ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ドラゴンズレア
5

ドラゴンズレア

5

どらごんずれあ

シネマトロニクスが販売したレーザーディスクゲーム(LDゲーム)。および、それを元に開発されたアクションゲーム。

概要

1983年アメリカシネマトロニクス社が開発し、アーケードにて稼働開始。

LDゲームの先駆け的存在であり、元ディズニー所属のアニメータードン・ブルース」監督による滑らかなアニメーションは高く評価されているが、激ムズゲームとしても有名。

ゲーム自体は高難易度ながら高クオリティのアニメーションなどがウケて人気作品となり、翌年の1984年には製作スタッフはほぼそのままで宇宙を舞台とした『スペースエース』が、1991年にはアーケード版ドラゴンズレアの純粋な続編として『ドラゴンズレア2』がそれぞれアーケードで稼働開始し、どちらも各機種に移植されている。


本作は多くのハードに移植されたが、ファミコンスーパーファミコンゲームボーイなどの初期のゲーム機に移植されたものはハードの制約から純粋なアクションゲームになっている。

その後登場したメガCD3DOなど、CD-ROMを採用したゲーム機ではアーケード版に忠実な移植が行われている。

※例外として、2000年CAPCOM USAから発売されたGBC版(日本未発売)は無茶移植とも言うべき技術でAC版の移植を実現している。


後年ではHDリマスター化されDVDブルーレイ版も発売され、2020年にドラゴンズレア2とスペースエースとセットになった『ドラゴンズレア トリロジー』がNintendo SwitchPS4にて発売された。

Netflixで実写映像化が決定した。


ストーリー

主人公の「ダーク」が、邪悪な魔法使い「モードロック」によってさらわれた王女「ダフネ」を救い出す物語。


主なキャラクター

  • ダーク

本作の主人公。西洋の騎士風の服装をしている。

他のキャラクターは台詞があるのに対し、彼はゲーム中では基本的に叫び声などしか出さない。

続編ではダフネと結ばれ子宝に恵まれている。

  • ダフネ姫

本作のヒロイン。モードロックに拐われたしまった彼女を救うのが本作の目的。

続編ではダークと結ばれた事が明かされ、彼女似の子供も登場する。

  • モードロック

本作の黒幕で魔法使い。

直接登場するのは続編からである。


NES・ファミコン版の問題点

ハードの制約からアクションゲームとして提供されたNES・ファミコン版は様々な問題点を抱えており、クソゲーとして名を馳せることとなった。問題点は下記の通り。

  • 主人公のダークが「ゲーム史上最弱主人公」と言われる、とてつもなく貧弱(何の変哲もないに当たって死んだり、敵のに当たっただけで白骨と化して死ぬ)。自機のグラフィックが大きいので、あたり判定も物凄く広い。
  • ダークの動きが遅い(NES版はファミコン版より更に遅い)。
  • ダークの武器は投げナイフ(無限に投げられる)だが、射程距離が短いうえ、ヘロヘロの軌道を描くため遠い所にいる相手に当てづらい。
  • HPがあるが、ほとんどは即死要素なのであまり意味はない。更に、HPは制限時間も兼ねている。
  • 操作性が非常に悪い(ジャンプが斜め↑。十字ボタンでこれは……)
  • こんなゲームにもかかわらずコンティニューは無い。裏技を使えば残機30機で始められるが、ステージの構造を熟練しておかないと、結局意味はない。
  • ある事をすると、ラスボスが消える。
  • エレベーターで降りる階を間違えると詰む。

余談

  • ファミコン末期に発売された為か、グラフィック、BGMはクオリティが高い。
  • 王女ダフネの服が無駄にセクシー。
  • NES版はファミコン版よりも極端に難易度が高い。
  • ↑のPAL型は、操作性が良く、追加要素もある。もちろん難易度調整もされている。
  • もちろんゲームボーイ版、スーパーファミコン版も激ムズである。

関連タグ

シネマトロニクス レーザーディスクゲーム スペースエース みんなのトラウマ

忍者ハヤテ宇宙戦艦ヤマトタイムギャル…本作の影響を受けて製作されたタイトー製のLDゲーム

ファミコン版の関連タグ

クソゲー 伝説の死にゲー

概要

1983年アメリカシネマトロニクス社が開発し、アーケードにて稼働開始。

LDゲームの先駆け的存在であり、元ディズニー所属のアニメータードン・ブルース」監督による滑らかなアニメーションは高く評価されているが、激ムズゲームとしても有名。

ゲーム自体は高難易度ながら高クオリティのアニメーションなどがウケて人気作品となり、翌年の1984年には製作スタッフはほぼそのままで宇宙を舞台とした『スペースエース』が、1991年にはアーケード版ドラゴンズレアの純粋な続編として『ドラゴンズレア2』がそれぞれアーケードで稼働開始し、どちらも各機種に移植されている。


本作は多くのハードに移植されたが、ファミコンスーパーファミコンゲームボーイなどの初期のゲーム機に移植されたものはハードの制約から純粋なアクションゲームになっている。

その後登場したメガCD3DOなど、CD-ROMを採用したゲーム機ではアーケード版に忠実な移植が行われている。

※例外として、2000年CAPCOM USAから発売されたGBC版(日本未発売)は無茶移植とも言うべき技術でAC版の移植を実現している。


後年ではHDリマスター化されDVDブルーレイ版も発売され、2020年にドラゴンズレア2とスペースエースとセットになった『ドラゴンズレア トリロジー』がNintendo SwitchPS4にて発売された。

Netflixで実写映像化が決定した。


ストーリー

主人公の「ダーク」が、邪悪な魔法使い「モードロック」によってさらわれた王女「ダフネ」を救い出す物語。


主なキャラクター

  • ダーク

本作の主人公。西洋の騎士風の服装をしている。

他のキャラクターは台詞があるのに対し、彼はゲーム中では基本的に叫び声などしか出さない。

続編ではダフネと結ばれ子宝に恵まれている。

  • ダフネ姫

本作のヒロイン。モードロックに拐われたしまった彼女を救うのが本作の目的。

続編ではダークと結ばれた事が明かされ、彼女似の子供も登場する。

  • モードロック

本作の黒幕で魔法使い。

直接登場するのは続編からである。


NES・ファミコン版の問題点

ハードの制約からアクションゲームとして提供されたNES・ファミコン版は様々な問題点を抱えており、クソゲーとして名を馳せることとなった。問題点は下記の通り。

  • 主人公のダークが「ゲーム史上最弱主人公」と言われる、とてつもなく貧弱(何の変哲もないに当たって死んだり、敵のに当たっただけで白骨と化して死ぬ)。自機のグラフィックが大きいので、あたり判定も物凄く広い。
  • ダークの動きが遅い(NES版はファミコン版より更に遅い)。
  • ダークの武器は投げナイフ(無限に投げられる)だが、射程距離が短いうえ、ヘロヘロの軌道を描くため遠い所にいる相手に当てづらい。
  • HPがあるが、ほとんどは即死要素なのであまり意味はない。更に、HPは制限時間も兼ねている。
  • 操作性が非常に悪い(ジャンプが斜め↑。十字ボタンでこれは……)
  • こんなゲームにもかかわらずコンティニューは無い。裏技を使えば残機30機で始められるが、ステージの構造を熟練しておかないと、結局意味はない。
  • ある事をすると、ラスボスが消える。
  • エレベーターで降りる階を間違えると詰む。

余談

  • ファミコン末期に発売された為か、グラフィック、BGMはクオリティが高い。
  • 王女ダフネの服が無駄にセクシー。
  • NES版はファミコン版よりも極端に難易度が高い。
  • ↑のPAL型は、操作性が良く、追加要素もある。もちろん難易度調整もされている。
  • もちろんゲームボーイ版、スーパーファミコン版も激ムズである。

関連タグ

シネマトロニクス レーザーディスクゲーム スペースエース みんなのトラウマ

忍者ハヤテ宇宙戦艦ヤマトタイムギャル…本作の影響を受けて製作されたタイトー製のLDゲーム

ファミコン版の関連タグ

クソゲー 伝説の死にゲー

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー