2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ストーリー

昭和の高度経済期の頃の日本を舞台に、突如ヒーローへの変身能力を与えられたしがないサラリーマン、中村等を操り、銀の力(100円玉)と超変身物質の力でベラボーマンとなって、悪の科学者、爆田博士率いるロボット軍団と戦うヒーローアクションゲーム。

概要

1988年ナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)からリリースされた業務用のアクションゲーム、超絶倫人ベラボーマンのイラストにつけられるタグ。

和風アクションゲームの傑作と名高い「源平討魔伝」の製作チーム、通称「源平プロジェクト」が制作に携わっており、ボタンを押す強弱により、攻撃の強弱やジャンプの高さに変化をつける「ベラボースイッチ(タッチレスポンススイッチ)」と呼ばれる独特の操作仕様、そしてノスタルジックな世界観や珍妙でユニークかつ多彩なキャラクターが大きな話題となった。
地上で戦うアクションステージと、海底で戦うシューティングステージが存在する。
全32ステージあり、業務用ゲームなのに攻略に1時間以上を要する。

業務用は日本のみの発売であるが、PCエンジン版は「Bravoman」のタイトルでアメリカでもTurboGrafx-16(アメリカ版PCエンジン)用に発売されている。

その後、2005年発売のシミュレーション RPGnamco×CAPCOM」に主人公ベラボーマン(CV:稲田徹、原作では梅津秀行)と多数の敵キャラが出演した。

爆田博士は声優の飛田展男が演じていたが、ボイスチェンジャー等の機械を使って収録していた。

2013年、全編英語でwebアニメが製作された(タイトルはBravoman、日本語は字幕のみ)。

超絶倫人

よくネタにされる肩書だが、「絶倫」とは「すごい」と言う意味でしかない。
エロい意味になるのは「精力絶倫」(精力がすごい)と書いた場合のみである。
(尤も「精力的に働く」と言う言葉があるように、「精力」の方も本来はエロい意味ではないのだが)
なお設定的には「超絶的に倫理的な人」の略とかなんとか。

関連イラスト

わや姫
ワシが爆田博士じゃ



移植版

  • 1990年:PCエンジン版 (攻撃の強弱は、ボタンを押す長さで変化:2007年5月22日よりWiiのバーチャルコンソールで配信)
  • 2006年:Let’S! TVプレイCLASSIC ナムコノスタルジア3(未発売)
  • 2009年:バーチャルコンソール アーケード版(2009年10月6日より配信開始)
  • 2010年:携帯アプリ PCエンジン版(2010年10月28日より配信開始)


関連タグ


外部リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

ナムコ なむこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「超絶倫人ベラボーマン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「超絶倫人ベラボーマン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156161

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました