ピクシブ百科事典

ウルフ・オドネル

うるふおどねる

ウルフ・オドネルとは、『スターフォックス』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:江川央生(64版)、大場真人(アサルト・スマブラX)、高口公介(3DS版・ゼロ・スマブラSP

スターフォックスのライバルチーム「スターウルフ」のリーダー。
根っからの悪党ながらも潔い性格で度量の広い親分肌であり、その男気溢れる生き方に惚れ込み、彼に賛同した者は少なくない。本来ならば自分より格上の存在を認めないレオン・ポワルスキーも、彼の身を信頼していることから彼のカリスマ性が伺え、スターフォックスにおけるダークヒーローと呼べる存在でもある。
またパイロットとしての腕も、ライラット系でも1・2位を争うだけの実力を持っている。

スターフォックスのリーダーであるフォックス・マクラウドとはお互いを敵と認め合うライバル同士。フォックスの父ジェームズ・マクラウドとは何らかの因縁があるらしいが、その詳細は不明。
自分以外の敵に倒されるのが嫌だったからか、アパロイドによって苦戦していたフォックスを助太刀した。

ちなみに海外版では「フォックスの才能を見抜いて敢えてチームを離脱した」という設定を持っている。

開発順での初登場は『スターフォックス2』。
当初の彼は、チームのリーダーであることに変わりはないが、彼のみがアンドルフに直接雇われていると思われ、残りのメンバーは彼の部下という設定である。実際、他のメンバーが攻略途中で邪魔をしてくるのに対し、ウルフのみはアンドルフの本拠地に向かおうとするフォックスチームの前に立ちはだかり、最終決戦の前哨戦を仕掛けてくる。アンドルフ軍殲滅→ウルフ襲撃→最終決戦の流れになるのだが、ウルフ襲撃の直前に一切回復できないため初見殺しになっており、実際ここで仲間を1人失ったプレイヤーも結構いるとか。

彼の機体は他のメンバーより性能が高く、またメンバーの中で唯一生き残っている。科白を見るかぎり、スターフォックスチームをライバル視する点は他の作品とほとんど変わっていないようだ。

他のシリーズ作品と決定的に違うのは、彼らが「純粋にアンドルフに雇われただけの傭兵」だということ。そして、スターフォックスチームもまた「ペパー将軍に雇われただけの傭兵」である。交戦中に彼はスターフォックスチームを「ペパーに乗せられていい気になりやがって、いけ好かねぇ野郎だ!」と言っており、敵キャラクターである彼の科白を通して、プレイヤーはスターフォックスチームがあくまでも彼らと同じただの傭兵だと認識させられるのである。

そして最大の違いは彼の性格であろう。度量の広い親分肌という設定は全くなく、それどころか仲間雇い主の命でさえ平気で狙う、極悪非道のならず者なのだ。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるウルフ

2作目『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のオープニングにて少しだけ登場したが、残念ながらウルフ本人はプレイヤーキャラクターとしては参戦できず。
その上、フィギュアも用意されていない。

3作目『大乱闘スマッシュブラザーズX』において遂に隠しキャラとして参戦する。(ただし対戦累積回数以外での出し方が厳しくなっている)
フォックスやファルコとは違い機動力やジャンプ力は低いが、パワーがやや高く、体重も比較的重いため吹っ飛びにくいという性能を持っている。グローブに付けられた鋭い爪で引き裂いたり、牙で噛みつくなどといったワイルドな攻撃を主体とする。
また、必殺技にも個性があり、「クローブラスター」や「ウルフフラッシュ」などの必殺技はやや変則的な性能を持つ。また、「リフレクター」の性能もフォックスやファルコのものとはやや異なっている。
最後の切りふだとなる「ランドマスター改」は出現時間が短い代わりに、フォックスやファルコのランドマスターに比べて非常に高い機動力や火力を持つ。

pixivにおけるウルフのイラストは、このスマブラX仕様で描かれていることが多い。

残念ながら、3DS/WiiUには未参戦。当時日本ではあまり人気は低く、主に海外を中心に人気が高く、参戦を期待する声の最も高かったファイターだったのだがXは短期間で作成できたと発言している。Xでコンパチキャラクターは存在しないが、性能や構成は異なってはいるがフォックスやファルコとの必殺ワザや最後の切り札がふだが被っているため、一部からは「コンパチキャラでは?」とまで言われていた。今作で追加された要素「カスタマイズ必殺技」との兼ね合いもあって製作が厳しかったとの声も出ている。
一応フィギュアは用意されているほか、横必殺ワザのウルフフラッシュがフォックスのカスタマイズ必殺ワザとして残されており、さらにフォックスのカラーリングの中にウルフ風のものが用意されてはいる。

しかし…2018年6月13日のE3にて…


最新作『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』で遂に復活参戦。ファンは大いに歓喜した。

顔のデザインは『スターフォックスゼロ』ベースだが、衣装は『X』とのデザインの意匠を残しつつも改めて一新されている。モーションも全て一から作り直されている

Xより一部のワザのダメージは増加したものの復帰力とフレームはさらに弱くなってしまった。

しかし、オンライン対戦では反射能力を持っている事、機動力が高くスターフォックス系のファイターの中では攻撃力が高いので使用率が非常に高い。
ただし、横必殺技は崖に向かって攻撃すると操作不能になって落下撃墜される恐れがあるので使用は慎重に。
しかし通常攻撃は比較的高く、機動力が高いのでこれといった弱点はあまり見られないが、メタナイトプリンなど、空中戦主体のファイターは的を与えられず、下手に横必殺技を使用すればやられる恐れがあるので注意する必要がある。
又、ガノンドロフキャプテン・ファルコンなどの掴み技を多用するファイターにも反射能力やガードが無効化されるなど注意が必要。
逆に地上戦が主体のリトルマックシモンリヒターなどは比較的強い。
又、反射能力があるのでサムスリュカなどの飛び道具系のファイターにも大きく発揮する。
逆に相手がウルフの際にはできるだけ直接攻撃や空中戦で攻めたり掴み攻撃を主体に攻撃する事を心がけよう。

彼の勝ち上がり乱闘「参戦ふたたび」では、スマブラ3DS/WiiU復活したファイターを除くリストラ組のファイター達を倒していく内容になる。ボスはスマブラXで出てきたガレオムである。
ちなみにウルフはリストラ組の中で最後の番号であり、このテーマになったと思われる。後、スマブラX出身ファイターの中でも最後の番号になっている。

F-ZEROファルコン伝説

ジェームズ・マクラウドの戦友の1人に“オドネル”という人物がいたことが語られている。
作中では既に故人であり、上官の裏切りによって見殺しにされてしまった。
このことがきっかけでジェームズは強い人間不信に陥ってしまうこととなる。
声優は、主人公リュウ・スザクと同じ森川智之が担当した。

関連イラスト

ライバル!
ウルフとクラッカーランチャー


夾竹桃
こいつらと遊んでやったぜ



関連タグ

スターフォックス スターウルフ オオカミ

フォックス・マクラウド ファルコ・ランバルディ
レオン・ポワルスキー パンサー・カルロッソ
アンドリュー・オイッコニー ピグマ・デンガー

スマブラ 大乱闘スマッシュブラザーズX 亜空遅刻組 リストラ組 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

関連記事

親記事

スターウルフ すたーうるふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルフ・オドネル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1320815

コメント