ピクシブ百科事典

ジェームズ・マクラウド

じぇーむずまくらうど

ジェームズ・マクラウドとは、スターフォックスシリーズおよびF-ZEROシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

任天堂発売のゲーム『スターフォックス』シリーズに登場するキャラクター。
また、同社発売の『F-ZERO』シリーズにも製作者の遊び心か同名のキャラクターが登場する。容姿は異なるものの似通った設定が多い。彼の他にも『スターフォックス』と『F-ZERO』との間には設定のリンクが見られる部分がある(G-ディフューザーシステム、スペースダイナミクス社など)。

スターフォックスシリーズ

スターフォックス64』以降に登場する、シリーズの主人公フォックス・マクラウドの父親。特別遊撃隊スターフォックスの設立者であり、チームの初代リーダーでもある。

元々は惑星コーネリアの防衛軍に所属しており、抜群の戦闘機テクニックから軍のエース・パイロットとして羨望を集めていたが、後に同軍の士官であったペッピー・ヘアや科学研究員のピグマ・デンガーと共にスターフォックスを結成した。

元上官のペパー将軍の依頼を受け惑星ベノムの調査を行っていた際、Dr.アンドルフと繋がっていたピグマの裏切りにより窮地に追いやられる。ペッピーはなんとか脱出に成功するも、ジェームズはそのまま消息を絶ち、現在は行方不明となっている(ペッピーは彼を殉死したと思い、妻子であるフォックスたちにその最期を伝えた)。

スターウルフのリーダーであるウルフ・オドネルとの間に因縁があった(息子のフォックスが付け狙われるのはそのせい)。

ちなみにSFCでは「ブラックホールで消息を絶ったコーネリア軍のフォックス・シニア軍曹」という設定だった。SFC版の販促で雑誌に掲載された公式コミカライズ版では、ブラックホールに突入したフォックスの前に幻影のように現れて出口まで誘導するという登場をした。当初から64版以降のような構想はあったようである。

外見はフォックスにそっくりだがサングラスをかけており、『アサルト』では毛色がフォックスよりも若干暗め。また、左耳が欠けているように描かれることも。(そのため特徴が完全に決まってない)

どのような事情でスターフォックスを結成したのか、現在の消息はどうなっているのか、ウルフとの間にどのような因縁があったのかなど、明らかになっていない謎も多い。
具体的な戦闘能力の高さは不明だが、作中での会話では相当な実力の持ち主だったことが推測できる。また、『64』のオープニングではブラスターを構えていた。

なお、英雄的な面が目立つが、主にグレートフォックスの件でとんでもない規模の借金を息子に負わせたことは事実であり、フォックスチームが金に困ってる元凶である。

64

CV:麻生智久坂本くんぺい(643D)
 真のラスボスであるアンドルフ・ブレインを倒すと、崩壊するベノム基地からフォックスを脱出させるためにアーウィンに搭乗して出現する。だが、フォックスが基地から脱出した時には再び姿を消してしまう。この時フォックスの前に現れたのが幻だったのか本物だったのかは結局謎のままとなった。

アドベンチャー

 特定の魔人メダルを井戸に投げ込むことで彼からのメッセージを聞くことができる。

アサルト

CV:掛川裕彦
 ラスボスであるアパロイドマザーが彼の声を使ってフォックスを錯乱させようとする(そのため、厳密にはジェームズ本人は登場していない)。彼の声を使った経緯は不明だが、ペパー将軍ピグマの記憶から読み取ったと考えるのが妥当だろう。
 しかし、フォックスは「俺の親父はそんなこと言ったりしない!!」と激怒し、マザーに最後の戦いを挑んだ。

コマンド

 特定の条件を満たすと、ちょっとだけプレイヤーキャラとして操作できる。
 しかし、『64』と異なり一切会話はしない。戦いが終わると三たび消息不明になり、幻なのか本物なのか謎のままストーリーは終了する。


そしてスターフォックスゼロにも登場する。

F-ZEROシリーズ

ジェームズさん


『F-ZERO X』から登場。やとわれ遊撃隊「ギャラクシードッグ」のリーダー。年齢は32歳、妻と幼い息子がいる。最近は遊撃隊の仕事が減ってしまったため、賞金目当てにF-ZEROグランプリに参加している。

衣装はスターフォックスシリーズに近い構成となってはいるものの、原作とは違い地球人に極めて近い姿をしている。髪は、64では原作のジェームズや息子のフォックスに近い淡い茶髪で角刈り風のコマンドーカットだったが、続編の『GX』では額中央の生え際から頭頂部にかけてが薄茶、左右が茶のツートンカラーとなり、逆立てた髪がケモノ耳のように二股に分かれている。
 
『GX』のヒーローインタビューによると、好きな言葉は「友は一生の財産」。原作とは違いチームメイトとは篤い友情を結んでいるらしい。また、チームのシンボルマークは彼自身がデザインしているらしく器用な一面も。息子のことも非常に溺愛しているようで、優勝賞金で息子にF-ZEROマシンを買おうとしたり、将来の夢についての質問に「息子を自分以上の男に鍛えること」と答えている。

余談だが『スターフォックスコマンド』のエンディングの一つに、フォックスがファルコの誘いを受けて『G-ZEROグランプリ』なる銀河系レースのパイロットに転身するというものがある。…本作のオマージュ返しだろうか?

搭乗マシン

マシン名リトルワイバーン(LITTLE WYVERN)重量1390kg
性能評価ボディE/ブーストB/グリップBマシンナンバー10

戦闘機を改造したスペースダイナミクス社製のマシン。ボディの頼りなさを補うテクニックが必要。

アニメ『ファルコン伝説

CV:三木眞一郎
33話に登場。本作の主人公リュウ・スザクたちの所属する「高起動小隊」の戦力強化訓練のために、銀河連邦長官直々の推薦で雇われた鬼教官。

ゲーム版とは対称的に他人を信用しないリアリストかつストイックな性格の持ち主で、訓練ではリュウたち訓練生に司令塔から機関銃の弾を浴びせたり、休憩中も相手との馴れ合いを好まぬ態度を見せたりと、ジャックたちからは顰蹙を買っていたが、リュウだけはその訓練自体は実践的であると捉え、進んで彼の教授を受けるようになる。

しかしジェームズはこれと同時に、敵対する「ダークミリオン」のレーサーたちにも同じく訓練を行っており、彼らを潰し合わせることで自身が優勝をかすめ取ろうと目論んでいた。結果的にその目論見通り優勝賞金を手にするが、会場を出ようとしていたところをミス・キラーたちダークミリオンの兵隊に囲まれ窮地に陥るも、乱入してきたリュウの助けにより難を逃れた。

ミス・キラーたちを退いた後、ジェームズはリュウに対し、自身の過去と彼によく似た亡き戦友“オドネル”のことを語り聞かせる。かつて某国の軍に所属していたジェームズは、ある日、友軍の救出任務のためにオドネルと共に救援に向かうが、上官の裏切りによりオドネルは殉死、自身も捕虜として敵軍に監禁されることになり、この出来事から他者を一切信用しないようになったという。しかしリュウは、現在のジェームズがまさに当時の上官と同じ過ちを犯していることを咎めるとともに、彼の与えた訓練、実力は本物だったと讃え、オドネルのためにも真っ直ぐに生きることを伝えられた。

ED後のミニコーナー『バートのF-ZERO教室』では本作のジェームズの設定について掘り下げられ、「ライラット系第3惑星コーネリア出身」「チームメイトの名前はピグマペッピー」など、ゲーム版以上に原作を彷彿とさせる単語が登場した。
(ただしスターフォックスでのコーネリアは「ライラット系第4惑星」である他、息子のフォックスのプロフィールに「惑星パペトゥーン出身」とあることなど、明確にスターフォックスシリーズとの差別化が示唆されたともいえる。)

関連イラスト



関連タグ

スターフォックス
ヴィクシー・マクラウド
フォックス・マクラウド
クリスタル(スターフォックス)
マーカス・マクラウド

ペッピー・ヘア
ピグマ・デンガー ウルフ・オドネル
F-ZERO

関連記事

親記事

スターフォックス すたーふぉっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェームズ・マクラウド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 411585

コメント