ピクシブ百科事典

ブラックシャドー

ぶらっくしゃどー

ブラックシャドーとは、任天堂のレースゲーム『F-ZERO』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ゲーム『チョロQHG』に登場するラスボスチョロQ。
  2. ゲーム『F-ZERO』シリーズに登場するパイロットの一人。本項で解説。


概要

『F-ZERO X(N64)』から初登場。シリーズにおける明確な「悪」の存在として設定されたキャラクター。一人称は『X』の時点では「私」だったが、『GX』では「我輩」に変わった。
並外れた冷酷さと残酷さを持ち、全宇宙を牛耳る悪の帝王。その素性の多くは謎に包まれている。自身の部下を次々とキャプテン・ファルコンに捕えられ何度となく計画の邪魔をされており、彼を抹殺するために「F-ZEROグランプリ」に参戦している。

F-ZERO X

『X』の3年前のグランプリで起こった大事故において、ファルコンからDNA情報とF-ZEROマシンのエンジンを奪い、DNAからファルコンのクローン体ブラッド・ファルコンと、彼のエンジンを搭載したF-ZEROマシン「ブラッドホーク」を作り出した。

F-ZERO GX

ストーリーモードのムービー内において、手から発生させた発光体でファルコンを拘束するなど、念動力のような能力を有している描写がある。
また、彼の上司であるデスボーンが登場し、実は中間管理職であったことが判明する。ストーリーではグランプリで再びファルコンに敗れた仕置きとして、時空の狭間に封じられてしまう。
ちなみに、悪の帝王だが要望があればきっちりサインもくれる

搭乗マシン

マシン名ブラックブル (BLACK BULL)
重量2340kg(重量級)
性能評価ボディA/ブーストE/グリップA
マシンNo.30
製作BS団秘密研究所

作中でも1・2を争う大型の重量機で、悪役らしく、敵マシンの破壊を前提としたセッティングが為されている(らしい)。
また、重量級でブースト性能が「E」という事で鈍速なイメージを持つかもしれないが、デフォルトでもトップ10に入る上、最高速重視のセッティングにすると1100km/h越え(GX)を果たすなど最高速が高く、直線主体のスピードコースではでは群を抜いて強い。その反面ブースト使用時のエネルギー消費が多い。

アニメ『ファルコン伝説

CV:若本規夫
全宇宙に名を轟かす悪の帝王で、悪の軍団「ダークミリオン」のリーダー。

一人称は「私」。デザインは原作ゲームとほぼ一致するが、鼻が露出していたり角が長めに描かれたりと若干の差異がある。また、原作以上に様々な能力を有しており、『GX』では上司であるデスボーンや大富豪であるドン・ジーニーも、彼が身を隠すための仮の姿にすぎない。その他、同じくゲームにも登場したゾーダバイオ・レックスオクトマンババ…などが彼の部下として設定されている。

表向きはF-ZEROレースの莫大な賞金を世界征服のための資金とするためとして部下たちをレースに駆り出しているが、実際は敵味方でデットヒートを繰り広げることによって本作のキーアイテムである「リアクターマイト」を成長させ、その増幅したエネルギーで全宇宙を破壊することが目的だった。終盤には、リュウ・スザクの恋人であるミサキ・ハルカを洗脳し「ミス・キラー」へと変貌させていたことも明かされ、彼をおびき出すための人質としていた。

番組終了後のオマケコーナー『バートのF-ZERO教室』では、司会のバート先生から名前が出るたびに苦言を漏らされており、「ツノ男」呼ばわりされたり、(妙な挿絵付きで)有ること無いこと言いふらされたり、挙げ句の果てには死亡シーン(結局姿をくらましただけで生きていたが)を繰り返し流して大喜びされたりなど、露骨に嫌われている。

最終回ではリアクターマイトの暴走から脱出を図るが、キャプテン・ファルコンの放ったファルコンパンチによって阻まれ、大爆発の中に消えていった。

関連項目

F-ZERO
悪党 悪役 
ラスボス 悪のカリスマ

ベガ…様々な点で共通点が多く、モデルになった可能性が高い。ちなみに声優まで同じ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックシャドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30733

コメント