2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

チョロQHG2

ちょろきゅーはいぐれーどつー

タカラ(現:タカラトミー)の玩具『チョロQ』を題材としたプレイステーション2のゲーム。HGシリーズ第2作品目。
目次[非表示]

開発:E-GAME
発売:タカラ
発売日:2002年1月10日
ジャンル:レースゲーム

概要

プレイステーション2でのチョロQシリーズとしては第二作目。HGシリーズとしても第二作品目となる。
前作「チョロQHG」では、バーンハウスエフェクト社の開発であったが、今作では前作の初代プレイステーションのゲーム「チョロQワンダフォー!」を手掛けたE-GAME社の開発となる。

壮大なオープンワールド、沢山のレース、車両の改造、イベント。
様々が新しく登場したりパワーアップしたりをし、これまでにないチョロQシリーズが誕生した
最大の特徴はオープンワールドゲームである事である。
壮大なワールドを走り回れるチョロQシリーズは、現時点ではこの作品のみとなる。
チョロQシリーズの中でも最も好評であった作品である。

更には今作で初めて、レースのチームを作ることができるようになった。
大体のチョロQが最初はレースのライバル車として登場をするが、条件を果たすとそのライバル車仲間にする事が出来るようになる。
ただし仲間のできるチームは二台までしか選べないので注意(オーバーしてしまう場合、仲間をリストラする事が可能であり、なおかつ再度リストラしたチョロQを仲間にする事が可能なので、特に迷って選ばなくても安心)。

そして、E-GAME社の前作チョロQワンダフォー!に登場したスタンプシステムが再度登場をした
内容は町を発展させたり迷子の車を助けたりと様々で、もちろん難しい内容のものもある。
スタンプを100個集めてからあるチョロQに話しかけると、チョロQシリーズ恒例のあれ等が入手出来る。

ストーリー

時の大統領フォレストが突如「大統領をやめる」と発言。
更に次回のワールドグランプリの優勝者に次の大統領の座を譲ると言い放った。
その情報は、瞬く間に町中に広まっていきQ'sファクトリーに訪れた主人公の耳にも入る、
そして、大統領を目指す主人公がワールドグランプリ優勝を目指し、冒険がここに始まる。

主な登場人物

  • 主人公

このゲームの主人公、プレイヤー。
E-GAME社の前作チョロQワンダフォー!では開始時に好みのボディを選ぶ事が出来たが、今作ではランダムでボディが選ばれる(ただし、特殊なレアボディなどは選ばれない)。
だが、その作品ではボディが一切変更不可能だったのが今作では好きなボディを購入して自由に変更できるようになった。
更には、カラーリングもツートンで自由に好きな色を二色選んで変更出来るようにもなった。

E-GAME社の前作チョロQワンダフォー!にも登場した、主人公をサポートしてくれる頼もしいレッカー車のチョロQ。
パーツなども彼に変えてくれる相棒のような存在。車種は6代目ダイナ

チョロQワールドの大統領。ただし大統領を辞めると言い出した人物であり、次回のワールドグランプリ優勝者に大統領の席を譲ろうとしている。
車種はリンカーン コンチネンタル マークⅤ。

余談

このゲームにはチョロQの世界だけの架空のラジオがあり、なんと本物のラジオかのような人間の声である
中には、面白い番組やニュース(不真面目)ゲーム内のアレンジBGMや更には歌などもある。
チャンネルは、ピーチFM ・Q-WAVE ・E-放送の3局(海外版だとピーチFMとE-放送の2局のもよう)。
歌ではバンドグループ『PinkSardine(ピンクサーディン)』が歌を披露(後作チョロQHG3でも登場する)。

関連タグ

チョロQ チョロQシリーズ
タカラ タカラトミー
E-GAME
ゲーム レースゲーム オープンワールド
プレイステーション2
HG2

チョロQワンダフォー!…E-GAME社開発のチョロQシリーズ前作。
チョロQHG3…E-GAME社開発のチョロQシリーズ次回作。

関連記事

親記事

チョロQシリーズ ちょろきゅーしりーず

子記事

  • HG2 はいぐれーどつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4360

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました