ピクシブ百科事典

ワンダーモモ

わんだーもも

ナムコより発売されたアクションゲーム。
目次[非表示]

1987年にナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)からリリースされた業務用のアクションゲーム「ワンダーモモ」及びそのイラストにつけられるタグ。

概要

ナムコシアターの人気舞台劇『ワンダーモモ』上演中という設定で進む横スクロールアクションゲーム。

ロリコット星からやってきた正義の変身ヒロインモモを操作し、ワンダーモモに変身して地球の平和を乱す悪の怪人軍団ワルデモンと戦う全4話16ステージの活劇。ヒーローショーとアイドルショーを融合したような独特な世界観とノリが話題を呼び、ギャルゲーの先駆けとして、そして80年代末期におけるナムコ黄金期の終息の象徴として、良くも悪くも評価されている作品である。

なお、主人公のモモは変身前、変身後ともミニスカートでアクションをするため、ジャンプしてパンチラ、キックしてパンチラ、転んでパンチラ等、多彩なパンチラパターンを披露する。
更には客席からローアングルで撮影されると、スカートを押さえてへたり込んでしまう等、パンチラへのこだわりは半端無い。

ゲームへの評価は賛否両論ながらモモはカイワルキューレ(およびアチャフェリオスアルテミス)と並んで80年代のナムコを代表する人気女性キャラクターの1人となり、2005年に旧ナムコからリリースされたシミュレーションRPG『namco×CAPCOM』にも出演している。その後に2011年にPSP用ソフト『クイーンズゲイト スパイラルカオス』にも参戦。

そして2017年、ワンダーモモは誕生から30周年を迎えた。

移植版

1989年:PCエンジン(後にWiiバーチャルコンソールでリリース)
1997年:プレイステーション(『ナムコミュージアムアンコール』に収録)
2009年:バーチャルコンソールアーケード(業務用の完全移植版)

トリビア

  • 概要にある通り『ワンダーモモ』は『人気アイドル神田桃が主演の舞台劇(即興劇)』という設定であり、アーケード版リリース当時のゲーム雑誌でもモモへのインタビュー形式でゲームが紹介されていた。
  • アイドルマスターシリーズ』において『765プロ』の高木社長がかつてプロデュースしたアイドルがモモという設定が加えられ、公式で『アイドルマスター』に登場するアイドルキャラ達の先輩と位置づけられるようになった。
  • モモのスリーサイズはバスト82、ウェスト57、ヒップ84。ソースはPCE版のステージデモ(本編と繋がりの無いプライベートビデオ)に登場したハマヤドカリさん。「よかおなごじゃ」。
  • 初期の頃は一人称は「モモ」だったが『namco×CAPCOM』に登場時はナムカプに『ゼノサーガ』が参戦しているため、M.O.M.O.との区別のためか「私」に変更されている。


その他

BGMのリミックスバージョンがアリカ開発による音楽ゲーム『テクニクビート』に収録されており、2008年にリリースされたサウンドトラックに収録されている。

アイドルマスターには彼女の衣装を元にしたアイマス衣装「ワンダーモモ」が登場している。

namco×CAPCOMではベラボーマンから超変身物質をわけてもらった事で、本当にワンダーモモに変身して戦う。

関連タグ

ナムコ レトロゲーム
神田桃 特撮ヒロイン アマゾーナ

namco×CAPCOM ナムコクロスカプコン ナムカプ
川澄綾子namco×CAPCOMでの声優。ちなみに、川澄氏はワルキューレの冒険のサビーヌも兼ね役で担当している。)
超絶倫人ベラボーマン

ワンダーオオしあわせのかたち
ワンダーモモーイ 桃井はるこスパイラルカオスおよびアニメ版神田桃声優
クイーンズゲイトスパイラルカオス
アイドルマスター

藤原侑香(二代目モモ・神田モモコ(神田桃の娘)の声優

イベント系タグ

ワンダー桃の節句

pixivに投稿された作品 pixivで「ワンダーモモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1878460

コメント