ピクシブ百科事典

ウルフ・オドネル

うるふおどねる

ウルフ・オドネルとは、『スターフォックス』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「貴様を倒すのはこのオレ様だ!」

概要

CV:江川央生(64版)、大場真人(アサルト・スマブラX)、高口公介(3DS版・ゼロ・スマブラSP

スターフォックスのライバルチーム「スターウルフ」のリーダー。
根っからの悪党ながらも(本当の意味では言い切れない)潔い性格で度量の広い親分肌であり、
その男気溢れる生き方に惚れ込み、彼に賛同した者は少なくない。本来ならば自分より格上の
存在を認めないレオン・ポワルスキーからも信頼が窺えるなどカリスマの持ち主。スターフォックスにおけるダークヒーローと呼べる存在でもある。
またパイロットとしての腕も、ライラット系でも1・2位を争うだけの実力を持っている。

スターフォックスのリーダーであるフォックス・マクラウドとはお互いを敵と認め合うライバル同士。フォックスの父ジェームズ・マクラウドとは何らかの因縁があるらしいが、その詳細は不明。
自分以外の敵に倒されるのが嫌だったからか、アパロイドによって窮地に陥っていたフォックスを助太刀した。

ちなみに海外版では「フォックスの才能を見抜いて敢えてチームを離脱した」という設定を持っている。

またアサルトのバトルモードでは、特定の条件を満たすと固有キャラクターとして使用できる。直接戦闘に関わる能力が高く、歩行速度、耐久力は最高値で、ウルフェンの操縦では他の追随を許さないが、スターフォックスの使用するマシンの操縦は不得手。

スターフォックス2』におけるウルフ

開発順での初登場は『スターフォックス2』。
当初の彼は、チームのリーダーであることに変わりはないが、彼のみがアンドルフに直接雇われていると思われ、残りのメンバーは彼の部下という設定である。実際、他のメンバーが攻略途中で邪魔をしてくるのに対し、ウルフのみはアンドルフの本拠地に向かおうとするフォックスチームの前に立ちはだかり、最終決戦の前哨戦を仕掛けてくる。アンドルフ軍殲滅→ウルフ襲撃→最終決戦の流れになるのだが、ウルフ襲撃の直前に一切回復できないため初見殺しになっており、実際ここでパートナーを失ったプレイヤーも結構いるとか。

彼の機体は他のメンバーより性能が高く、またメンバーの中で唯一生き残っている。科白を見るかぎり、スターフォックスチームをライバル視する点は他の作品とほとんど変わっていないようだ。

他のシリーズ作品と決定的に違うのは、彼らが「純粋にアンドルフに雇われただけの傭兵」だということ。そして、スターフォックスチームもまた「ペパー将軍に雇われただけの傭兵」である。交戦中に彼はスターフォックスチームを「ペパーに乗せられていい気になりやがって、いけ好かねぇ野郎だ!」と言っており、敵キャラクターである彼の科白を通して、プレイヤーはスターフォックスチームがあくまでも彼らと同じただの傭兵だと認識させられるのである。

そして最大の違いは彼の性格であろう。度量の広い親分肌という設定は全くなく、それどころか自分の利益の為なら仲間雇い主の命でさえ平気で狙う、極悪非道のならず者なのだ。
後発の作品で言えばピグマに近い面を持つが、ピグマとて雇い主を手にかけるほど大胆ではない。より悪辣かつ相応の胆力を持ち、それでいて強い相手はきちんと認めるという、悪のカリスマとしての性格がかなり強いキャラクター設定になっている。

スターフォックス64』におけるウルフ

親分肌という設定が初登場したのは本作から。ただしこの段階ではあくまで裏設定の域を出ず、イベントシーンなど含めてもそれらしい描写は特になく、主人公に対する敵意と執着を見せる敵軍の精鋭部隊隊長としての一面が目立つ。
表向きは、スターフォックスをライバル視するウルフによって結成されたならず者たちの遊撃隊だが、その実態は、アンドルフの手先となったピグマがウルフを担ぎ上げた末に作らせたアンドルフ直属の精鋭部隊。ジェームズとは因縁があり、彼の息子であるフォックスを執拗に狙う。一方でフォックスの実力については「さすがだよ、言う事ねえ」など評価している(ただし「俺よりは下」というニュアンスである)。
初登場はステージ3の「惑星フィチナ」から。基地に仕掛けられた時限爆弾を解除しようとするスターフォックスを妨害するべく襲い掛かって来る。執拗にフォックスの後ろについて狙い撃ちして来るため、まだゲームを始めたばかりのプレイヤーでは対処に困った者もいるはず。
時間内にスターウルフを壊滅させるか、時間切れになるかでルートが分岐する。なお、真ラスボスルートを進んだ場合、最終ステージ「惑星ベノム」にて再びスターウルフと戦うことになる。ウルフェンは改良が施されて性能が上がっており、スターウルフの面々もサイボーグ化されている(初見でフィチナを経由せず進んだ場合、N64版では初登場にもかかわらず全員サイボーグ化されている。3DS版ではフィチナで撃破した事のあるメンバーのみサイボーグ手術が施され、撃破していないキャラのグラフィックは通常状態)。なお、他の面々は痛々しい手術跡が残るのに対し、ウルフだけはなぜか顔中に絆創膏が張ってあるだけというギャグみたいな見た目になっている。ここでウルフを撃破すると「ばっばかな、俺よりも上なのか・・・・」と現実を突きつけられながら退場する。

フルリメイク版スターフォックスゼロにおいても同様の役回りで登場。事前撃破でのサイボーグ化も健在。ただしウルフの見た目は、こめかみに絆創膏を一つ貼っただけとギャグらしさはなくなっている。後年のイメージを優先したのだろう。

F-ZEROファルコン伝説

ジェームズ・マクラウドの戦友の1人に“オドネル”という人物がいたことが語られている。
作中では既に故人であり、上官の裏切りによって見殺しにされてしまった。
このことがきっかけでジェームズは強い人間不信に陥ってしまうこととなる。
声優は、主人公リュウ・スザクと同じ森川智之が担当した。

外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズ

第3作『大乱闘スマッシュブラザーズX』、最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に参戦。

ダッシュのフォックス、ジャンプのファルコに対し、ウルフは空中スピードに優れる。
通常ワザはグローブに付けられた鋭い爪で引き裂いたり、牙で噛みつくなどといったワイルドな攻撃を主体とし、スピードとパワーを兼ね備えている。
必殺ワザはフォックスやファルコと同じような構成だが、彼らと比べるとやや変則的な性能を持つ。

詳しい解説はウルフ(ファイター)を参照。

ちなみにその前の『DX』ではオープニングムービーに登場しており、確認できる限りはフォックスの色違いのような外観だった。

関連イラスト

pixivにおけるウルフは、基本的にスマブラ仕様で描かれている。

図に乗るなよ…スターフォックス
逆引っ掻き


ウルフ・オドネル
惑星ヴェノムの溶岩鋳造所の破壊工作



  • 貴重な原作版

明けてました令和



関連タグ

スターフォックス スターウルフ オオカミ

フォックス・マクラウド ファルコ・ランバルディ
レオン・ポワルスキー パンサー・カルロッソ
アンドリュー・オイッコニー ピグマ・デンガー

関連記事

親記事

スターウルフ すたーうるふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルフ・オドネル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウルフ・オドネル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1928774

コメント