ピクシブ百科事典

アーウィン(スターフォックス)

あーうぃん

シューティングゲーム『スターフォックス』シリーズに登場するメカ。
目次[非表示]

概要

スターフォックスチームの所有する超高性能全領域戦闘機
製作者はライラット系有数の軍事企業である「スペースダイナミクス社」。

白い胴体と翼に青い主翼の付け根が鮮やかなコントラストが特徴。
名前の由来は上から見た外見がアルファベットの『A』に見えることから(この設定は恐らく『STARWARS』のXウィングへのオマージュと思われる)。
可変翼機で、惑星内はもちろん、宇宙空間での活動も可能。単独での大気圏突破も可能で、スリッピーによれば9000度までは耐えられるとのこと。
更に、惑星間ワープも出来る。(ゲーム内では、一定の条件を満たさなければワープ不可)

最新作『スターフォックス ゼロ』では、ウォーカーという歩行型の地上戦闘形態へと変形する能力を手に入れた。開発時期における初登場は『スターフォックス2』である。

装備

前方に一門、主翼の付け根に二門のレーザー砲を装備。
最初は機首のレーザー砲しか使用出来ないが、レーザー砲の威力を高める「ツインブラスター(レーザーエナジー)」というアイテムを取得することで、主翼の付け根のレーザー砲が使用可能になる。
ただし、エネルギー効率の問題上、レーザー砲は機首と主翼のどちらかしか使用出来ず、更に翼が片方でも破損すると機首のレーザー砲しか使用出来なくなり、運動性能も格段に低下してしまう。
(この時には、SFC版の場合はツインブラスター入手時に「ウイングジャイロ」という修理アイテムを追加取得する。以降の作品ではレーザーエナジーが「ウイングリペア」という修理アイテムに変わる)
なお、レーザーは連射性の高いものとチャージしてから放つ「チャージショット」の2つがある。

また、広範囲に爆発を起こす強力な兵器「スマートボム」も搭載している(スターフォックス2においては他の装備へ変更されることもある)。
スマートボムやレーザーは相手にロックオンして発射することも可能。

推進機

G-ディフューザーシステムと呼ばれる反重力装置を装備しており、これにより急旋回や急加速減といった高い運動性能を可能にする。
因みに、64版以降の設定では、本作の敵であるアンドルフによって開発されたもので、『スターフォックス』シリーズと世界観が繋がっていると思われる『F-ZERO』シリーズにも同名の推進機が登場する。SFC版の設定ではアンドルフが開発した者は反重力ホバーシステムとなっており、性能はG-ディフューザーシステムには及ばない。

余談

『F-ZERO』シリーズに登場するリトルワイバーンというマシンはこのアーウィンと極めてよく似たデザインをしている。
また、製造者がアーウィンと同様「スペースダイナミクス社」であったり、搭乗者もフォックスの父親と同姓同名のジェームズ・マクラウドという人物になっているなど、両作品を知っているファンなら思わずニヤリとしてしまうような設定が施されている。

関連イラスト

交換してもらいました
ARWING



関連タグ

スターフォックス
ランドマスター ブルーマリン グレートフォックス ウルフェン
自機 宇宙戦闘機 変形

pixivに投稿された作品 pixivで「アーウィン(スターフォックス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1933

コメント