ピクシブ百科事典

百合根光三

ゆりねこうぞう

『じゃりン子チエ』に登場する男性。
目次[非表示]

CV:表淳夫(TV版)/芦屋雁之助(映画版)

紹介

博打屋遊興俱楽部』の社長を務めていた(多少は性格はとても優しい)が、テツ竹本チエの父親)がしょっちゅう博打(しかもインチキ)に来てからは、客が激減し始めたので、彼の借金を取り立てるために、『ホルモン焼き屋チエちゃん』を訪れるが、残念ながらテツは不在のため、代わりに娘のチエが相手をすることになった。そのときに、元飼い猫のアントニオ小鉄の気配を感じたため、テツを待っている退屈しのぎに彼は小鉄とチエの部屋で激闘を繰り広げるも、必殺タマつぶしの餌食を受けて、惨敗。オマケに彼の近所で飼われていた犬に噛み殺されて、博打屋からお好み焼屋『堅気屋』に転職する。

好き

チエ同様猫が好きで、小鉄に関しては最初は上記通りテツを取っちめる前に小鉄を血祭りにしようとしたために彼が死ぬきっかけを作ったことから、恨むどころか小鉄とも仲がいい。
アントニオが死んでからは、毎月14日には剥製になったアントンを店の棚に飾ってお経を唱えているが、普通は毎年であるという突っ込みが出るのもしばしば。またアントニオを噛み殺した近所の飼い犬を縁日で見つけたときは、最初は大石を持って、頭をかち割ろうとしたが偶然母・ヨシ江と外出中のチエが背後から声をかけたために、自分でぶつけてしまった。そのあと彼女達と会話している間に、犬とその飼い主の少年はテツに懲らしめられたが、彼はそのことを知らず満足する。また、祝いなどの外出にも剥製を持ってくることもある。
ジュニアが店を訪れた際は大変喜び、ジュニアと小鉄の喧嘩の仲裁の際に、ジュニアを傷つけないように小鉄に懇願した(詳細は小鉄)。

お好み焼屋を営んだ理由

アントニオは猫(猫は熱いものは食べられない)であることにもかかわらず、焼きたてのお好み焼(特に肉のついた)をおいしそうに食べるほど、好物なためアントンが喜ぶだろうと、お好み焼屋を営んでいる。
最初はテツも手伝っていたが、最近はサボっているため、現在はジュニアが手伝っている。

二重人格の条件

アントニオがいなくなってからは、(以前より)温厚な性質になったが、時々昔の自分(?)に戻ることがある。

  • 酒を1升越飲む
    • 酒を1升越飲むと、荒々しい性格になり、テツやチエ父娘を巻き込んで大暴れする。そのため、酔いが覚めるまで数時間掛かる。
  • 他者がアニトニオ(剥製)やジュニアなどの猫を苛める
    • 上記の猫好きのせいか、アントニオや彼以外の猫が他者に乱暴に扱われたり、馬鹿にされると大変怒り出す。

離婚の経験

性格は結構ドジで、子育てもてんで下手糞。その性格で過去に当初まだ幼い息子のカオル(チエと同い年)に火傷をさせてしまい、幸い火傷は大したことはなかったものの、自転車にカオルをしっかり縛り付けなかったばかりに、病院にカオルを運ぶ途中で溝川に落としてしまったために、妻のミツ子に息子を連れて行かれてしまった。
縁日ではテツに追い出されたヨシ江に子供や夫と仲良く暮らすように論したり、海水浴で彼女と語り合った(あの後で2本も酒を飲んでしまい、彼女を妻と勘違いして追い回した)。
時々はカオルと会っている。

関連タグ

はるき悦巳 じゃりン子チエ
アントンジュニア
竹本チエ 竹本テツ

pixivに投稿された作品 pixivで「百合根光三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28047

コメント