ピクシブ百科事典

目次[非表示]

かつて フジテレビ
無駄な知識を紹介する バラエティ番組があった。

へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~……

本当にそんな番組があったのか。実際に聞いてみた

trivia(トリヴィア)というのはくだらない事・顛末な事・些細なこと・無駄知識のことであり、
それにイタリアのトレビの泉を掛け合わせたのが、「トリビアの泉」である。正式な名称は「トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜」であるが、専らサブタイトルは省かれ「トリビアの泉」ないし「トリビア」と呼ばれる。この記事でもそのように呼称する。
コンセプトは「明日人に教えたくなる」ような話題の提供である。司会者の八嶋智人高橋克実が紹介する一般人(ごく稀に芸能人)から提供されたトリビアにゲストがどれだけ感銘を受けたかをへぇボタンを押した回数で審査する(一人20へぇ)。ほとんど審査員は5人だが、特番になると2倍の10人になる事もある。
「正式な場でトリビアを品評する」のをコンセプトとするため、司会、レギュラー、ゲスト全員が正装で参加するのが決まりとなっている。また、少しでも品のある構成になるよう他の番組と比べテロップも最小限に抑えられているのも特徴。

ナレーションは長年、昭和ライダーでお馴染み中江真司が担当していた。深夜版では少し抑揚の付いたナレーションだったが、ゴールデンに移行すると一転して、どんなに派手な場面であろうとツッコミどころ満載であろうと実に淡々と事実を読み上げるシュールなナレーションに転換し、人気を集めた。トリビアの泉といえばこの人の声というイメージを持つ人も多いのではないだろうか。トリビアの泉のナレーションは氏の晩年を代表する仕事でもあり、体調不良からか2005年に入ると提供されたトリビアが何へぇを獲得したかのナレーションが省略される回も目立っていった。そして2006年9月の番組終了から一年足らずの2007年6月に逝去した。
その後に製作されたスペシャル版のナレーションは大友龍三郎窪田等らが担当している。

また、レギュラー放送末期から単発特番初期の頃には有名アニメのキャラクターが副音声として登場し、ナレーターとともにトリビアを読み上げる企画もあった(他局の人気アニメの場合、シルエットがかかる)。当時のプライムタイムでこんなにオタク狙い商法をやったのは珍しく、何気にこの番組が先駆者だったりする。

はい、たしかにフジテレビには、トリビアの泉という番組がありました。それはpixiv百科事典に掲載されています。

2002年10月に深夜番組として放送開始。深夜帯ながら視聴率が5%を越える人気を博しており、2003年7月からレギュラーに品評会会長としてタモリを加えゴールデンに進出。
「トリビアの泉」がメインコーナーで雑学紹介をメインとしながら、番組内の実験や調査で新しいトリビアを生み出す「トリビアの種」や、巷ではびこっている間違った知識(=ガセネタ)を是正する「ガセビアの沼」というミニコーナーもやっていた。

ちなみに

番組にトリビアが採用された投稿者はへぇ×100円の賞金がもらえる他、ゴールデン移行後は80へぇを超えたものは品評会会長のタモリの気まぐれによる粗品が提供された(ゴールデンに移行した2003年7月2日の初回放送は80へぇに満たなくても粗品が提供されていた)。
番組内で最も高いへぇを獲得したトリビアには賞金の他にメロンパン入れにもなる金の脳がプレゼントされる。次いでへぇの数値に関係なく番組内で高橋克実が気に入ったトリビアには金の脳をミニチュア化した銀の脳(5つ集めると金の脳と交換)がプレゼントされた。
そして、番組内で100へぇ(審査員が10人の場合は200へぇ)を記録したトリビアの投稿者には10万円がプレゼントされる…というルールだったが、番組通して100へぇを記録したトリビアが出る事は1度もなかった(ただしできるかなノッポさんに関するトリビアで99へぇを叩き出したことはある)。ゴールデン移行後に至ってはタモリが満へぇを一度も出した事がなかった(最高18へぇ)ため無理な話でもあったが…(ちなみに200へぇ満点中のトリビアでその半分の100へぇが出たことはある)

この番組の本質はなんと言ってもトリビアの検証や再現などにおいて、経費と労力を使いまくる無謀とも言える試みである。その大真面目に馬鹿をやる姿勢が番組の売りとなり、大きな人気を博した。進出直後は平均20%超を誇る高視聴率をマークし、21世紀のおばけ番組として君臨していた。

トリビアの泉は、伝説になっていた

しかし、放送が続くにつれ流石にネタ切れ感が否めなくなり、次第に空目空耳、犬猫ネタへの依存、トリビアの種のメイン化、かつて自局の番組でも蘊蓄として取り上げた事のあるネタ(「ラブマの法則」など)の掘り下げ、テロップ過多などに走るようになり、番組の質の低下が目立つようになっていった。ただ、最後までワイプ画面を出さなかったのはこの番組の良心であった。
ゴールデン時代の時点でまだ知られていなかったトリビアもいっぱいあったし、後年の雑学番組で新たに取り上げられたトリビアも複数ある。

それでもレギュラー放送最終年となる2006年度は平均14.0%とまずまずの視聴率をキープしていたが、前述の「ネタ切れ状態」が週1回の放送に耐えられない状態となってしまった、とのスタッフ判断により、同年9月にレギュラー番組としての放送を終了することが決定。その後は単発特番として放送されるようになった。
単発特番としては、不運にも裏番組に「家政婦のミタ」の最終回が放送された回こそ8.0%と事故ったが、正月特番として放送された回を除き毎回15%以上の高視聴率を取りつづけており、その人気の高さは現在も衰えていないが、2012年の10周年スペシャルを最後に特番は放送されていない。かつての人気番組ゆえ力はあるはずなのだが…なにかな事情があるのかもしれない。

2021年現在、番組は8年以上音沙汰がないものの現在でも根強い人気があり、動画サイトでは過去に放送されていたトリビアが大量にアップロードされているがもちろん番組自体のアップロードは違法

補足トリビア

番組が与えた影響

  • 2003年12月10日の放送で、「比内鶏を食べると逮捕される」という「トリビア」が紹介されて以降、それまでメディアで「比内鶏」としていたもの(食用鶏)は全て「比内地鶏」と掲載されるようになった。
  • かつて『ひらけ!ポンキッキ』で放送されていた『たべちゃうぞ』という楽曲は、かなりの短期間で放送中止になったこともあり、そのまま超マイナーな楽曲になると思われていたが、当番組で「ガチャピンが子供を食べようとする歌がある」として紹介されたことで一気に脚光を浴びることになり、アルバムに収録されたりカラオケ配信されるようになるなど、現在ではポンキッキを代表する楽曲になっている。


君の心には“へぇ~”はあるか

最終回のトリビアの泉SP「君の心には“へぇ~”はあるか」にて特別に作成された冒頭アニメーションがあった。
近未来、都市を前に立つレギュラー達、会話がメタ発言。
そんなところなぜか背を向けると砂漠で一人泣きじゃくる少女。
彼女を慰めるために教えたトリビア、『小便少女もいる』(トリビアNo.1)

その少女の姿はどう見てもじゃりんこチエ・・・しかもきれいな姿。
さらに流れてゆくBGMは『風の谷のナウシカ』…

詳しくは外部検索サイト、および動画サイトで「トリビアの泉 op ナウシカ」で検索してみよう。

検証VTR

ゴールデン進出後は無駄に力を入れる演出が多く、検証VTRに有名漫画家を起用したり、大物タレントが出演したこともある。また、お金をかけてさらっとギネスを更新したり世界初、日本初の試みをやってのけたこともあった。
例として・・・

金の種、検証VTR
  • 警護官・内田晋三」…「踊る大捜査線」に出たモブでどこまでスピンオフ作品ができるか?
  • 実験「サザエさん」OP…ノラ猫はどの大きさの魚まで咥えられるのか?
  • 実録!!斬鉄剣…日本刀はどこまで銃撃に耐えられるのか?機関銃との対決まで行われた。
  • 忠犬物語…雑種の飼い犬は崖から落ちそうな主人を助けられるか?雑種の飼い犬は悪漢に囚われた主人を助けられるのか?などいくつかのシリーズにわかれる。
  • 超巨大ゴム鉄砲…直径10メートルの輪ゴムはどこまで飛ぶのか?
  • 対決!!防弾ガラスVSバズーカ…究極の「矛盾」を制するのはどちらか?

司会

ネットでトリビアの司会が決定する経緯として「当初の司会は高橋克典を起用する予定だったのがプロデューサーの勘違いで高橋克実を呼んでしまったせいで八嶋智人・高橋克実になった」というネタが吹聴されてるが、これはガセである。
そもそも両者とも同じ事務所所属であり、共演舞台『おかしな二人』をたまたま見ていたフジテレビのプロデューサーが二人のやり取りを気に入ったことで同時に抜擢されたため、初めから八嶋智人・高橋克実コンビで話が進んでいた。

動画の視聴者投稿だが、No.262「ベルリンの壁は一人の男の勘違いで崩壊した」にて高橋克実が、「ちなみにですね、私達がここにいるのはプロデューサーの大きな勘違いです」と〆ていたが、もちろんジョークである。

ただ、この番組の影響もあって本業は役者である八嶋・高橋コンビの二人が視聴者からお笑いコンビか何かだと勘違いされることも多かった。
八嶋氏に至ってはその後の水10内の「ココリコミラクルタイプ」でもコントのレギュラーとして出演していたため無理もない話ではあるが…

2018年と19年の格付けチェックでも八嶋・高橋コンビが共演した際は他局にも関わらず「チーム・トリビアの泉」と名付けられたことからもこの番組の影響力の強さが窺える。

版権ネタ

放送されたトリビアは、版権ネタに関してはかなり偏りがち。
特撮においてはウルトラマン仮面ライダー戦隊シリーズ全てが紹介されているが、その中でもウルトラマンのトリビアは特に抜きん出ている。
またスポンサーに任天堂がついていたものの、マリオシリーズポケモンといった代表作のトリビアはまったく紹介されなかった。
サンライズ作品に関しても版権が厳しかったのか、ガンダムシリーズのトリビアが取り上げられることも皆無だった。ただしNo.333「ミツバチは巣にスズメバチが侵入すると蒸し殺す」で翔べ!ガンダムがBGMに使われたことはある。

関連タグ

フジテレビ タモリ
高橋克実 八嶋智人 荒俣宏 中江真司
金の脳 トリビアの種 ガセビアの沼
まつざきしげるいろ こんとんじょのいこ ファミコマンドー竜
公式が病気 やってみた

チコちゃんに叱られる!」(NHK)…「トリビアの泉」を手がけた小松純也氏がプロデューサーを務めておられることから、ある意味、正当な後継者といえる。

まんが水戸黄門」:同アニメのOPが一時期この番組のEDに使われる。番組内でも紹介された。

関連記事

親記事

フジテレビ ふじてれび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トリビアの泉」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トリビアの泉」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1055233

コメント