ピクシブ百科事典

じゃりン子チエ

じゃりんこちえ

はるき悦巳原作の漫画、大阪を舞台にしたことで知られる。
目次[非表示]

うちは日本一不幸な少女や

『漫画アクション』で連載されたはるき悦巳原作の漫画、大阪市の架空の下町「頓馬区西萩」を舞台とした作品(モデルは作者が幼少時に育った西成区花園北あたり)。1979年から1998年にかけて連載され、アニメ映画化と二度のテレビアニメ化、さらに舞台化がなされている。

無職でケンカと博打にあけくれる父親テツと、別居中の母親ヨシ江をもつ少女「竹本チエ」が主人公で、彼女が働くホルモン焼き屋「チエちゃん」の周囲で起こる様々な騒動を描いている。離縁していた妻のヨシ江は序盤で帰って来た(当初は戻ってくる予定はなかったらしいとか)ものの、テツのヤクザも恐れない喧嘩好きは改まることはなかった。

人情コメディーと呼ばれ、ヤクザが出てきたりする物騒な世界にもどこかしら温かみが感じられるものとなっていた。特に連載初期は劇作家の井上ひさしなどからも絶賛され、社会現象と呼ばれるほどだった。コミックスは全部で68巻、累計3000万部を売り上げる。

大阪を舞台としたとあって、コテコテの大阪ワールドが展開されるが、独特なのは猫達が二本足で歩き人間と同じ思考で会話、行動(例外を除いて人間との意思疎通は出来ない)をしており、竹本家で飼われる「小鉄」を題材としたスピンオフ作品も登場している。また、人間は猫の言葉を理解できないのに、猫らは人間の言葉を理解できるのも、面白い世界観を作っている。

アニメ映画化された際は、大阪ということだけあって、主要キャラに吉本興業を中心とするオール関西有名芸能人という陣容で声優を固め(『紳助・竜介』『やすきよ』と言った当時の漫才ブームの立役者から、芦屋雁之助、鳳啓助、京唄子といった大御所レベルが務めている)、特に西川のりおは、テレビアニメ版でもテツ役で声優を務めるなど評価は高い。テレビ版では、テツとチエ以外の多くのキャラクターのCVは変更されているが、基本的に関西圏出身の声優俳優女優お笑い芸人コメディアン子役が中心に起用されている。

また、この作品は背景などにスクリーントーンを使わず、連載途中まで作者本人と同じく美大卒の奥さんの二人三脚で漫画を描いていたことで知られる。また、ストーリーはあたかも演劇の台本のような演出を意識していた。そのため、劇中にはネーム(セリフ)がかなり多い。そのストーリーも、ある程度は行き当たりばったりだったらしく、それでも結局キャラクターが絵の中で演じることによって、最終的には作者自身が納得する展開に至っていたという(例として、ミツルの仲人の話では、当初テツが大ポカをやらかす予定だったらしいが、描いてるうちに、皆から拍手が送られる成功をしていた、など)。

登場キャラクター

竹本家の人々

竹本チエ
人間側の主人公。「ホルモンチエちゃん」を営む小学5年生の少女。活発で喧嘩っ早く、下駄が武器。ポッチリという赤い玉の髪留めがトレードマーク。普段は白のシャツに黒地のスカートという地味なかっこうをしているが、母のヨシ江が作ってくれた一張羅もよく似合っている。

テツに似ていると思われることにコンプレックスを抱いていたが、小鉄は母親似だと思っていた。

竹本テツ
人間側のもう一人の主人公。チエの父。「ホルモンテッちゃん」を放っぽり出して博打や喧嘩に明け暮れる日々を送る、いわゆる「プータロー」。トレードマークは黒シャツと草鞋。

竹本ヨシ江
チエの母・テツの妻。別居していたが、戻ってくる。洋裁講師を務め、夜は家事と家業手伝いにも勤しむ良妻賢母で、テツも彼女には頭が上がらない。なぜかテツにぞっこんであり、付き合い始めた頃からテツを積極的にリードしていく世話女房タイプ。劇中随一の美人であるが、立場が立場だけに顔が崩れることもしょっちゅう。両親とは子供の頃に死別しているが、その辺りは劇中で触れられていない。

見た目は楚々としているが、チエの母親だけあって足は恐ろしく速い。馴れ初めは地区のリレー大会でお互いアンカーを務めたこと。後にテツからリベンジマッチの申し出を受けるが、実行委員を務めた拳骨が「テツがお前に逢いたがっている」とだけ伝えてしまったため、デートの誘いと勘違いしてしまったことから。

竹本菊おバァ
チエの祖母・テツの母。同じくホルモン屋を経営し、チエちゃんの店の経理関係も受け持っている。老齢ながらも空手などで鍛えた強烈で衰えない腕力を有し、破天荒なテツを懲らしめる。若い頃は自分を周囲に西萩小町と呼ばせるなど美人と思っており、写真写りが悪いと色々変な言い訳をしている。

おジィ
チエの祖父・テツの父。氏名は不明。婿養子。心臓が弱く、しょっちゅう過呼吸気味になる。テツには甘いため、しょっちゅう金をせびられるせいで妻の菊に咎められていることが多い。トレードマークは眼鏡とタバコ。

周辺の人々

花井拳骨
テツの小学校時代の恩師で、また二人の仲人。現在は文筆業を営みつつ悠々自適な生活をしている。現在でも交流が続いており、遭う度に「テツ!!」とよく怒鳴り散らすのが常で、テツが頭が上がらないキャラの1人。若い頃はアマチュア横綱。

百合根光三
バクチ屋「遊興倶楽部」の社長だったが、テツの所為で店がつぶれてからは足を洗ってお好み焼き屋稼業に。愛猫家で、アントニオと彼の死後は息子のアントニオJrを溺愛している。元は妻子がいたが、離別した後に離婚を言い渡される。実は旅館経営者の御曹司でもあり、使用人であったお丸からボンボンと言われる。

丸山ミツル
テツの悪友で警察官。昔はヤンチャしてたが今は真面目。若い頃はヨシ江が好きだった。山下ノブ子という職場の同僚と結婚し、1児を儲ける。

カルメラ兄弟
チンピラ2人組み。初期はカルメラ焼きの屋台を引いていた。テツにカツアゲされたりするなどの不幸に遭い続けたが、後に中華料理屋を営み、二人共妻子持ちとなる。

チエの学校関係者

花井渉
チエの担任で花井拳骨の息子。本作では珍しく標準語で話すが、それは東京に赴任していた時期が長かったため。テツによく弄られている。東京で知り合った向井朝子と結婚、アキラという息子を儲ける。母親似で運動神経は鈍いが、誠実な点から教師としてチエたちを見守る。

花井朝子
ショートカットで、活発な女性。花井渉夫人。彼女とは東京で知り合ったため、彼女も標準語。テツを気に入っており、しょっちゅうちょっかいを出している。

小林マサル
チエのクラスメイトで学級委員。運動神経は鈍い。よくチエをバカにしては返り討ちに遭う。富裕層のボンボンであり、しょっちゅう自慢したりすることも。実はチエのことが好きなツンデレ。

タカシ
チエのクラスメイトでマサルの腰巾着。実は運動神経はいいのだが、マサルのために気を遣っている。

平山ヒラメ
チエの親友。名前の通りヒラメ顔で、チエ同様マサルには容赦がない。府大会で金賞を獲るほど絵心がある一方、歌唱力はジャイアン級。運動神経は鈍い方だが、腕っぷしは強く、女だてらに相撲好き。

天野コケザル
テツの友人の息子。チエの一つ下で、いっぱしの不良少年。チエのことが好きだが、マサルと同じく素直になれないひねくれ者。パチンコの腕はプロ並み。

米谷里子
転校生。愛称はサッちゃん。チエ・ヒラメと親友になり、マサルに「パンパカトリオ」と呼称される。劇中後半の一時的にしか登場しないが、読者人気は高かった。

小鉄
猫側の主人公。かつて「月の輪の雷蔵」の異名を持つ渡世猫だったが、ケンカに明け暮れる生活に嫌気が差し、馴染みの甘味処から譲り受られる形でチエの飼い猫となる。必殺技はタマつぶし。額の三日月の傷は東北に行った際に、あかぎれと凍傷でできたもの。二本足で歩き、用心棒から家事の手伝い、そろばん勘定、ホルモン焼きまでこなす。両親は不明で、目が覚めたときには、既に川に流される箱の上だった。

アントニオ/アントン
百合根の飼い猫。小鉄同様喧嘩が強かったが、容赦ない性格だったために、周囲に恨みを買われていた。小鉄との死闘によりタマを喪った後、土佐犬に噛み殺されて死亡。

アントニオJr./ジュニア
アントニオの息子。父を死に追いやった小鉄を逆恨みし仇討ちを挑むが和解。親父よりは包容力があって、男らしい性格。毎春、ノイローゼ気味となり、哲学的な発言をするのも作品の風物詩だった。

その他

昆布巻アララ(?)
アニメ第2話にて、チエのクラスメイトとして登場。花井渉が「昆布巻さん」と指名し、帽子には「ARARA」と書かれているなど、どこからどう見てもアラレちゃんのパロディキャラである。

pixivに投稿された作品 pixivで「じゃりン子チエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 700306

コメント