ピクシブ百科事典

オープンワールド

おーぷんわーるど

ゲームにおけるレベルデザインを表す用語。
目次[非表示]

概要

一言でいえば「めっちゃ広いマップ内を自由に行き来できるゲーム」のことである。

かつてのコンピューターゲームでは、ハードウェアの制約上、広いマップをそのまま表現することはできなかった。
しかたなく「ステージ」や「小マップ」に分割して表現されることが大半だったのである。
しかし今では技術の進歩により、それらを統合してひとつの大きなマップ=ワールドとして表現できるようになった。これが現在における大まかなオープンワールドの定義である。

細かい部分の定義は、わりと定まってないというか適当。メーカーがオープンワールドと言い張ればそうなる、みたいな感じ。
どちらかといえばノンリニアフリーロームなゲーム性が重視される。
 
「箱庭」と呼ばれることも多いが、こちらはサンドボックススタイルのゲームに用いられることも多いので少々ややこしい。

代表的なオープンワールド作品


関連タグ

リアルタイム
シームレス

pixivに投稿された作品 pixivで「オープンワールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3420

コメント