ピクシブ百科事典

目次[非表示]

はじめに

当記事は「アイスクライマー」から分離・独立させています。
記事の肥大化を防ぐため、先方に当記事の内容を追加しないようお願い致します。

概要

第2作『大乱闘スマッシュブラザーズDX』から、「ポポ」と「ナナ」のコンビが「アイスクライマー」として参戦。
ファイター番号は15、通り名は氷壁の双星

アイクラまとめ


(左がスマブラ版、右が原作版)
デザインは原作のドット絵を元に可愛らしいものに一新され、服の色は紫寄りに変更。
ポポが男の子、ナナが女の子と設定され、髪型に若干の差異がある。

声は小林沙苗が2人を演じ分けている。

特徴

通常必殺ワザアイスショット
横必殺ワザトルネードハンマー
上必殺ワザゴムジャンプ
下必殺ワザブリザード
最後の切りふだアイスバーグ

2人1組で行動するという異色のファイター。
プレイヤーはポポを操作し、続いてナナがワンテンポ遅れて同じ動きを取る(カラーバリエーションで逆にすることも可能)。
能動的な「切り離し」を行い、別の動きをさせることも可能で、「ナナがブリザード固め→ポポがつかみ」などチーム戦のような連携が可能。

全国のアイクラ使いへ謝罪


攻撃を受けるなどして2人がはぐれると、ナナはオート操作によりポポの方へ向かう。
そしてナナが撃墜されてポポ単体になると大幅に弱体化。特に合体ワザの横必殺ワザと上必殺ワザはほとんど上昇できなくなり、復帰力が大幅に下がってしまう。

原作に忠実に、空中横移動は遅く設定されているが、氷の床で滑らない。

経緯

大乱闘スマッシュブラザーズDX

この時点でも「ぱしぱし(Wobbling)」と呼ばれるつかみからのハメワザを持っていたが、それ以上に強キャラが速すぎてつかむのが難しいことから、強さとしては準強ランクに留まっている。

大乱闘スマッシュブラザーズX

最後の切りふだは「アイスバーグ」。
ステージ中央に巨大な氷山を出現させ、触れた相手に連続ダメージを与える。
地形に影響を及ぼすため、アイスクライマー自身も自滅の危険性が高い。

投げ連


『X』のアイスクライマーはある問題で有名となった。
それはミラーマッチを除いた全ファイターに対して投げ連・ダウン連が永久に通じてしまうこと
他のファイターにもデデデを筆頭に投げ連などは存在するのだが、アイスクライマーのものは難易度が低く、ナナのおかげですぐにふっとばせるダメージまで稼げて、最後にスマッシュ攻撃でフィニッシュ…と凶悪極まりない。
桜井氏も認知しているようで「自己責任でお願いします」とコメントしている。

だが、そんな凶悪性能を以てしても、上には遥か上がいた

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL


for』ではある理由(下述)により不参戦となったが、その次の『SP』ではご無沙汰登場。

過去作で問題になっていた「投げ連」などの永久パターン消滅や、拘束時にパートナーが行動不可になるなどの対策がされている。「切り離し」の難易度も上がり、『X』以上に緻密な戦術が求められるようになった。

下スマッシュ攻撃がポポは前方、ナナは後方に攻撃する「足もと打ち」に変更。ほとんどのファイターと同じような両側カバーの単発攻撃となった。
逆に下必殺ワザ「ブリザード」では、地上で使っても2人とも同じ向きで放つようになっている。
また、上空中攻撃もハンマーを振り上げる「頭上はらい」に変わっている。

切りふだ「アイスバーグ」は氷山を左右に移動できるようになり、アイスクライマー自身は上に飛び回るコンドルに捕まることができるようになった。

勝ちあがり乱闘「ベストパートナー」

ROUND
1リンクゼルダ
2リュウケン
3むらびとしずえ
4ドンキーコングディディーコング
5パルテナピット
6マリオピーチ
BOSSマスターハンド&クレイジーハンド

全ラウンドで2体を相手にする。
アイスクライマーが男女のペアであるためか、相手の半分以上が異性同士のペアになっている。

その他・余談

対戦結果表示画面

スマブラシリーズのファイターは敗北時に(一部を除いて)拍手をするのだが、アイスクライマーはその場で泣く。
これは、原作のボーナスステージにおけるクリア失敗時のリアクションが元ネタである。

二人の仲

原作とはうって変わって仲が良く息がぴったりあっている二人。
『DX』の公式HPによると「友達以上恋人未満」、『X』の公式HPによると「ふたりはなかよしだ!! たぶん。」とのこと。

スネークの無線通信や天界漫才でも、昔の様子がきっちり言及されている。

for』で不参戦になった理由

次があるさ


『for』でも開発段階では参戦を予定していたようだが、桜井氏曰く「WiiUでは動いたが、3DSではマシンパワーが足りずにどう調整しても動かせなかった」「『DX』のデータを使い回すのも古すぎて困難」といった問題があったために、仕方なく参戦を断念したのだという。

アイクラちゃんらくがき


それが解消された『SP』でも「ホムラ/ヒカリのつかいかた」で「Switchでも動かすのはギリギリだった」と語られており、実は(技術的な意味合いで)最も参戦が難しかった事が判明した。

そういう意味で、アイスクライマーは本当に「奇跡の参戦」だった訳である。

関連イラスト

アイスクライマー
ともだちいじょうこいびとみまん?


アイスクライマー
2人で1つ


アイクラいろいろ
らくがき



髪型の全容を想像したイラストもある。

夏のアイスクライマー
スマブラの推し



関連タグ

スマブラ アイスクライマー

ファイター番号順

14.クッパ15.アイスクライマー→16.シーク

関連記事

親記事

アイスクライマー あいすくらいまー

子記事

コメント