ピクシブ百科事典

Mr.ゲーム&ウォッチ

みすたーげーむあんどうぉっち

Mr.ゲーム&ウォッチとは、任天堂がかつて発売したゲーム『ゲーム&ウオッチ』シリーズのキャラクターの総称である。
目次[非表示]

1980年4月28日発売の任天堂のゲーム機・ゲーム&ウォッチでデビューしたキャラクター。
当初、この黒いキャラクターたちには名前がなかったが、『スマブラ』シリーズに登場した際に「Mr.ゲーム&ウオッチ」の名が与えられた。

ファンからの通称は「ゲムヲ」など。現役の頃は「ありんこ人間」「黒い人」などとも呼ばれていたようだ。

概要

真っ黒な影だけの姿をした、実体のない存在。

G&Wの空前の大ヒットにより当時の任天堂の債務を帳消しにし、アタリショックで死にかけていたゲーム業界をその後のファミコンと共に再活性させた、まさしく現在の「ゲーム」の立役者なのだ。ゲームファンはこの黒い人に足を向けて寝られないのである。

しかし後輩のマリオが人気者になるにつれG&Wにも活躍の場を移しMrの居場所は段々と失われ、携帯電子ゲームブームの終息によりG&Wは1985年に国内シリーズは終了。
国外ではもう少しシリーズが続き1991年「マリオジャグラー」でシリーズ完全終了。皮肉にもこの「マリオジャグラー」、第1弾「ボール」のマリオリメイクであった。

その後、歴史の表舞台からは身を引くが、『ゲームボーイギャラリー』やカードe版・DSiWare版など、移植やリメイクとしてたまに引っぱり出される。
また、暇つぶしやミニゲームに最適なゲーム性から、『DSお料理ナビ』など一部ゲームにおまけとして収録されており、なんだかんだで今なお出番があるキャラクターである。

2015年に、デビュー35周年を迎える。

ゲーム業界黎明期のキャラクターとして

同年に誕生したパックマンは「ボール」1カ月後のデビューであり、ゲーム業界でも最古参の部類に入る。
任天堂のキャラクター史の中でも、はっきり人型であるビデオゲームキャラクターとしてはシェリフ(1979)についで2番目。

スマブラ

スマブラ』シリーズでは、『スマブラDX』で最後の隠しキャラとして登場したのを皮切りにファイターとして参戦し続けている。
高い火力を持つが、軽くて吹っ飛びやすいキャラである。

スマブラX』では、アドベンチャーモード「亜空の使者」にも登場する。亜空軍に関わるキーキャラクターだったが、本人は自分が何をしているのかよくわかっていなかったらしい。
(また参戦キャラで唯一名前のテロップが表示されなかった)
性能面では全体的に素早くなり、上必殺技のファイアの仕様変更による高い復帰力、下スマッシュのふっ飛ばし力アップと使いやすくなった。
切り札は『オクトパス』。使用中は完全無敵だが、移動速度は遅めでジャンプ力も無く、高い段差や長い谷を越えられない。オクトパスのまま谷底へ落ちる様は非常にシュールである。

スマブラ3DS/WiiU』にも隠しキャラとして続投したが、パックマンの参戦PVの最後に彼の姿が確認できたことから、続投は示唆されていた。
性能面では下強攻撃や切り札のふっとばし力の低下等、やや弱体化した面が見られる。

ファイターが爆発的に増えた今作でも最古のファイターとして君臨しており、3DS版では最初、WiiU版では最後に登場する。ただし、大乱闘に出演するキャラクターとしては、彼より古いシェリフ(1979)とテレビゲーム15(1977)がアシストフィギュアとして登場した。
また、本作より登場したダックハントは、カモの方が「光線銃カスタム」(1976)に登場しており、数えようによってはこちらが最古になる(オールスター戦では1984年4月デビューの扱い)。

あまりの平面ぶりからamiiboがどうなるのか心配されていたファイターだが、ゲームよりもだいぶ厚みをもたせた状態でフィギュア化が決定した。
製造コストが他のファイターより安いからか、4種類のポーズが用意されており、差し替えることができる。ある意味別格の扱いである。


最新作、『スマブラSP』でも続投が決定。攻撃するときに原作のゲームに準じた姿に変わるようになり、よりファンサービスの行き届いた仕様となった。だが、これによって大幅な性能変更が施されることになり、更に空中前攻撃「セメントファクトリー」が爆弾を落とす攻撃に変更(元ネタは「マリオズボンアウェイ」)。直接攻撃ができなくなったが、下方向に高威力の爆弾を落とすため、牽制等に使える。
その他の変更点として、下スマッシュ攻撃の「バーミン」は上手く当たれば相手を埋めることが出来るようになり、更に下必殺ワザの「オイルパニック」がなんと物理判定の飛び道具を反射出来るようになったため、全ての飛び道具が下Bで対応可能になった。リンクの弓やドクターマリオのカプセルも、もう怖くはないのだ。しかし、その反面全体的に各通常攻撃ワザの火力が下がったため、彼のウリだった高火力はほぼ失ってしまった。
また、上記の「原作に準じた姿になる」という仕様が仇となって、下強攻撃「マンホール」のリーチが短くなったり(威力は上昇)、空中上攻撃「スピットボールスパーキー」が息を吹きつける攻撃から息のエフェクトを飛ばす攻撃になり、上強攻撃「フラッグマン」も旗を2回上げるビジュアルに変更となったため、同じMr.ゲーム&ウォッチでも全く別物と呼べる性能に仕上がっている。前作で彼を使いこなした人ほど慣れるまでの時間が必要になるだろう。

最後の切りふだはもちろん「オクトパス」だが、変身系の切りふだは廃止となったため、変身した後に前進しながら伸ばした足で相手を捕まえてステージの外に連れ去る技となった。移動中は上下に位置をずらす事が可能だが、相手の蓄積ダメージが低いと捕まえても抜けられるので注意。これまで切り札はあまり強い部類ではなかったが、これでやっと逆転を狙えるぐらいになった。

勝ち上がり乱闘「母線回帰」では、ファミコンやアーケードなどに出たファイターが登場する。母線回帰とは、サケやマスが産卵のために河川をさかのぼる習性のことをいい、タイトルのように発売されたゲームの年代が新しい方から古い方へさかのぼるようにファイターが登場する。
パックマンとテーマが被るが、あちらは発売したゲームが古い方から新しい方へと巡る順番になっている。

その他のゲスト出演

主役の座こそ引いたものの、その強烈なキャラクターは「昔なつかしの任天堂キャラ」として強い需要がある。

メイドインワリオ』シリーズでは、ナインボルトステージの常連。

みんなのリズム天国』では「はたらくまんじゅう」の背景にゲスト出演。「まんじゅう1」では『セメントファクトリー』、「リミックス3」では『シェフ』、「まんじゅう2」では『ジャッジ(ただしハンマーではなくカマを持っている)』の姿で登場する。

『Nintendo Land』では、『オクトパス』の潜水夫がダンスするアトラクション「オクトパスダンス」が登場する。

関連イラスト

ゲムヲ
ゲムヲ



関連タグ

ゲムヲ(略称) 任天堂 スマブラ 平面 棒人間 横井軍平(生みの親)
パックマン(共に1980年デビュー)
ロボット(同じく、生みの親が横井軍平氏)

関連記事

親記事

任天堂 にんてんどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Mr.ゲーム&ウォッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 563952

コメント