ピクシブ百科事典

花井拳骨

はないけんこつ

はるき悦巳の漫画『じゃりン子チエ』に登場する主要キャラクター。

CV:須永克彦(TV版) / 笑福亭仁鶴(映画版)

人物

竹本テツ丸山ミツルの小学生時代の担任(恩師)で、竹本チエの担任・花井渉の父。妻には先立たれている。一人称は「ワシ」。和服姿に下駄履きが普段着。京都大学卒らしい。
現在は物書きで生計を立てている。テツとヨシ江の仲人も務めた。

その名のとおり、テツが問題を起こしたり説教しにきた際には拳骨を振りかざしたり、ドツいたりしているなど、テツが頭が上がらない人物の一人だが、それらは精神的に未熟なテツを思っての行動であり、劇中では「テツを(犯罪者にしないために)社会的制裁から守る影の黒幕」とまで言われている。

豪放磊落な人物で、テツが結果的にヨシ江を追い出した件を持ち出して説教しに来た際、下戸なテツはおろか、チエにまで酒を飲ませようとするなど元教育者らしからぬ行動を起こすことも。

なお、名前の読み仮名は「けんこつ」であり、「んこつ」ではないので注意(「きょこつ」でもない)。

関連タグ

はるき悦巳 じゃりン子チエ

pixivに投稿された作品 pixivで「花井拳骨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10395

コメント