクリーチャーのような扱いだが、
地域に関わらずフォークスやアンクル・レオ、エリクソンなど例外的に
知性的・平和的な性格の個体が突然変異的に出る事もある。
こうした個体は周りのスーパーミュータントの野蛮さに馴染めず、一人で居る事が多い。

  • ザ・マスター
第一作目「Fallout」のラスボス。
上述のように、西海岸でスーパーミュータントを生み出した張本人。
もともとはリチャード・モリューという名前で、Vault8の住人だったが
殺人の嫌疑をかけられ、Vaultを追放された後The Hubに住み始め、じきに南地区の長となった(リチャード・グレイと改名)。
その後、トレーダーたちを襲う謎のミュータント生物の調査を行う為に発生源である
マリポーサ軍事基地へと向かうが、そこでFEVを発見する。
不運にもセキュリティシステムに検知され、ロボットアームに捕まってしまったグレイはFEVのタンクに漬け込まれ、おぞましい肉塊のような姿に変異してしまうが、
これによって超人的な頭脳、テレパシー能力、機械や他の人間を取り込む能力を手に入れるに至った。
グレイは自分こそが完璧な生物であるという自覚を持つようになり、更に全ての人間を
この完璧な生物に置き換える野望にとりつかれるようになる。この頃からザ・マスターを名乗り、
人間を完璧な生物に変異させる実験を繰り返すが、その中で作り上げられたのがスーパーミュータントである。

こうしてザ・マスターとなった彼はFEVウィルスが大量に保管されていたマリポーサ軍事基地を根城とし、
人間をスーパーミュータントに変え、そのスーパーミュータントたちをテレパシー能力で自由自在に操る
マスターズアーミー」を作り上げた。マスターズアーミーは地上で猛威を振るい、
人々を苦しめ続けたが、突如として地上に現れた「1」主人公であるVaultの住人によって
マスターは討たれ(もしくはこの計画の粗を指摘され、負けを認め自害)、スーパーミュータントも
生産施設が破壊された事で西海岸でそれ以上増える事は無くなった。

  • バラモン

あにまるふれんど


シリーズを通して登場する双頭のミュータント牛。野生・家畜問わずウェイストランド各地に棲息している。
非常に大人しい性格で、荷物持ちや農耕作業といった力仕事の他、糞は肥料に、肉と乳は食料に、骨と革は生活資材になるという万能家畜としてウェイストランド人に飼育されており、バラモンによる酪農業やキャラバンで財を成した者も少なくない。
なお力は強いが闘争本能が弱いせいか、ゲーム中ではしょっちゅう他の危険生物達の餌食にされているところをよく見かけることになる。

組織・派閥

シリーズで2回以上登場した、もしくは大勢力について述べる。

  • ブラザーフッド・オブ・スティール(BoS)
上記のFEVの非道な人体実験を前に離反した軍人らが中心となって発足した組織。
当初は国の復興を目標としていたが、次第にウェイストランドに残る戦前のテクノロジーを収集・保管・研究する事を目的とする組織となる。
パワーアーマーに代表される高度な戦力を持つが、やや閉鎖的な性質が強く、
構成員は原則として親類縁者を中心としている事が多い。
こうした目的のため、ウェイストランド人や諸組織からハイテク機器を強引に接収していく事もあり、
特に西海岸ではハイテクレイダーと揶揄される事もある。

なお、この組織もシリーズでの扱いが二転三転しまくっており、ファンを混乱させる事が多い。
「1」では自らの住むVaultに浄水チップを持ち帰った主人公に対し、監督官が「ついでにスーパーミュータントもやっつけてきてよ」と
言わんばかりの無茶振りをしてくるが、その中で同じ目的のために協力する事となる。
(と言いつつ最終決戦ではダンジョン前までしか付いてこないのであまり役に立たなかったりも…)。

「2」では主な敵はエンクレイヴ(後述)となり、
エンクレイヴに拉致されたアロヨの村の住人を救出する為、BoSと協力する事になる。

「3」で登場したキャピタル支部も大本の目的は同じだが、指導者であるエルダー・リオンズの方針により
レイダーや東部スーパーミュータントから人々を守る事に少なからずリソースを割いていた。
当然ながら兵員の損耗も発生するため、それを補う為に外部からの人材雇用を行うなど、
BoS全体から見るとちょっと変わったやり方を採用している。
これが原因でキャピタルのBoS内でも不満が少なからずあり、本来の目的に絞った活動を
行う組織として離反した「BoSアウトキャスト」というグループが出た。

上記のような正義の味方的な面が強かった3に対し、
「NV」で登場したモハビ支部は非常に閉鎖的な性格、かつ横柄な態度だった為に多くのプレイヤーを
困惑させたが、これは本編開始前の時系列でエルダーを務めたエルダー・エリヤが主な原因である。
スクライブ(研究者)からエルダーに就任したエリヤは、テクノロジーを保護するだけでなく改良する事に
重きを置こうとしていた。そのために、モハビに存在する太陽光発電施設ヘリオス1に
異常な執着を見せ、最終的にNCRとの軍事衝突という事態を引き起こしている。
双方に甚大な被害が出たうえ、NCRはBoSの拠点のいくつかを制圧。
その騒乱にまぎれてエリヤは失踪し、あわや壊滅というところまで行くが
本編開始時点でエルダーを務めているマクナラマがその騒乱をかろうじて収め、その功績からエルダーに就任。
しかしモハビ一帯で大きな力を持つNCRと敵対したという状況はもはやどうしようもなく、
モハビにおける本拠地であるバンカーに引きこもっているところに突然同作の主人公である運び屋
現れたため、
NCRから送り込まれたスパイではないかと疑っていたのである
(実際、モハビ周辺を行き交うキャラバン等はNCRの息がかかっている事が多い)。

「4」のBoSは「3」のBoSと同じ組織だが、「3」主人公(通称Lone Wanderer)の
奮戦により東部のエンクレイブ残党の基地を壊滅、技術・装備などを吸収している。
エルダー・リオンズ及びその娘、サラ・リオンズが死亡した事によりリーダーはエルダー・マクソン(BoS創始者ロジャー・マクソンの末裔)。
3時点では少年だったマクソンがヒゲモジャの強面になり、強い語調で
人造人間やアボミネーションの根絶を訴えるため強硬なやり方にも見えるが、
これは「人類を人類自身が生み出してしまったテクノロジー及びその濫用から守る(その為にハイテク機器を収集する)」という
リオンズ派のやり方と本来の目的を折衷した考え方に基づいている。
そのためか、かつてアウトキャストとして離反していった人員も一部復帰している。

  • エンクレイヴ
戦前の政府高官と軍産複合体を母胎とし、戦前からアメリカ政府を裏で操っていた秘密結社。核戦争を海上油田施設に逃れることで乗り切り、200年の時を経てついにアメリカ本土に還って来た。戦前から断絶なく進歩を遂げたテクノロジーはBoSをも凌駕し、物量的にも豊富な、ウェイストランド最強の武装組織である。
かつてのアメリカ政府の正統な後継を自認しており、純血主義を掲げて「純粋なアメリカ人」の国家建設のため、グールやスーパーミュータント諸共ウェイストランド人を殲滅しようと企んでいたが、「2」で選ばれし者によって本拠地である油田施設を破壊された。
だが完全に壊滅したわけではなく、「3」で残党を再組織し東海岸はキャピタル・ウェイストランドに侵攻するも、Vault101のアイツとB.O.Sによって阻止され、さらに『3』のDLCで残党を三度組織して逆襲を試みるもこれも失敗、その軍備をB.O.Sによって吸収された。
「設定上、シリーズの舞台となっていない土地に広大な支配地域をまだ持っているらしい」と
言われているが、これはファンが憶測で作った勢力地図を元とした話で、
公式にソースが存在しているわけではない。

  • 新カリフォルニア共和国(NCR
グレート・ウォーから100年近く経って「建国」されたカリフォルニア及びネヴァダを拠点とするウェイストランド人による連邦・民主主義共和国家。秩序や法治、民主主義、貨幣経済といった旧世界の価値観や制度の復活を目指している。
元々はVault15の生存者達が中心となって築いたシェイディ・サンズという交易キャラバンと農業を生業とする小さな集落だったが、「1」の時代にVaultの住人に助けられたことを切掛に建国を宣言。「2」の時代に選ばれし者の助けで勢力を大きく拡大し、アメリカ南西部全域を治めるほどにまで成長した。
技術力こそエンクレイヴやBoSに劣るものの、「NV」の時点で70万以上の人口を抱え、きちんと整備された常備軍をも備えるという、単純な規模と物量においてはアメリカのウェイストランドでは最大の勢力を誇る。しかし税金が恐ろしく高いうえ、派閥争いや組織的フットワークの重さといった民主主義国家特有の諸問題も抱えている。
エンクレイヴとは勿論、エリート主義のBoSとも仲が悪く、各地で散発的な小競り合いを繰り返しながら、長らく緊張状態にある。

  • シーザー・リージョン
『Fallout:NV』で新たに登場した組織。モハビ・ウェイストランドにおいて、フーバーダムの支配権を巡ってNCRと真っ向から対立している。
「シーザー」と呼ばれる一人の指導者に率いられる一大連合組織であり、周辺の80以上もの部族を統一して結成された。本拠地はアリゾナフラッグスタッフにあり、そこを中心にモハビ・ウェイストランドにまで至る広大な領域を支配下に置いている。軍事色が極端に強いという特徴を持ち、古代ローマの風習や制度を模した鉄の掟による厳格な支配体制を敷いている。男は皆戦士として徹底した教育と過酷な訓練を受け、冷酷な戦闘マシーンに仕立て上げられ、未婚女性などの弱者は奴隷として軍事以外の仕事に従事させられる。基本的に敵か味方かの認識しかしない排他的な集団だが、商取引においてはその限りではなく、外部の商人を優遇したり、支配領域には独自の通貨を流通させるなど経済管理は意外としっかりしており、NCRにも劣らない勢力を築いている。
兵士は一兵卒に至るまでシーザーに対して絶対の忠誠を誓っており、高い戦闘技能や死を全く恐れない蛮勇さ、そして完璧な統率で精強無比を誇る。技術力こそNCRには及ばないものの、練度の差と手段を選ばない戦術で、物量で押し潰そうとするNCR軍を圧倒している。

  • インスティチュート(連邦・コモンウェルス)
「3」の時点ではDr.ジマーとアンドロイドが連邦(コモンウェルス)からやってきたと
言及されているために、連邦という名前の謎の組織であると多くのプレイヤーが誤解していた。
また、カナダに存在するという誤解もあった。
正確には、この連邦(コモンウェルス)はCommonwealth of Massachusetts=マサチューセッツ州の事で、
彼らが所属していた組織は「インスティチュート」である(これについても実は3の作中で具体的に名前が出ている)。
その正体はボストンはCIT(現実世界のMITにあたる)地下空間に隠れ住む科学者集団で、
医療、人体改造などの分野ではエンクレイヴすら凌駕する高い技術力を持つ。
その中でも特に優れた技術は人間にそっくりな人造生物(アンドロイド)を製造できる事で、
その中でも「第三世代」と呼ばれるものは見た目・振る舞い等はほぼ人間のそれである。
「4」で冒険する連邦(マサチューセッツ州)ではしばしば住民が本人そっくりなこの人造人間に入れ替えられる、
様々な場所で暗躍するなどしており、連邦における最も大きな脅威となっている(勿論彼らにも言い分があるのだが)。

  • レールロード
かつてアメリカに存在した、奴隷の逃亡を手引きする秘密組織と同じ名前を冠した秘密組織。
「3」の時点で存在が言及されており、アンドロイドの情報を探る主人公に対して
その情報をどこからか聞きつけ、これを渡して死んだことにしろと警告してくるなど
非常に強力な情報網を持ち合わせている。
「4」では勢力として登場し、自我に目覚めた人造人間を回収しようとする
インスティチュートに対し、彼らの逃亡を手引きする秘密組織として活動する。
構成員は非常に少なく直接的な戦闘はあまり得意ではないが、
上記のような情報網や工作活動、特殊技術を用いた装備を運用するなどスパイのような性格が強い。

アイテム

  • Pip-Boy

Vaultの居住者が10歳から死ぬまでその身に装着を義務付けられる機械端末。
「3」の主人公がそう言及しているため、バイオメトリクスシールにより
神経と接続されており、死ぬまで外す事が出来ないと思われる事が多かったが、
普通に外している人も多いためこのあたりはモデルによって違うのかもしれない。
そもそも腕輪型ではなく、タブレット型で腕に装着していないケースもある。
体調管理及びアイテム管理機能やマップ、GPS、懐中電灯、ラジオ、ホロテープ再生、ガイガーカウンター、通信装置など様々な機能が搭載されており、便利で幅広い多機能性を誇る。また、戦闘向けの支援機構として「V.A.T.S.」システムも搭載されている。歴代主人公は全員がこれのお世話になっており、シリーズの顔役とも言えるガジェットの一つとなっている。

  • Vaultジャンプスーツ
別名vaultスーツ。vaultの居住者すべてにその着用が義務付けられた制服。
青く染められたレザー調のジャンプスーツに、金のラインが入ったデザイン。
基本的には背中にそのVaultの番号がデカデカと刺繍されている。
作品によって微妙に差異があるが、「1」コンセプトアートなどでは身体にぴったりとした近未来的なデザインとなっている。
ゲームがVaultからスタートする場合はこれが初期装備になるが、主人公がVaultの住人でない作品では
ゲーム内で手に入れる事が出来るが初期装備ではない。
なお、「1」の主人公の活躍が伝説となっている「2」では聖衣のような扱いになっており、
試練を乗り越えた主人公が袖を通す事になる。

フュージョンコア(核融合電池)によって動く、米軍が開発・運用していた軍用パワードスーツ
膠着した米中戦争の戦線を一気に動かした最新鋭兵器であり、その性能は「単機で街一つを地図から消し去るほど」とまで言われる。
Vaultスーツと並んでFalloutシリーズの顔であり、タイトル画面にも採用される。
ナンバリングタイトルではその作品の方向性を定める為、真っ先に新規デザインされる法則があり、
「1」ではT-51、「2」ではエンクレイヴ・アドバンスドパワーアーマー(当時はこう呼ばれていた)、「3」ではT-45、
「4」ではT-60がそれぞれタイトル画面に採用されている。

  • G.E.C.K.
Garden of Eden Creation Kit(エデンの園作成キット)。シリーズにたびたび登場するキーアイテムの一つで、アタッシュケース程の大きさながら、都市一つ分の土地の放射能汚染を完全に浄化し土壌を耕作に適したものに作り替えるトンデモ装置。
Vault-Tec社が核戦争後の地表を再開発するために製造したが、全てのVaultに配備されたわけではなく
ごく一部のVaultにだけ配備された。
「じゃあ1個でも見つかったらそれでどこも再生すればいいじゃん」と思いきや、
そう都合の良いものではなく一度使用すると凄まじいエネルギーを発し、環境の浄化と引き換えに分解されてしまう事もあるらしい。

ちなみに「3」と「NV」ではMOD制作用のエディタとして同名で開発ツールと全く同じものが無料配布されており、
プレイヤーが望めば自力で新たなマップや装備を作り出す事が出来る…と、
ベセスダのユーモアとサービス精神溢れる事になっていた。

関連タグ

Fallout Fallout3 Fallout:Newvegas Fallout4

関連記事

親記事

Bethesda べせすだ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Fallout」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3929123

コメント