ピクシブ百科事典

F-ZERO

えふぜろ

F-ZERO(エフゼロ)とは、1990年に任天堂が発売したSFC用レースゲームシリーズ作品である。
目次[非表示]

概要

1990年11月21日に任天堂から発売されたスーパーファミコンレースゲーム
現代より遠い先の未来を舞台に開催される『F-ZEROグランプリ』を題材に、
反重力を生み出すマシンのデットヒートを繰り広げる。

F-ZEROグランプリとは

西暦25××年より開催された、専用のマシンとサーキットを使用して行われる宇宙規模の大レース。宇宙規模で熱狂的な人気を博しており、グランプリ優勝者には多額の賞金と最高の名誉が与えられる。

『F-ZEROグランプリ』の前身は20~21世紀に地球で行われていたF-1レース』
および24世紀の『F-MAXグランプリ』であると言われている。
24世紀後半から活発になった惑星間交流の恩恵を受け、宇宙交易により巨額の富を築いた富豪達は、「最も速く、最も過激なレース」をギャンブルの対象にしようと考え、
『F-ZERO実行プロジェクト』を設立したのである。

シリーズ作品

タイトル機種発売年月日VC対応機種
F-ZEROSFC1990年11月21日Newニンテンドー3DS/3DSLL/WiiU
BS F-ZERO GRAND PRIX 2SFC サテラビューサテラビュー配信なし
F-ZERO Xニンテンドウ641998年7月14日WiiU
F-ZERO X EXPANSION KIT64DDランドネット配布なし
F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCEGBA2001年3月21日WiiU
F-ZERO AXアーケード2003年6月なし
F-ZERO GXGC2003年7月25日なし
F-ZERO ファルコン伝説GBA2003年11月28日WiiU
F-ZERO CLIMAXGBA2004年10月21日WiiU

現在配信中のVC(バーチャルコンソール)以外にもニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンとNintendo Switch Onlineに第一作目が収録されている。

メディア別

アニメ
『F-ZERO ファルコン伝説』
2003年〜2004年放送。アニメ版オリジナル設定およびキャラクター関連のイラストなどでは「ファルコン伝説」タグを付けられている事が多い。
同タイトルのゲーム版や『F-ZERO CLIMAX』はこのアニメ版をベースにした作品である。

小説
『F-ZERO・・・そして、スピードの神へ』(作: 尾崎克之)
1992年発売。本作オリジナルの要素が多く盛り込まれた初代F-ZEROベースの作品。主人公はスワン・リー。

漫画
『F-ZERO小学校 伝説のファルコン先生』(作:矢高鈴央)
『F-ZERO CLIMAX(特別読切り漫画)』(作:板垣雅也)
アニメ版の世界観をベースにした漫画作品。

『CLIMAX』以降の新作は2021年現在も発表されていない。
レースゲームである関係上、必然的に同じ任天堂の『マリオカート』シリーズと役割が被ってしまう上、あちらと比べて難易度が高く、ライトユーザーには敷居が高すぎる面があるのも事実である。
仮に新作を作って発売したとしても『マリオ』シリーズやポケモンシリーズのような大きな売り上げが見込めるとは到底思えず、これが新作を作りづらいと判断されている理由なのかもしれない。
ただ、スマブラキャプテン・ファルコンが参戦している事や、マリオカートシリーズでもかなり本格的なF-ZEROコースが実装された事も相まって、認知度自体は非常に高く、国内外問わず多くの層から新作発売を望む声は絶えない。

2021年6月に、ニンテンドースイッチ向けの新作を製作しようとする動きがあったものの、開発費が工面できずに結局ボツになってしまったということが明かされ、ファンを落胆させた。裏を返せば、現在でも新作を作ろうという機運自体はあるということではあるのだが…。

特徴

シリーズを通して、スピード感とユニークな世界観がコンセプト。「マシンが反重力発生装置で1フィート浮いて走行する」という設定を活かした立体的なコースは、大迫力のレースをさらにダイナミックに演出する。
後に同社から発売された『マリオカート』のようなアイテムなどによる一発逆転の要素が少なく、マシン性能の理解と自らのドライビングテクニックが試される。
レース中にマシンがコースアウトするかエネルギーを使い果たすと、その時点でリタイアとなる。それを利用して、レースそっちのけで潰し合うアクションゲームとして楽しむ遊び方もある。
…と言うか、潰しあいをメインとしたデスレースなんてモードもあったりする(後述参照)。

モード

タイムアタックやプラクティス等レースゲームならではのものは勿論、シリーズには様々なモードが存在している。

グランプリ
作品ごとに必要周回数やスペアマシンの獲得方法が異なる。

  • スペアマシン
初代では総合獲得ポイントが10000pts.を超えるごとに、X、GXではサイドアタックやスピンアタックでライバルマシンを5台リタイヤさせると1台増加する。
  • セッティング
初代、forGBA以外ではレース開始前に加速重視か最高速重視による調整(エンジンセッティング)を行うことができる。
  • インタビュー(GX)
グランプリで総合1位を取ると表彰式後に始まり、三つの質問内容の中からプレイヤーが一つ好きな質問を選ぶことができる。質問内容は選択クラスやカップ戦によって変化し、パイロット一人につき16もの質問が用意されている。中にはパイロットプロフィールに記載されていない情報も多数含まれている。

対戦
複数のプレイヤーと遊ぶ際、作品によっては対戦に関する設定を行える。Xではオプションから、GXではレース開始直前に設定可能。
『X』
  • VSコンピュータ
2人または3人での対戦の時に有効にするとCPUが自動的に参加し、4台でレースを競うこととなる。
  • VSハンディマッチ
+1で先頭のマシンとの距離が離れている場合ブースターのエネルギー減少が通常より少なくなり、+2ではこれに加えて通常のスピードもアップされる。GXでは「ハンディキャップ」と呼ばれる。
  • VSスロット
他のプレイヤーより先にリタイアしてしまった際にスロットマシンが現れて絵合わせを遊べるようになる。3つの絵柄が揃えば走行中のマシンのエネルギー残量を半分、もしくは一気に0まで減らすことができる。どのマシンのエネルギーを減少できるかは絵柄次第。
このスロットゲームは本作限りである。
『GX』
「バトル条件」として上述の通りレース開始直前に設定が可能。ハンディキャップやCPUの有無に加えて周回数(1〜20まで)やメーターが尽きた時にコースへ復帰する復活、2人対戦時の画面分割を設定できるようになった。
また、クラッシュ直後に復帰して再スタートできるというルールはAXとCLIMAX(難易度NOVICEのみ)、GBAで発売されたシリーズ全ての対戦モードにも採用されている。

デスレース(X)
最後の一台になるまで29台のライバルマシンに攻撃を仕掛けリタイヤさせていくゲーム。クリアすればタイムが記録されるため、タイムアタックとしても遊べる。コースは一種類のみで難易度の選択も無い代わりに、周回数に制限がなく、ブースターも初めから使用可能。
CLIMAXには一つのモードとしては登場しないが、後述のサバイバルモードにライバルマシンを破壊するお題「DEATH RACE」が含まれている。

ストーリーモード(GX、ファルコン伝説)
『GX』
GXでは指定時間内に全カプセルを回収してゴール、ボスのマシンを破壊してからゴールする等、グランプリでは体験できない一味違ったゲームが楽しめる。それぞれ3段階の難易度が設定されており、最高難易度をクリアするとAXのマシンとパイロットがショップに並ぶ。操作可能となるマシンはブルーファルコンのみで、キャプテン・ファルコン視点で物語が進んでいく。
『ファルコン伝説(GBA)』
GXとは形式が異なる計8名のパイロットによるストーリーモード。
ゲーム開始時はリュウ・スザクしか選べず、シナリオを進めることによって別の登場人物のストーリーを解放できる。進行状況によってはバッドエンドに突入してしまうことも。

コースエディット(X EXPANSION KIT、CLIMAX)、クリエイトマシン(X EXPANSION KIT、GX)
自分だけのオリジナルコース、マシンを作成できるモード。

サバイバル
パイロットごとに設定されたミッションバトルをクリアしていくモード。1位を維持、ライバルより速く特定の位置に停止、エネルギー残量0でレースを行うなどといった様々なミッションが用意されている。

ゼロテスト(ファルコン伝説(GBA)、CLIMAX)
マップ上コースの赤く塗られた一部分を定められたマシンで走り、目標タイムを目指すモード。セッティングは不可。

その他

世界観の裏設定から、同社発売の他シリーズのゲームとのつながりや、その他パロディ的要素が多くみられる。以下その一例。
マリオカート』:『F-ZERO X』のJOKER CUPで「レインボーロード(N64版)」が登場している。また特定の条件を満たすとブルーファルコンを模したカートを使用可能になる作品もある。F-ZEROの登場人物であるEADマリオがモデル。
マリオカート8』:コースの一部または全域を半重力で走ることが可能となった他、追加コンテンツとしてブルーファルコン(カート)とミュートシティとビッグブルー(コース)が登場した。
メトロイド』シリーズ:『F-ZERO ファルコン伝説』と共に「銀河連邦」という組織があることが語られている(原作版のF-ZEROでは「銀河宇宙連邦」表記)。
スターフォックス』シリーズ:F-ZEROマシンに使われている推進機「G-ディフューザーシステム」は、『スターフォックス』シリーズの科学者アンドルフによって開発されたもの。また、キーパーソンの1人であるジェームズ・マクラウドが設定を変更されてF-ZEROシリーズに登場した他、『コマンド』ではF-ZEROシリーズの登場人物の1人であるオクトマンが敵キャラクターとして登場しているなど、他シリーズの中でも特に関連が強調されている(ただし、原作では狐の姿のジェームズが本シリーズでは地球人に極めて近い姿であるなど、明確に両作品がパラレルとも取れる要素も存在する)。

登場キャラクター/マシン

それぞれのマシンには「重量」「ボディ」「ブースト」「グリップ」が設定されており、
外装を含めさまざまな個性を持つ。
軽いと加速が良くよく曲がるが、他の機体と接触した際に弾かれやすい。
重いと加速が悪くゆっくり曲がるが、制圧力に長ける。
ボディ性能が高いと接触時のエネルギー減少が少ない。
ブースト性能が高いとブースト時の加速力に優れる。
グリップ性能が高いとハンドリングしやすい(滑りにくい)。
名前の前にある番号はレース参加マシンのナンバーである。初代マシンのナンバーにばらつきがあるのは、マシンナンバーや搭乗パイロットの設定が『X』以降に改められたため。
また、No.31以降の登録キャラクターが『AX』と『ファルコン伝説』で異なる

初代から登場

No.パイロットマシン
07 キャプテン・ファルコンブルーファルコン
03ドクター・スチュワートゴールデンフォックス
06ピコワイルドグース
05サムライゴローファイアスティングレイ


「F-ZERO X」から登場

No.パイロットマシン
01マイティー・ガゼルレッドガゼル
02ジョディ・サマーホワイトキャット
04ババアイアンタイガー
08オクトマンディープクロー
09Mr.EAD(ミスター イー・エイ・ディ)グレートスター
10ジェームズ・マクラウドリトルワイバーン
11ビリーマッドウルフ
12ケイト・アレンスーパーピラニア
13ゾーダデスアンカー
14ジャック・レビンアストロロビン
15バイオ・レックスビッグファング
16ザ・スカルソニックファントム
17アントニオ・ガスターグリーンパンサー
18ビーストマンハイパースピーダー
19レオンスペースアングラー
20スーパー・アローキングメテオ
21ミセス・アロークイーンメテオ
22ゴマー&シオーツインノリッタ
23シルバー・ニールセンナイトサンダー
24マイケル・チェーンワイルドボア
25ブラッド・ファルコンブラッドホーク
26ジョン・タナカワンダーワスプ
27ドラクマイティータイフーン
28ロジャー・バスターマイティーハリケーン
29ドクター・クラッシュクレイジーベア
30ブラックシャドーブラックブル


『F-ZERO GX』・『F-ZERO AX』から登場

No.パイロットマシン
31ドン・ジーニーファットシャーク
32デジ・ボーイコズミックドルフィン
33ダイ・サン・ゲンピンクスパイダー
34スペードマジックシーガル
35ダイゴローシルバーラット
36プリンシア・ラモードスパークムーン
37リリー・フライヤーバニーフラッシュ
38PJ(ピージェイ)グルービータクシー
39QQQ(キュースリー)ローリングタートル
40フェニックスレインボーフェニックス
--デスボーンダークシュナイダー


「F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE」に登場

キャプテン・ファルコンたちの時代がもはや過去の伝説となっている25年後の世界という設定のため、ファルコンと同時代に活躍したキャラクターは登場しない。
ちなみにマシンナンバーがついていない。

パイロットマシン
ミーガンホットバイオレット
ミッキー・マーカスファイアーボール
ジェーン・B・クリスティージェービークリスタル
ナイチ“ザ・スウィープマン”クレイジーホース
サイバー卿ダーティージョーカー
アレックスザ・スティングレイ
ブリッツ・ワーグナーシルバーサンダー
ケント・アケチファルコンマークツー
クミコ“ザ・ブレット”ファイティングコメット
ヤズー・ジュニアジェットバーミリオン

『F-ZERO ファルコン伝説』『F-ZERO CRIMAX』から登場

アニメの設定を元にしているため、
原作シリーズの設定とは必ずしも一致しない(いわゆるパラレルワールド)。

No.パイロットマシン
00リュウ・スザクドラゴンバード
00クランク・ヒューズドラゴンバードEX
31ルーシー・リバティエレガンスリバティ
32ミス・キラームーンシャドー
33リサ・ブリリアントパンツァーエメラルド
34ダーク・ソルジャーソルジャーアンカー

用語

F-ZEROマシン

反重力発生装置G-ディフューザーシステムによるホバリング走行と、動力である超小型プラズマエンジンの爆発的なパワーにより超高速走行を可能としている。軽く音速を超える車輪を持たないボディは限りなく戦闘機のそれに近い。

F-ZEROサーキット

コースの路面両脇にある反重力ガードビームによって遥か上空(初代の説明書によれば最高のもので地上300フィートの位置)に設置されており、惑星都市によっては複数のサーキットが備えられている。グランプリ開催期間以外ではパイロット達の練習場として解放されている。

銀河宇宙連邦

パイロットのジョディ・サマージョン・タナカリリー・フライヤーの3名が属する組織。惑星タコラとは抗争関係にあるほか、ブラックシャドーの発言から7つの銀河を統括していることが判明している。

BS団

ブラックシャドーが率いるF-ZEROにおける代表的な悪の組織。有能な部下の多くを捕らえたキャプテン・ファルコンをレース上で血祭りに上げるためにブラックシャドーとブラッド・ファルコンが参戦している。乗機はBS団の秘密研究所で製造されたもの。

4年前の大事故

かつてのF-ZEROグランプリ開催中に起きた事件。数年間グランプリが自粛されることとなり、これを機にレギュレーションの大幅改定および公式ルールの見直しが行われ、その上でグランプリが再開された。また、ブラッド・ファルコン誕生の切っ掛けとなっているほか、重症により全身サイボーグ化したマイティーガゼルなど一部パイロットにも影響をもたらした。事故の発生原因は不明であるが、好戦的な性格を持ち合わせたヒットマンのピコが疑われている。

関連イラスト

F-ZERO crossover
F-ZERO


昔の投稿作品1
F-ZERO 30th Anniversary



関連動画








関連タグ

任天堂 ゲーム
レース SF サイバーパンク
ファルコン伝説

関連記事

親記事

任天堂 にんてんどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「F-ZERO」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「F-ZERO」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1065065

コメント