2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

サムライゴロー

さむらいごろー

サムライ・ゴローとは、任天堂発売のレースゲーム『F-ZERO』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

シリーズ第一作目から登場している操作キャラクターの一人。搭乗するF-ZEROマシンは「ファイアスティングレイ」。

近未来的な世界観にもかかわらず、常に日本刀を帯刀している日系人のF-ZEROパイロット。表向きは賞金稼ぎだが、その正体は悪名高き宇宙盗賊団のボス。賞金稼ぎとして手柄を立てようとするが、いつもいいところでキャプテン・ファルコンに獲物を横取りされてしまっており、彼に対する強いライバル意識からF-ZEROグランプリに参戦している。

悪党ではあるものの、どこかヌケた一面をもっている。

人物像

シワの寄った厳めしい顔立ちをしており、頭には旭日旗の描かれたフライトキャップ、目元には小さな丸サングラスを着用し素顔が伏せられている。『F-ZERO X』およびアニメ版では、サングラスの下の力強く凛々しい目元が描かれている。

胸の中央に漢字でデカデカと「」と書かれた白いシャツを愛着している。
ガッシリとした太めの体型とは裏腹に身体能力は高く、『F-ZERO GX』では軽やかなバックを披露する姿も。また、サムライの名も伊達ではなく剣術にも長け、各作品で華麗な剣術を披露している。

『F-ZERO X』から登場するアントニオ・ガスターは元部下であり、かつてゴローが裏切ったことで長らく刑務所に投獄されたという経緯からゴローを恨んでいる。

Dream On! To the Next Gen!!


ちなみに妻子持ちで、『F-ZERO GX/AX』では息子のダイゴローが、アニメ『F-ZERO ファルコン伝説』では妻であり宇宙海賊団のボス、リサ・ブリリアントがそれぞれ登場している(ただし両者の共演は未だ叶っておらず、厳密にはゲーム・アニメで世界観の設定に差異があるため、ダイゴローとリサが母子の関係なのかは不明)。

主な活躍

F-ZERO GX

ストーリーモード第2話にて登場。
以前に獲物を横取りされた仕返しに、仲間を率いてレッドキャニオンにてファルコンを足止めすると共に、レースによる勝負を持ちかける。

レースでは部下たちに巨大な岩石を落とさせファルコンを妨害するが、自身もしっかりトバッチリを喰らっている。

本人はファルコンを狙っているだけなのだが、何故かゴロー自身は他の様々なパイロットの話題に挙がることが多く、良くも悪くも目立つ人物らしい。

アニメ版

サムライ・ゴロー



CV:岩田安宣
原作と同様に宇宙盗賊団のボスだが、どちらかというと義賊に近く、性格は原作と比べて非常に義理堅く渋い人物になっている。悪事を働いているものの、「盗みはするが殺しはしない」をモットーとしている。その犯罪歴から、高機動小隊にマークされている。
部下であるサスケや白雲、幻斉、月影らにも「お頭」と呼ばれ慕われている。

愛機「ファイアスティングレー」の他にも自身の拠点兼海賊船の「ゴウジンマル」を持っており、各地をこれに乗って移動している。船の先端は刀のような形になっており、ゴローの刀と連携させて動かすことも可能。船内には和室(茶室)があり、客人はそこでもてなしている。

先述の通りこの作品では妻として別の宇宙海賊団の首領をしているリサ・ブリリアントがいる。実質別居状態だが、互いのピンチのときはつうかあで通じあっているほか、リサがゴウジンマルを引き連れて現れたりするシーンもあるため意外と夫婦仲は良好なのかもしれない。
ちなみに、ファイアスティングレーがピンク色なのは彼女が勝手に好きな色に染めたからで、リサの愛機パンツァーエメラルドが緑色なのは、それの仕返しとしてゴローが勝手に自分の好きな色に染めてしまったからであるとのこと。そのせいで、互いの宇宙船を持ち出しての大喧嘩になったのだとか。

ある事件をキッカケに主人公リュウ・スザクと知り合い、共にサムライ・ゴロー(の名を騙る小悪党)を退治する。以来、リュウからは悪党ではあるものの一定の信用を持たれるようになり、ゴロー自身もリュウを気に入り、事あるごとに協力や助言をしている(その際何度かリュウを仲間に誘おうとしたが断られている)。ときには、150年前の過去から復活した経緯から仲間内での異物感に気を落とすリュウに対し、盗品であるおよそ数百年モノの歴史的な品々を例に挙げて彼を励ます姿も描かれた。

前述のガスターとの決別の経緯も異なり、本作では、無闇な破壊工作を行うガスターとの意見の食い違いから溝を深め、そこに目を付けたダークミリオンがガスターを懐柔し裏切らせている(なお、ガスターはダークミリオンには入らず結果的に1人だけで離反する形になった。)。

腰に携えている日本刀(750年前の業物で切れ味は鋭い)で、鉄の檻を一振りで粉々にしたり、壁の一部を円状に切り倒すなど、剣術にも長けている。しかし、これで人を傷つけることはしない。
(一太刀で装甲車両を輪切りにするなど、その一部は人間業を超える)

シャツに書かれている文字は「」だが、後に原作通り「」になったり、また「」に戻ったりと一貫しない(おそらくアクションパートの多いキャラクターのため、作画の簡単な文字に変更されたのではないかと思われる)。

「キマり過ぎてテレちまうぜ」が口癖。


実質リュウがライバルのようなものなので、『GX』でみられるようなキャプテン・ファルコンを殊更にライバル視する描写はないが、「バート先生のF-ZERO教室」によると一応ライバル視はしている模様。

ゲーム版『F-ZERO ファルコン伝説』でもストーリーモードの主役の1人を務めるが、サブタイトルは「罠にかかったゴロー」であり、ガスターに毒を盛られるわ、妻であるリサは記憶喪失になっている上ボロクソにけなされるわと割と散々な目にあっている。
ちなみに、こっちのシナリオではキャプテン・ファルコンのことを完全にライバル視している。


外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでは、『大乱闘スマッシュブラザーズX』以降の全作品でアシストフィギュアとして参戦。勇ましい(?)掛け声を上げながら手にした日本刀を振り回して暴れまわる。
最新作の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』では諸事情によるものか、頭の旭日旗模様が「侍」の文字に変わっており、スピリットで使用される原作のアートワークにも同様の規制がなされている。
ソリッド・スネーク役も担当している大塚明夫が声優を務めている。

関連イラスト

RTA in Japan 58.F-ZERO X
らすとさむらい
F-Zero GX7 - The Four Kings [四皇]
F-ZERO サムライゴロー02
サムライ ゴロー
スマブラX出演おめでとうw



関連タグ

F-ZERO ファルコン伝説 スマッシュブラザーズX 
ダイゴロー リサ・ブリリアント

表記揺れ

サムライ・ゴロー

関連記事

親記事

F-ZERO えふぜろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16178

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました