ピクシブ百科事典

せいそうしゃ

せいそうしゃ

タカラ(現:タカラトミー)による玩具『チョロQ』を題材としたゲームシリーズ『チョロQシリーズ』に登場する万年最下位のライバルチョロQ。または清掃車・ゴミ収集車のこと。
目次[非表示]

表記揺れ

車両清掃車のひらがな入力。
また、ゴミ収集車についてはゴミ収集車を詳細。

概要

チョロQシリーズの中のどの作品でも、ほとんど最下位という設定になっているチョロQ。
名前は、チョロQ2チョロQ3のグランプリ結果画面にて公開されている事から。
もはやチョロQのゲームと言えばでお馴染みとなり、たくさんのチョロQファンからも人気が高く、多分運営(タカラ 現:タカラトミー)にも人気だろう。
いわゆる、チョロQ界のアイドルである。
更には、どのチョロQシリーズにも清掃車ボディが登場をし、トラック類のボディが清掃車だけのゲームも存在する。

ちなみに、「せいそうしゃ」と呼ぶか「清掃車」と呼ぶかは好みで。
だが、シリーズごとに名前が用意されてたりしてなかったりしてる事がある。
チョロQ2チョロQ3=せいそうしゃ
チョロQHG=ガベージバスター
チョロQHG2チョロQHG3=クリーン
…などなど。シリーズによってさまざまなせいそうしゃがいる。

玩具のチョロQにおけるせいそうしゃ

清掃車


ゲームのせいそうしゃとまた異なったモデルで、清掃車のチョロQは存在はしている。
最初に出たチョロQの玩具シリーズでは、No.36番目となるチョロQ。ボディの横には、東京都23区清掃業の清掃車に書かれてる「23TOKYO」の字が。
またパワーアップして登場したチョロQHG(ゲームではない)のシリーズでは、No.048番目である。(横には「東京都清掃車業」という字が)
更にはチョロQの小さいバージョンである、ちびっこチョロQにも登場し、No.8番目となっている。
ゲームの影響もあるからか、チョロQファンの中では買わずにはいられないチョロQとなっている。
現在は製造はされていない為、ほぼ中古でしか売られてない。

また、チョロQワンダフォー!の限定応募当選品として、チョロQワンダフォー!のロゴがボディに描かれている黄色のS2000とクリアカラーのせいそうしゃがある事も。
かなり大昔の応募当選品の為、超激レアなプレミアムチョロQの一つである。

ゲームのチョロQにおけるせいそうしゃ

チョロQ(チョロQVER.1.02)では

通常のレースであるスプリントレースのみしか登場せず、名前も明らかにはしていない。
また、チョロQ2・チョロQ3と違い、色は同じだがカラーパターンが3である。
名前も明らかではない、カラーパターンが違う事から、チョロQ2・チョロQ3のせいそうしゃと別人扱いするプレイヤーもいる。
しかし、この作品のみレースを一度せいそうしゃより高い順位を獲得をし、再度同じコースを挑戦するとどういう訳かせいそうしゃが強くなってしまう。
スピードが大幅にアップし、初級サーキット・高原ロードなどでは1~4位辺りを獲得することも。
しかし、スピードのみ上がっただけである様子なので、ハンドリングも上手くなく、トンネルショートでは曲がり切れずに隠しショートカットのルートに突っ込んだり、アップダウン峠では曲がり切れずに落下してしまう事も…。

チョロQ2では

チョロQ2からは、スプリントレースのみに限らず、見事にグランプリに登場するようにもなった。
カラーパターンも2に変更され、名前も公開されるようになり、「せいそうしゃ」という名で登場する。
そして何故か、他の敵車とのクラクションの音がせいそうしゃのみ違うく、クラクションを鳴らす度に作曲家のルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲した有名曲「エリーゼのために」が流れる。
何故エリーゼのためにが流れるのかと、その理由には一部地域や国では、ゴミ収集車からエリーゼのためにの音楽を流し、市民からゴミ収集車が来た事を知らせゴミ袋持って来させ、ゴミを回収するという事が実際に行われていた。
そこから、エリーゼのためにが選ばれたのかもしれない。

チョロQ3では

チョロQ2同様、スプリントレースのみに限らず、グランプリに登場。
また今作も音源は変わったが、せいそうしゃのみクラクションがエリーゼのためにが流れる。
そしてなにより、コース「ミステリーハウス」のコースのみ奇妙な走りを見せる。
どういう訳か、ミステリーハウスのコースのみ、せいそうしゃがとてつもなく速い。
その速さは、一位のポジションを維持しているマッドスペシャルも簡単に抜かされる程。
なにも知らずに背後からエリーゼのためを流されると、恐怖でしかならない。
またこの事から、チョロQファンからは幽霊に憑依されたかのように思われる事も。(実際チョロQシティのミステリーハウス付近にはお墓が建てられてたり、幽霊も飛んでいる)

チョロQワンダフォー!では

開発会社が変わり、ボディも変わり、名前も登場していない。
現代レースのスプリントレースのみ登場をし、グリーンパークの清掃仕事やブラックシティにもゴミを回収している市民として登場したりする。
レースでは最下位というポジションにいるのみで、それ程前作のような変化は特にない。(クラクションの仕様も無くなった為、エリーゼのためにも存在しない)
また、グリーンパークにては初見ではグリーンパークに散らばってるゴミに促されている様子を窺える。
代わりにプレイヤーがゴミを集める事になるが、集め終わると「なんか綺麗になったよね」と促されてる様子から解放される。
ブラックシティでは、ジェットタービンを作る為に必要な、捨てられたせんぷうきを貰う為に登場する。
ちなみに過去の世界でのレースは、せいそうしゃのポジションがバキュームカーと変わる。それでも最下位は変わらない様子。

チョロQHGでは

開発会社が再度変わり、ボディも変わり、PS2へ。
今作では名前が再度公開をし、ガベージバスターという名で登場をする。
更にはこの作品のみ、みんなで遊ぶモードで選択できるキャラとしても登場。
レースにては、もはやなんの為にレースに参加してるのか分からないレベルに遅い。
ワンメイク・チキンレース・VSなど以外のレースには、どのレースも必ず参加してる。更にはグランプリまで。
特にHGグランプリでは、他の敵車よりも周回遅れをする程の圧倒的の遅さであり、ただのネタキャラクターとして扱われている。

チョロQHG2では

開発会社が再びワンダフォーを開発したE-GAME社に再度変わり、ボディも変わるがワンダフォーと違うモデルで登場。
また名前も会話や順位表にて公開されており、更には性別も判明。
クリーンという名で登場をし、性別は男性である。
何故男性なのか判明をしてるのかというと、一人称が「ぼく」であるかつなんと彼女持ちである。
ちなみにレースではお約束の最下位ポジション。
ちなみにこの作品のみ、仲間を作るシステムが登場をし、クリーンを仲間にする事が可能に。
「最下位のキャラだし仲間にしたところで役にたたないのでは?」と思うかもしれないが、仲間になると最下位という設定がなかったかのように、最下位のポジションを取らなくなった(ただしパーツ次第)

チョロQHG3では

チョロQHG2に引き続き、クリーンで登場(名前はグランプリの結果表のみ公開)。
スプリントレースとグランプリのみしか登場せず、最下位はお約束。
ただし、一部コースのみ最下位ポジションを取らない事も。
更にはコース「スペーストリップ」では遅いからか、落下してリタイアする事が多くある。

チョロQHG4では

開発会社が再度HGを開発したバーンハウスエフェクト社に変わり、ボディもHGのモデルに戻る。
レースは最下位はお約束ではあるが、ビギナーカップとホリディカップのみしか登場せず、影が薄い。
名前は公開はされてはいないが、レースの時の清掃車と別人であるがギヤストという名の清掃車がいる。
語尾にリサイクル?の「リサ」を付けて喋る。
ある時にメールで清掃アルバイトを募集の呼びかけメールが届き、近日ギヤスト清掃を訪れるとミニゲームが始まる。
クリアすると、ギヤストから清掃車のボディがゲット出来る事に。

チョロQワークスでは

開発会社がアトラス社に変わり、ボディのモデルもまた変わる。
しかも、レースのみにしか登場しなくなり、今作のみ清掃車のボディを入手することですら不可能に。
名前も不明であるが、相変わらず最下位はお約束。

チョロQ64チョロQWiiでは

最下位や最弱といった設定は無く、一般的な敵車チョロQと同じである。
特に目立つような様子はない。

関連イラスト

せいそうしゃ
Q月Q日


ゴチャ混ぜ
チョロQ3のチョロQホテル前



余談

清掃車たん(擬人化)

【チョロQ】清掃車たん【清掃車】
チョロQ せいそうしゃたん 擬人化


チョロQシリーズに登場するキャラクター中でトップでもある人気キャラクターであるからだろうか、清掃車たんと呼ばれたせいそうしゃを元に擬人化された非公式キャラクターも存在したりもする。
更には、清掃車たんかわいいよ清掃車たんというタグも存在する。

関連項目

チョロQ チョロQシリーズ
清掃車 ごみ収集車 ゴミ収集車 エリーゼのために
清掃車たん 清掃車たんかわいいよ清掃車たん
最弱キャラ

関連記事

親記事

チョロQシリーズ ちょろきゅーしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「せいそうしゃ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1725

コメント