2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

当記事は「ウルフ・オドネル」から分離・独立させています。
記事の肥大化を防ぐため、先方に当記事の内容を追加しないようお願い致します。

概要

第3作『大乱闘スマッシュブラザーズX』に参戦したキャラクター。通り名はスターウルフのリーダー

桜井氏曰く「フォックスとファルコで培った技術を用いて急ピッチで制作し、超ギリギリで参戦に滑り込ませた」らしい。
その言葉通り、ワザの面では上記の通りほぼ別物ながら、骨格と多くの基本モーションをフォックスから流用している。

こいつらと遊んでやったぜ


また、プリントゥーンリンクと同様に亜空の使者のシナリオには絡まず、基本的に同モードをクリアしてからようやく使えるようになる。

デザインは『アサルト』をベースにしつつ、大胆なアレンジを加えたもの。

特徴

ダッシュのフォックス、ジャンプのファルコに対し、ウルフは空中スピードに優れる。
通常ワザはグローブに付けられた鋭い爪で引き裂いたり、牙で噛みつくなどといったワイルドな攻撃を主体とし、スピードとパワーを兼ね備えている。
体重も上記2体よりは遥かに重く、中量級に属している。

必殺ワザはフォックスやファルコと同じような構成だが、彼らと比べるとやや変則的な性能を持つ。

必殺ワザ

  • 通常必殺ワザ:クローブラスター

連射ができない代わりに攻撃力が高め。また、銃本体にも攻撃判定が付いている。

  • 横必殺ワザ:ウルフフラッシュ
フォックスたちとは違い、斜め上に飛び上がる。
移動先でクリーンヒットすればかなりのダメージを与えられる。
メテオ判定がある。

  • 上必殺ワザ:ウルフシュート
炎をまとわず、すばやく飛び蹴りを放つ。
移動距離はかなり短い。

  • 下必殺ワザ:リフレクター
三日月のような形のリフレクターを前後に展開。
フォックスよりも出が遅い分、攻撃力が高い。

  • 最後の切りふだランドマスター改(フィギュア名鑑では「ランドマスター」)
出現時間が短い代わりに、フォックスやファルコのランドマスターに比べて非常に高い機動力や火力を持つ。
フィギュア名鑑によると、ウルフが分析し、改良を重ねた機体らしい。

10年ぶりの登場!

Star Wolf


最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』で待望の復活。
ファイター番号は44、通り名は宙駆ける銀狼

前作『for』ではただ一人不参戦の理由がハッキリとしていなかった(一応、桜井氏は「未来がないシリーズのものは選びにくい」という発言をしていた)だけに、ウルフの復活もまた大きな歓喜を持って迎え入れられた。

顔のデザインは『ゼロ』ベースだが、衣装は『X』のデザインの意匠を残しつつも改めて一新されている
カラーバリエーションも一新され、3P・8Pカラーは『アサルト』におけるチームメイトの配色に。
実は2Pカラーは『ゼロ』での衣装を意識した配色なのだが、原作では解析で上半身の3Dモデルが確認できるのみで、全身が描かれたことはなかった

通常ワザのおよそ半数が変わった他、体重が大幅に軽くなる(102→92)など、『X』とは別物と言っても差し支えないファイターに生まれ変わっている。
主な変更点は以下の通り。

  • 弱攻撃3が横に引っ掻く「ワイルドスクラッチ」に変更。
  • ダッシュ攻撃が前方に跳び蹴りをする「シューティングキック」に変更。
  • 横スマッシュ攻撃がその場で踏み込みながら掌底を繰り出す「ウルフクラッシュ」に変更され、多段ヒットしなくなった。
  • 上スマッシュ攻撃が「スピニングレッグシザース」に変更。ただしワザ名の変更のみで、動作などに大きな変更はない。
  • 通常空中攻撃がフォックスと似た飛び蹴りの「ウルフキック」に変更。
  • 投げワザが全て一新された。
    • 前投げは振り下ろして引っ掻く「ショートスクラッチ」。
    • 後投げは振り上げて切り裂く「スクラッチアッパー」。
    • 上投げは立った状態で弧を描いて切り裂く「スルースクラッチ」。
    • 下投げは叩きつける「ボトムダウン」。
  • 通常必殺ワザ「クローブラスター」が銃を突き出し、振り上げて射撃するモーションに変更。
  • 横必殺ワザ「ウルフフラッシュ」で、上下の方向にシフト変更が可能になった。
  • 最後の切りふだがスターウルフのメンバー総動員でウルフェンによる攻撃を行う「チームスターウルフ」に変更。
    • フォックスやファルコの「チームスターフォックス」よりも攻撃力が高く、ふっとばす方向は両者の中間となっている。また、フォックスかファルコに当てるとセリフが変化する。

その他

勝ちあがり乱闘「参戦ふたたび」

ROUND
1アイスクライマー
2こどもリンク
3ピチュー
4ゼニガメ
5フシギソウ
6スネーク
BOSSガレオム

ウルフと共に復活参戦を果たしたファイターやボスが登場。
全ROUNDが1on1でも出てこないため、非常に戦いやすい。

プリンリヒターしずえのルートから察するに、ウルフもまた復活したファイターの中で最も大きい番号であることから、このテーマになったものと思われる。
ポケモントレーナーの件もあってか、『ポケモン』出身のファイターが多いのも特徴。

余談

「ライラットクルーズ」のスマッシュアピールでは、基本的にファイターとして参戦している場合は『スマブラX』、それ以外は『アサルト』のモデルが使われているが、ウルフは『for』で不参戦となった影響か、同作から『アサルト』のモデルに変更されている。

関連動画



関連項目

スマブラ ウルフ・オドネル

フォックス:ベースとなったファイター
ファルコ:ウルフと同じくフォックスをベースとしたファイター

43.トゥーンリンク44.ウルフ → 45.むらびと

関連記事

親記事

ウルフ・オドネル うるふおどねる

子記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました