ピクシブ百科事典

ファミリーコンピュータロボット

ふぁみりーこんぴゅーたろぼっと

ファミリーコンピュータロボットとは、1985年7月26日に任天堂が発売した、ファミリーコンピュータ用の周辺機器の一つ。型番は「HVC-012」。略称は「ファミコンロボ」「ファミコンロボット」など。
目次[非表示]

概要

専用ソフト『ジャイロセット』、『ブロックセット』を用いて、
画面から送信される光信号を受信して動作するロボットである。
平たく言えば「ファミコンを使って動くロボット」ということである。
海外版での名称はR.O.B.(Robotic Operating Buddy) 。
日本では白と赤のファミコンカラーだが、
海外ではNES(海外版ファミコン)の色に合わせて灰色になっている。

専用ソフト『ジャイロ』では付属するコマをロボットが回し、
本体下部に設けられたAボタン、Bボタンに対応する場所に置かせる事でゲーム中のゲートが連動して動く仕掛け。
『ブロック』の方は画面上に表示される指示の通りにロボットがブロックを積めるように、
プレイヤーが画面上の博士を操作してプログラムを作成してロボットを動作させる。
後者に関してはブロックが正しく積めたかどうかのフィードバック機能が無いため、
プレイヤーが目視でチェックして成否を判定するという方法を取っている。

1985年にご家庭のファミコンと連動してロボットに芸を披露させる、
「ロボットにプログラミングをして動かす」という非常に先進的な遊びを提案したものの、
あまりにも時代に対して早すぎたのかサードパーティ製のゲーム等は登場せず、
本機で遊べるゲームはこの2本だけに終わった。
正しくプログラミングして/操作していても、現実世界での物理法則により、
上手く積めずに崩してしまったり、コマ同士が接触して落下してしまったり、
動きがゆっくりなのでアクションゲームである『ジャイロ』では中々もどかしかったり、
若干おドジな部分もあったりする。

後に『スーパーマリオブラザーズ』の爆発的ヒットによりファミコンブームが到来するも、
上記のような事情から、知る人ぞ知る埋もれたハードという立場だったが
時が流れ2000年前後になると、そのレトロかわいらしい外見から、
任天堂ハードで発売されたソフトに様々な形でロボット役としてゲスト出演するようになり、
『マリオカートDS』や『スマブラ』シリーズにて、プレイアブルキャラとしての参戦を遂げている。

ゲスト出演

星のカービィ3』『メイドインワリオ』『F-ZERO』等に背景キャラとしてさりげなく出演している。また、『スターフォックス64』のセクターXに登場するボス「HVC-09」も、ファミリーコンピュータロボットをモデルとしている。

数あるゲスト出演した作品の中でも最も有名なのは、隠しキャラとして登場し、直接操作が可能な『マリオカートDS』と『スマブラ』シリーズだろう。

マリオカートDS

隠しキャラクター「HVC-012」として登場。
専用カート「HVC-BLS」(『ブロックセット』の型番と同じ)、「HVC-LGS」を持つ。重さはクッパと並んでトップ。
「どうやって運転すんの?」と思ったら、なんと腕を左右にスイングしてハンドルを切る。クラクションが電子音だったり、声の代わりにモーターの動作音がしたり、クラッシュすると頭のLEDが点滅したりと細かなこだわりが感じられる。
重量級でありながら加速やコーナリング性能に優れるが、ドリフトは苦手。
ちなみに海外版では商品名のR.O.B.になっていて、カートの名前も異なる(ROB-BLS、ROB-LGSになっている)。カラーリングもきちんと海外仕様。

おどるメイドインワリオ

ナインボルトのステージのボスとして登場する。武器はスナイパーライフル。囲んでいるブロックが点滅した時にアーウィンの銃撃を当てれば倒せる。

スマブラ

3作目である『大乱闘スマッシュブラザーズX』から隠しキャラクター「ロボット」として参戦。
pixivに投稿されているイラストのほとんどがこれで、「スマブラ」関連のタグが付いている物が多い。

『X』のゲームモード「亜空の使者」では、「亜空軍」の戦力として、
行動の異なる幾つかの量産タイプが多数出現する。
そして後半にエインシャント島でリーダー機(マスターロボット)が登場。
実は物語序盤からエインシャント卿という姿で登場しており、故郷であるエインシャント島と同胞を人質に黒幕に半ば脅されるかたちで従っていた。
だが黒幕が「亜空間爆弾」と「亜空砲戦艦」の製造を終えると、乗り込んできたマリオたちに正体を明かし、量産機に彼らを攻撃しないよう命令、マリオたちに協力する道を選ぶ。
魔術師のような姿でいたのは、良心の呵責から逃れるための変装だったらしい。
ところが今度は、ホログラムで現れたガノンドロフが亜空砲戦艦を出撃させるための「時空の穴」を開けるため量産機たちに強制命令を下し、亜空間爆弾工場ごと自爆させてしまう。
これによりエインシャント島は亜空間に引きずり込まれ、無数の爆弾による凄まじい影響から、事件解決後も戻ることなく喪われてしまった。

性能面では、高い復帰力と二種類の飛び道具、判定の強さとそろった迎撃型ファイター。
地上攻撃は発生も速く、判定も強いが、スマッシュ攻撃の発生は標準的なため、スマッシュ攻撃による撃墜はあまり得意ではない。それ故バースト難に陥りやすいという欠点を抱えている。空中攻撃も、空中ニュートラルや空中後など、判定は非常に強いが発生前に潰されてしまいやすいという一長一短な性能。さらに、食らい判定も大きいので復帰阻止、着地狩りにも弱い。そのため、飛び道具で牽制し、接近してきた相手を迎撃する立ち回りが基本になる。

『X』での最後の切りふだは「拡散ロボビーム」。単発ダメージもふっとばしも弱いが、通常必殺ワザ以外の行動が自由に可能。
地味すぎたのか、『for』では変形してビームを放つ「スーパー拡散ロボビーム」に変更。しかしこちらも攻撃範囲とふっとばしは控えめで、やっぱりどこか地味。


SP』では下投げが相手を埋める仕様に変更された。
また、横必殺ワザ「アームスピン」が判定、吹っ飛ばし力、巻き込み性能共に強化され、早期撃墜や復帰阻止、コンボの〆に非常に有効となった。
変更されてもまだ地味な方だったためか、最後の切りふだが「誘導ロボビーム」に再変更。ようやく巨大なビームを放つようになった。

勝ちあがり乱闘のお題は「ポーカーフェイスの戦士」。
表情を確認しにくいファイターが登場。中には亜空軍を思わせるも。

参戦名が「ロボット」と至極単純であることについては、スマッシュアピールで突っ込みがなされている。
また、BGMはあるもののシリーズを通して固有ステージは存在せず、『SP』公式サイトの背景も一人だけステージが描かれていない。

41.ルカリオ42.ロボット→43.トゥーンリンク

余談

長期使用を前提とした高耐久性を第一とする任天堂製品においてディスクシステムをも凌駕する圧倒的脆弱性を誇り、任天堂ハードの中でも極めて繊細な取り扱いを要求される純正機器である。

これは、徹底的なコスト削減の代償として商品の要点であるアーム動作を司るギアすらもその対象としたためであり、アーム動作用ギアとモーター動力伝導ギアを仲介する連結ギアを一体化させなかった事によるパーツ脱落が故障原因の大半を占める。

これを取り上げた『ゲームセンターCX』中のミニコーナー「プロジェクトCX」でも、
ロケハン中に2台も故障する事態となり、故障原因の追求が叶わなかったために追加購入した3台目でようやく収録を乗り切った。

関連イラスト

【явοτ】
使い手


ロボット&カ―ビィ
ウルフとロボット



関連タグ

任天堂 ファミリーコンピュータ ファミコン
HVC-012 ロボット
スマブラ エインシャント卿

光線銃シリーズ…動作原理が同じである。スーパースコープも同様。
ヴァルガード…頭部デザインが似ているためファミコンロボと呼ばれている。
奇跡のカーニバル…AAのモデルとなった。
スネーク…彼の無線で、上記の白い機体と赤い腕の秘密が判明する。
メタルギア…スマブラにスネークが参戦している関係でスピリッツバトルでは大抵メタルギアのスピリットはロボットに憑依している。メタルギアとの唯一の違いはそもそも脚がない。ただし、腕に関しては「サヘラントロプス」というのがいるが。
ピクミン2…作中でロボットの頭部と4色のブロックがお宝としてカメオ出演。頭部は『オヤジのおもいで』・ブロックはそれぞれ『~のジャイロブロック』と名付けられた。

関連記事

親記事

ファミリーコンピュータ ふぁみりーこんぴゅーた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファミリーコンピュータロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 251162

コメント