ピクシブ百科事典

ゲームセンターCX

げーむせんたーしーえっくす

フジテレビCS放送フジテレビTWO及びフジテレビNEXTで放送されているバラエティ番組。
目次[非表示]

概要

お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉がメインパーソナリティを務めるゲームバラエティ番組。制作はガスコイン・カンパニー。

元々は、同じくフジテレビ系列であるフジテレビ721で放送されていた、漫画家を焦点に置いたクリエイターインタビュー番組『週刊少年「」』を前身とし、同様の形式で昔懐かしのコンピューターゲーム(所謂レトロゲーム)の開発者インタビューをメインとしていたが、そのサブコーナー枠であった『有野の挑戦』が視聴者から反響を得、第2シーズン以降からは同コーナーをメインとしてリニューアル、2017年現在まで続く人気番組となった。

因みに番組名の「CX」は、フジテレビのコールサイン「JOCX-TV」のこと。

有野の挑戦

本番組のメインコーナー(第2シーズン以降)。有野扮する「有野課長」が、毎回お題目として掲示されるコンピューターゲームの攻略(クリア)を朝10時にスタートし夜12時までに目指す。夜12時までにクリアできなくても若干の延長や後日再挑戦を選択することもある。

最初は攻略情報なしでスタートし進捗状況に応じてADがアドバイスをする。ゲームオーバーなどで前の場所に戻されても、一度クリアした部分はADが戻し作業を手伝うこともある。

挑戦するゲームソフトは、主にファミコンスーファミPCエンジン…などの、現在ではほとんどお目見得することのないようなレトロゲームからチョイスされる。

当時のゲームならではのシビアな難易度設定も然ることながら、有野自身あまりゲームを得意としていないため、ゲーム挑戦時間は10時間を超えることも多く、それでも時間が足りず「挑戦失敗」になることもザラである。
(一応、挑戦するゲームは事前にスタッフがロケハンをしており、概ね一日でクリア可能なものが選別されているが)

因みに最短時間でクリアしたのは『夢ペンギン物語(FC)』。クリアタイムは1時間35分。

長時間のゲームプレイに配慮し、有野の側にはお供となるお菓子(駄菓子や茶菓子、棒付きイカなど)や飲料各種、クールダウンのための熱さまシート、パスワードやヒントのメモのためのホワイトボードが常備されている。また、何気にシーズンを重ねる毎に机や椅子・モニターもその都度バージョンアップされている。

たまに行くならこんな○○

有野課長が、日本各地のアーケードゲーム機の設置された施設を訪問し、実際にゲームで遊んだり土地の人々と交流する外出ロケのコーナー。タイトルの「○○」の部分は、その回で訪問する施設の分類によって毎度変更されているが(例:たまに行くならこんな駄菓子屋…など)、訪問する施設が概ねゲームセンターや総合施設のゲームコーナーであるため、略して『たまゲー』と通称される。

大抵は予算やスケジュールの都合もあってか東京近郊しか行かないが、稀に隣県や遠方まで足を伸ばすことも。特番では大幅に拡大して有野の挑戦と逆転してメイン企画として扱われたこともあった。

主な出演者

有野晋哉(有野課長)

よゐこの「獲ったどー!」じゃない方。番組のメインパーソナリティ。白いワイシャツに橙色のネクタイ、薄緑色の作業着、冷えピタがトレードマーク。架空の企業である「株式会社ゲームセンターCX興業」の社員で、放送開始当初は「主任」だったが、挑戦成功により「課長代理」「課長」と出世し、現在に至る。主な業務は、毎週掲示されるゲームを攻略し、エンディングを見ること(場合によってはスタッフが掲示するノルマを達成させること)。

ゲームテクニック…とくに反射神経を必要とする操作を不得意としており、そのためアクション、格闘、シューティング、音楽…など、概ねのゲームジャンルで毎回苦戦を強いられるが、それを補う根気強さと、ときにとんでもないミラクルプレイを導く強運の持ち主。延々と繰り返されるコンティニューにも音を上げず、復帰アイテム収集などの地味な作業を費やしてでもなんとか苦境を乗り越え続けている。

一方で、パズル系のゲームは得意だと自負している(ただし落ちゲーは除く)。

菅剛史

ええ声の番組プロデューサーであり、ガスコイン・カンパニーの社長。メインコーナーのナレーションや天の声も務める(番組スタッフがナレーションを務める例は『水曜どうでしょう』における藤村忠寿ディレクターなど稀にではあるが存在する)など、番組および制作会社の大黒柱。
ボケを暴走させたり油断から凡ミスを犯す有野を戒めることも多々あるが、ときには彼のボケに乗っかるノリの良さをみせることも。実は、他のスタッフたちほどTVゲームに詳しいわけではなく、ナレーション時に番組内でゲーム内の専門用語などに読み間違えやイントネーションに誤りがないかなどを心配しているらしいが、ぶっつけ本番の生放送では見事に挑戦を実況し番組を盛り上げた。

特技はマラソンで、2016年に開催された横浜マラソンで4時間55分で完走。しかし、外泊ロケで恒例化しつつある制作陣による短距離走では有野や他のスタッフに遅れを取ってしまうことが多い。

岐部昌幸

構成作家。TVゲームに関する知識は彼に依存するところが大きく、番組のブレーン的存在。本編で菅のナレーション台本の執筆の他、サブコーナーでは司会進行役や解説役として有野のパートナーを務める。レトロゲーム(ハードやソフト、周辺機器など)に詳しく、特にSEGAのハードを愛着している。極稀に本編である挑戦部屋に顔を出すことも。
一方で、極度の潔癖症かつ偏食家。『たまゲー』などの外出ロケではザリガニやナマコといった動物に触れるのに腰が引けてしまったり、食事の場面では食わず嫌いから出された料理を全く口にしないこともしばしば。因みに好物はうどんと赤ウインナー。

阿部浩一

ガタイの良い筋肉質な体格とリーゼントヘア(有野課長が浦川の髪型を罵倒する際に「博多枠があててイイのはアイパーだけやろ」と阿部の髪型が引き合いに出された)が特徴のカメラマン。走り屋→白バイ隊員を経てこの業界に入ったという異色の経歴の持ち主。番組では登場のたびにナレーションで「元ヤンカメラマン阿部」と紹介されて、初期の頃にはワイプで紹介される際に彼の若い頃と思しき写真が使われていた。
番組制作陣の中では年長者であり、菅プロデューサーと同い年。ときには脱線して盛り上がる現場を一言で引き締め、菅に対しても遠慮のない物言いをするなど発言力が強い(『クイズ殿様の野望』の回では自分の誤答を菅プロデューサーに「3は犯人だろ!」とツッコまれた際に「うるせいよ!」と逆ギレしたほど)。挑戦中も、カメラマンという裏方ながら有野にアドバイスや指示を送ることもしばしば。
そうした一見威圧的な人物像とは裏腹に、バイクやグルメ、映画、漫画といった幅広い知識に精通し、クイズゲームでは意外な活躍を見せ周囲を驚かせた(有野課長もクイズゲームに関しては阿部を重宝している)。また、調理師免許を取得するほど料理の腕前も高く、番組内で創作料理を何度か披露し好評を得ている。

須田祐一郎

「須田ちゃん」の愛称で呼ばれる音声・VE(ビデオエンジニア)。主にゲーム画面の収録を担当。機械に強く、『スーパーマリオワールド(SFC)』で有野がうっかりソフトを故障させた際にはドライバー一本で修復(端子部分を削って掃除するという荒療治)し、サブコーナーでのゲーム配線の接続作業を手早く行っている。因みに職場から遠く離れた高尾山在住らしく、挑戦が長丁場となるとソワソワし始める。
ダジャレや下ネタ発言が多い。

サポートAD

有野を支える番組AD。主に有野がプレイする予定のゲームのロケハンや、挑戦中行き詰まった有野にヒントやアドバイス、ノーコンティニュー作品のリカバリー、2Pによる助勢などでサポートを行う。シリーズ毎に代替わりしている(以下、歴代ADを記載)。

【初代】東島真一郎

通称「出戻り」。第1シーズン5回目の『スターフォース』で初登場。
長身に精悍な顔立ちが特徴のスポーツマンだが、その実中々の天然。有野の右腕としてゲームの攻略ヒントを伝授するなどで貢献した。しかし、彼自身もゲームはさほど得意ではないようで、手本を見せるはずが失敗することもしばしば。
第2シーズン1回目である『アトランチスの謎(FC)』を最後に番組を卒業、映画監督を目指し渡米した…はずなのだが、第2シーズン最終回にて早くも復帰、以降第3シーズンでもAPとして番組に参加している(「出戻り」という渾名はこの経緯から)。
なお、厳密には彼の前に『たけしの挑戦状(FC)』でADを務めた山田直喜がいるが、番組では基本的に彼が「初代」と呼ばれている。

【二代目】笹野大司

第2シーズン1回目の終盤で、東島と入れ替わる形で登場。
当初は遅刻しての登場だったためか、有野から過小評価されていたが、ゲーム操作の高い熟練度からたびたび有野の窮地を救う。凛々しい目鼻立ちと淡々とした性格も相まってか、有野から「最近のガンダムの主人公みたいやな」と言われたことも。
現在は芸能事務所テアトル・ド・ポッシュに在籍。俳優・佐藤浩市のマネージャーを務める。

【三代目】浦川瞬

第3シーズンから登場。
福岡県出身の博多っ子で、「1機やらしてもらってよかですか?」など博多弁のフレーズで知られる。一見おとなしそうだが、タレントである有野に対しても割りと遠慮がなく何事にも物怖じしない九州男児らしい肝っ玉の強さをみせる。ゲームに関しては番組参加以前まではほとんどプレイ経験がなかったらしいが、助っ人に抜擢以降はそのゲームセンスを開花させ活躍した。

【四代目】井上侑也

通称「イノコMAX」。第5シーズンから登場。
先代・浦川と同じく福岡県出身。番組内で得意なモノマネ(ビートたけし)を披露するも、あまりに頻繁におこなったため視聴者にFAXでお叱りをいただいたことがある。ゲームの腕前は有野と同レベルとも言われており、ここ一番に弱い。2プレイ可能なゲームの挑戦では、逆に有野の足を引っ張ってしまうことも。
第6シーズン終了後に浦川と共に番組を卒業するが、後に番組に復帰。ディレクター(後に班長)にも昇格し、体格も以前より恰幅がよくなったが、有野やナレーション(番組プロデューサー)からはよく演出のダメ出しをされる。スペシャル版での出張ロケでは何かと土地やシチュエーションに合わせたコスプレ姿で登場している。

【五代目】高橋佐知

通称「先生」
番組では初の女性助っ人AD。ゲームはそこまで得意ではないが、入念なロケハンにより本番では見事なプレイングを披露する努力家。また、教員資格を取得しているためか、ゲームのヒントや操作の説明が非常にわかりやすく、有野も彼女に指導された回はすべて挑戦を成功させている。ただし、絵はかなり独創的で、説明用に手書きのイラストを使用した際には有野から頻繁にツッコまれた。
教員になる夢から番組を卒業。2016年放送された『ワギャンランド2(FC)』の回にて有野宛に応援の手紙が届いており、現在は結婚して夫の都合で奄美大島に住んでいるとのこと。

【六代目】鶴岡丈志

第8シーズンで初登場。
真面目かつ理知的な性格をしているが、その実、ゲームで大きなミスを誘発したり収録中居眠りをしたりと大チョンボをしでかすことから、番組内では「歴代ADで一番出来の悪い」とレッテルを貼られたことも。第一志望は歌手であったらしく、番組卒業後は一時期ストリートミュージシャンとして活動。その後、ケーブルテレビ局J:COMに入社し、現在は課長を務めている。サブコーナー『仁義なき2Pプレイ マリオブラザーズ激闘篇』で再登場した際は、有野から以前より額が広がっていることを弄られ「ツル岡」と呼ばれていた。

【七代目】中山智明

第9シーズンで初登場。
腰が低く極度の人見知り。登場時から常に頭をペコペコと下げていたため有野から早速ツッコミを入れられた。あまりに頻繁であるためか、放送では彼が頭を下げるその都度SEを追加されている。推しの弱い性格とは裏腹に格闘ゲームが得意で、挑戦ソフトの候補の中に無いにもかかわらず『餓狼伝説スペシャル』を推したり、「たまゲー」内でAC版『鉄拳6』で有野と対戦後CPU戦をクリアしたり、続きを任された『スーパーストリートファイターIIX』を自腹コンティニューで続けたり、自宅で『ストリートファイターIV』を遊ぶ場面も放送された。プライベートでも時折格闘ゲーム大会に出場しているらしい。また歌も上手く、番組オリジナル楽曲である『ラストコンティニュー』を謳っており、カラオケ配信などでは歌手名が彼名義で登録されている。
現在は業界から離れ病院に勤務している…ハズなのだが、2017年配信の分家こと『ゲームセンターDX』にて「ナカヤーマ博士」なるキャラクターで出演。有野からも『仁義なき2Pプレイ』で共演した際にツッコまれたが、曰くオファーの際に「博士役」と聞かされて迷わず出演を承諾したらしい。

【八代目】江本紘之

通称「エモヤン」。第11シーズンから初登場。
ゲームの腕前も高く真面目な青年だが、時折トゲのある言動で有野を苦笑させる。在任期間中は挑戦が二日目延長となることが多く、その際は有野がクリア出来るように一つ二つ先の失敗を想定し、行き詰まった際のバックアップを用意する抜け目のなさをみせた。
第12シーズン第100回『レッキングクルー(FC)』を最後に、一身上の都合によりガスコイン・カンパニーを退社することを告げるが、二日目に延長となった挑戦に伴い卒業も一日延期し、有野を引き継いで一晩中ゲームをプレイし、最終面手前までステージを進める活躍をみせた。
現在は宝石商の仕事をしているが、時々客に顔バレするらしい。

【八代目】伊藤茜

江本と同じく第11シーズンから初登場。
女性としては二人目の助っ人AD。ゲームについては「入社して初めてゲーム機に触れた」らしく、基本的に彼女自身がゲームをプレイすることはなく、江本や片山といった男性ADに任せている。代わりに、美大出身者ということもあり画力が安定しており、推理ゲームの人物絵や自作の攻略本などでイラストを担当し挑戦のサポートを務めた。
第14シーズンに番組を卒業。現在は新宿のとあるショップで働いているらしい。

【九代目】片山雄貴

通称「片山きんにくん」「片きんくん」。第13シーズンから初登場。
ツリ目がちな目元と愛嬌ある笑顔が特徴。ゲームの腕前はそこそこだが、ときには緊張のせいでサポートのはずがミスを犯してしまうことも。推理ゲームでは何かと警官衣装で登場し「片山ポリス」とも渾名されるが、中期から体型が変わったため衣装がきつくなっていることを有野にツッコまれた。
第15シーズン終了後に番組を卒業。その後も何度かゲストとして登場するが、有野からはすっかり顔を忘れられ、その都度「誰?」と尋ねられていた。
第18シーズンからディレクターとして番組に復帰。

【十代目】高橋純平

通称デスラー。第13シーズンから初登場。
長身痩躯の男性で、よくカーディガンを着用している。普段は穏やかで物静かな青年であるが、実は大のAKBファンであり、たまゲーロケで訪問した駄菓子屋にあったAKBポスターくじやガチャポンでは推しの大島優子が出るまで粘り、ようやく引き当てた際には満面の笑みとともに絶叫する姿を見せている(このためか、彼の登場時は同グループの楽曲「会いたかった」が流される)。また、有野からは常々、言葉の中に上から目線な箇所が見られることを指摘されており、高難易度のゲームの挑戦時に「僕ですら苦戦した」という表現をしたため、有野から「デスラー」の渾名を付けられた。
第15シーズンでサポートADを卒業。その後は片山の跡を継ぎチーフADに昇格。その後第18シーズンにてディレクターに昇格した。

【十一代目】伊東篤志

第15シーズンに放送されたSP「有野課長30代最後の生挑戦」にて高橋率いる「カーディガンズ」の一人として初登場し、続く第16シーズンにてサポートADとして改めて登場した。初登場の際、その日着用していた胸に大きく「F」と刻まれたトレーナーを着ていたため、有野から「藤子・F・不二雄のファン?」とツッコまれ、以来そのイメージが定着してしまった。言葉遣いが非常に丁寧で礼儀正しく、有野へのアドバイスの際も他ADより一歩引いた場所から指示を送る姿勢が見られる。
第16シーズン後半にガスコイン・カンパニーを退社し、現在は印刷会社に営業マンとして勤務。2015年秋に高校時代から付き合っていた同級生の女性と結婚したことを報告した。

【十二代目】松井現

第16シーズン後半にて、先代伊東から後任者として紹介される形で初登場。
サポートADでは初の平成生まれ。なよなよしたオネエっぽい雰囲気を持つ温和な人物。ただし、『スーパードンキーコング2(SFC)』でのセーブ忘れに厳しい言葉を用いたり、『ノスフェラトゥ(SFC)』での有野に突破が無理そうな難関トラップでコントローラーを強引に取り上げたりなど、割りと強気なところもある。声掛けサポートの上手さに定評があり「松井ナビタイム」とも称されている。
第18シーズンにて別番組『VS嵐』に異動となり卒業。その後、第20シーズンで再びADとして番組に復帰するが以降は裏方に専念。クイズゲームの挑戦など極稀に他AD・ディレクターと混ざって登場している。

【十三代目】矢内英明

第18シーズンから松井を引き継ぎサポート役を務める。
茶髪のカーリーパーマと眼鏡が特徴の男性。学生時代はハンドボール部で、本人曰く出身地である福島県下では「ディフェンスマシーン」という異名を持っていたらしく、以後渾名として使用される。声量が大きく、有野がビックリする場面も多い。穏やかそうな見た目とは裏腹に、以前付き合ってた彼女に「死ね」と言われて別れたり、ブログに悪口を書かれたりなど、何かと人間関係でのいざこざが多いらしい。
第19シーズンにガスコイン・カンパニーを退社。その後の就職先として当初は北海道の牧場に務める話が上がっていたが、実は動物が苦手だったらしく、現在は東京の広告会社に就職したという。

【十四代目】大須賀良

通称「泥棒」。第18シーズンにて矢内欠席回に代理として初登場し、その後正式にサポート役に昇格。大柄な体格に白い歯を覗かせる笑顔が眩しい男性。有野からは細い目と恰幅の良い体型から「泥棒みたい」と呼ばれ、以降たびたび通称される。
第20シーズンでディレクターに昇格し、以降番組の演出を担当することも。スペシャルの四国ロケで、有野がクレーンゲームの景品でゲットしたパンティを被らされた上、店主にバッチリ撮影されてしまう(その後も何故かずっと被ったままだった)。後の第21シーズン『激写ボーイ(PCE)』で有野が本物のカメラでシャッターチャンスをとらえる練習をした際も、被写体として例のパンティ仮面スタイルで登場した。

【十五代目】渡大空

通称「(渡の)兄貴」。第20シーズンより初登場。
自己紹介の際、「渡哲也と同じ渡」と自己紹介したため(加えて初登場した際の挑戦ソフト『超兄貴(PCE)』とも掛けて)「兄貴」の通称で呼ばれる。登場時にはドラマ『西部警察』のメインテーマが流れることも。見た目とは裏腹に渋めの低い声が特徴。
第21シーズンに番組を卒業し、地上波の番組に異動となった。

【十六代目】加賀祐太

通称「シェイシェイ」もしくは「学生」。第21シーズンにて、卒業する渡から紹介される形で初登場。挑戦ゲームである『熱血硬派くにおくん(FC)』に合わせ学生服で登場したのを皮切りに、以降もたまゲーなどの野外ロケでも学生カバンを携行したり、高校時代の体操服を着たりと(何故か)学生キャラを一貫させている。切れ長の細目のせいか、有野からは中国人っぽいという理由で出会い頭に「謝々(シェイシェイ)」と挨拶された。因みにカラオケの持ちネタ爆風スランプの「Runner」。色白で虚弱そうな外見から想像できないサンプラザっぷりに制作陣だけでなく同席した一般客も驚いていた。

ナレーター

武田祐子

フジテレビアナウンサー(当時)。主に「たまゲー」やドキュメントと銘打たれた回でナレーションを務めた。基本的には他のスタッフとは異なり番組そのものへの出演はかなり少ない。第15シーズン途中~16シーズンは産休のため一時降板していたが、第17シーズンで復帰(この間、第15シーズンでは梅津弥英子アナ・斉藤舞子アナが、第16シーズンでは田代尚子アナが武田のナレーションを代行した)。第20シーズンの最終回(2017年3月16日放送分)のラストに登場し、フジテレビの退社と番組卒業を発表した(後任は山中章子アナ。その後、第21シーズンのSP放送『ゲームセンターCX on 太平洋』内の、たまゲーのコーナーのナレーションで一時的に復帰している)。フジテレビ退社後はフリーアナウンサーとしてNintendo公式チャンネルにて配信の『よゐこのマイクラでサバイバル生活』でナレーションをしている(が、理由は不明だが一貫してノンクレジットである)。


その他

ゲーム展開

当番組をモチーフにしたゲームが、現在までで3作発売されている。販売元はナムコ(現バンダイナムコゲームス)。

  • 『ゲームセンターCX 有野の挑戦状(DS)』
  • 『ゲームセンターCX 有野の挑戦状2(DS)』
  • 『ゲームセンターCX 3丁目の有野(3DS)』

まさかの劇場版

2014年2月22日には、劇場版『ゲームセンターCX THE MOVIE』が公開。内容は「(有野)課長の挑戦」とドラマをミックスさせた劇映画。番組スタッフやゲームクリエイターが隠れキャラとして多数出演している。

派生番組

任天堂Youtube公式チャンネルにて、『有野の挑戦状 特別編』と題して、同社のゲームタイトルを題材とした特別編が配信される。中には当時の任天堂社長である故・岩田聡氏の『社長が訊く』とのコラボとして共演も果たした。

また、2015年から同チャンネルにて有野の相方・濱口優が「エグゼクティブディレクター」として任天堂の最新ゲームタイトルを紹介する『ゲームセンターDX』が配信されている。以前有野は「レトロゲームばかり挑戦してるから、最新のゲームができなくなっている」と語り、同時に「新しいゲームをやったら、相方の濱口の方が上手いと思いますよ」とも言っていたため、それが反映された企画ともいえる。ただし腕前はあまり良いとは言えず、有野と同レベルの可能性もある。

濱口とコンビでマインクラフトに挑戦する『よゐこのマイクラでサバイバル生活』も同様に配信されている。リアルでもゲームでも無人島生活に挑戦することとなった。本編中では表記や言及はなされていないが、これらの番組もガスコイン・カンパニー井上班の制作である。

関連タグ

フジテレビ
バラエティ番組 ゲーム(レトロゲーム)
有野晋哉/有野課長 よゐこ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲームセンターCX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 912960

コメント