ピクシブ百科事典

マッドスペシャル

まっどすぺしゃる

タカラから、カスタマブルチョロQの一台として1997年に発売された玩具。その後、PSゲーム「チョロQ2」「チョロQ3」にライバルとして登場した。 略称は、マッド、マッド様、ゴキブリなど。
目次[非表示]

玩具

1997年にカスタマブルチョロQより「マッドレーサースペシャル」の名で発売。
デザインコンセプトはマツダ rx-01 。ボンネットの不死鳥がトレードマーク。


ゲーム

ゲームには、タムソフト製作の「チョロQ2」「チョロQ3」に登場。
プレイヤーもマッドスペシャルのボディは使えるがチョロQ2ではゲームクリアしないと使えない。

チョロQ2

「チョロQ2」で序盤のライバルとして、ゲーム初登場。
パーツを揃えるまでは、なかなか勝つことができない強敵。
だが、スーパーグランプリで参戦する更なる強敵、ブルーペガサスにあっさりトップの座を奪われてしまう。
更に、旧コースにおいては前作の強敵、ブラック・マリアにぶっちぎりにされる。
マリア様、ブルペガにつぎ三番手と最終的には落ち込む。

チョロQ3

続編の「チョロQ3」にも引き続き序盤のライバルとして登場。
オーバルサーキットでは、プレイヤーの装備をコピーして出走する。そのため、あらかじめ考えてパーツを選ぶ必要がある。また、ゲーム開始時の展示場にはなぜかマッド様のボディが飾られている。ちなみにチョロQシティでは昼では水色のマッドスペシャルが犯人役として登場し夜になぜか水色のマッドスペシャルがプレイヤーの上に落ちてくる。

前作から進化したマッド様だが、スーパーグランプリでレッドペガサスにトップを奪われてしまう。
またも同じく、ハイパーグランプリでは人生カーこと????????に抜かれる。

ゲームクリア後は、永遠の三番手として健気に走り続ける。なんとも不遇である。
そんなマッド様だが、チョロQファンの間ではかなりの人気。
インパクトの強さや、完成されたデザインが人気の秘訣だろうか。

関連イラスト

マッドスペシャル  バギー
Choro-Qverse Cover ENGLISH ONLY


チョロQ「マッドスペシャル」
まっど。


余談

64シリーズでも登場するがマッドスペシャルという名前では登場しない。

船を中心としたゲーム「Qボート」ではなんと架空の船として登場。本編のラストエピソードにあたるエクストラモードでマリノイド要塞に味方する敵の攻撃艇として登場し主役のドルフィンスターに襲い掛かるが真のEDでマリノイドにつかまってしまい、敵であるはずのドルフィンスターに救出され一緒に脱出する。
エクストラモードをクリアするとドルフィンスターと一緒にレースやエクストラモード、対戦プレイでも使用可能になる。
ゲーム中ではドルフィンスターと並ぶ最高スピードの性能を持つ。

戦車を中心としたゲーム「コンバットチョロQ」ではマッドタンクとして架空の戦車として登場。Qシュタイン帝国の兵士。のちにマッドタンクSとして強化される。一応プレイヤーも使用可能ではあるがマッドタンクSのほうは使用不可

チョロQHGにはマッドスペシャルのオマージュとみられる「ブラックシャドー」が存在する(ボディはHG、HG4にも登場する)。

関連項目

チョロQ チョロQ2 チョロQ3
マッド マッド様 ゴキブリ マッドタンク
カスタマブルチョロQ ブラックシャドー
マツダ rx-01 マツダ rx-01

pixivに投稿された作品 pixivで「マッドスペシャル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2738

コメント