ピクシブ百科事典

ブルーファルコン

ぶるーふぁるこん

ブルーファルコン(BLUE FALCON)とは、任天堂のゲーム『F-ZERO』シリーズに登場するF-ZEROマシン。
目次[非表示]

概要

第一作目から登場しているF-ZEROマシン(反重力自動車)で、本編の主人公であるキャプテン・ファルコンの愛機。

機体のデザインはタイトルによって微細な違いはあるものの、戦闘機のような造形の青色のボディと二枚の大きな羽が特徴。ブースト、グリップ、ボディの硬度などの性能が平均的に設定されており初心者でも扱いやすい一方、可もなく不可もない分プレイヤーの技術に反映されやすいマシンでもある。

マシンのナンバーは111(第一作のみ)→7(『X』以降)。
いずれも「ラッキーセブンの7」が由来で、初期の“111”は、斜体で書いた“1”が“7”に見えることから“777(スリーセブン)”を意味している。

F-ZERO以外では

キャプテン・ファルコンおよび『F-ZERO』シリーズを象徴するマシンとして、他の任天堂作品にも登場している。

スーパーマリオシリーズ

スーパーマリオRPG(SFC)』では、とある店にこのマシンの模型がある。同じ店には他にサムライゴローのマシン「ファイアスティングレイ」や、『スターフォックス』シリーズの戦闘機「アーウィン」の模型もある。
マリオカート』シリーズでは、原作とほぼ同じ機体形状にタイヤを取り付けたカートとして登場。『マリオカートWii(Wii)』では最高速が早く他の性能が低いという極端な性能。『マリオカート8(WiiU)』では反重力の概念が導入されたことで、反重力状態で走るF-ZEROにちなんでか反重力性能が高く、ミュートシティビッグブルーなどの反重力区間の多いコースで真価を発揮できる。

どうぶつの森シリーズ

同じくブルーファルコンの模型が登場する。『おいでよどうぶつの森』では配信アイテム、『とびだせどうぶつの森』ではおみくじの景品。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

第一作目ではキャプテン・ファルコンがステージ登場時にこのマシンに搭乗する形でその姿が確認されている。『DX(GC)』では「ミュートシティ」「ビッグブルー」といったファルコン専用のステージで他のマシンとともに登場している。
さらに『X(Wii)』以降のタイトルではファルコンの最後の切りふだとして使用されており、ファルコンがマシンに乗り込み猛スピードで敵をはね飛ばすというダイナミックなものになっている。

関連

F-ZERO  近未来 反重力
キャプテン・ファルコン
マリオカート

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルーファルコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4570

コメント