ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「今度はちゃんとキャンプやろうね!」


CV:花守ゆみり / 演:大原優乃


概要

3月4日生まれの明るく元気な少女。偶然にも犬山あおいと同じ誕生日であり、そのことを聞いた大垣千明から歴史上の人物・大塩平八郎も同じ誕生日であることを教えられる

原作コミックス、アニメ版ではピンク髪が特徴的。

静岡県浜松市から山梨県南部町へ引っ越してきたその日に富士山を自転車で見に行った。

が、見に行ったのはよかったものの、雲がかかりよく見えなかったうえ、約40㎞を走ってきたこともあって疲れて道路脇で昼寝をしているうちに日が暮れてしまった。

序章

帰る方法もなく悲嘆に暮れていたところを、たまたまそばを通りかかった志摩リンに助けてもらい、カップラーメンを分けてもらう。


この事がきっかけでキャンプに興味を持ったなでしこは、さっそく転校先である本栖(もとす)高校の『野外活動サークル』(野クル)に加入し、大垣千明犬山あおいたち、志摩リン斉藤恵那とともにキャンプライフにのめり込むようになる。

キャンプ飯の思い出

食べることも料理を作るのも大好きな健啖家(けんたんか)であり美食家。日常・キャンプ・食事の3つで構成される本作において日常シーンでも何かしら食べていることが多い。小分けにされたお菓子を誰かと一緒に食べていたのに、気がついたらすべて彼女に食べられていた、というのが本作のお約束である。きららキャラ三大ブラックホール胃袋のひとりとも。

カレーめんのお返し

リンに対しても、カレー麺のお礼に、土鍋と食材を持ち込んで餃子坦々鍋を振る舞い、一緒に食している。

🥡「うんまい!!」パスタを美味しそうに食べるなでしこ

その食べっぷりはさまざまな人物から「ウマそうに食べる」と言われるほどに表情が豊か。しかし食事量に対して燃費はそれほどよくない(リンいわく「腹に猛獣を飼ってやがる」)。


かつては食べ過ぎてしまって太っていた時期があり、中学3年生の夏休みにダイエットしたついでに人並み外れた体力もついた。そのダイエットとは「浜名湖一周(距離にしておよそ50~70km)を夏休み中毎日自転車で回る」という過酷なもの。そりゃ体力もつくはずだ……

ちなみに、第1話で姉である各務原桜に「豚野郎」と罵倒されたのは、太っていたころの名残である。

その体力の有りようは、その重量ゆえにオートキャンプ自動車を活用したキャンプ)以外ではおそらく持ち込まないであろう土鍋やカセットコンロを平気で持ち込み、リンをドン引きさせたほど。また、野クルの面々とキャンプをした翌週にリンとキャンプしてなおケロッとしていたため、部長の千明から「ストロングスタイル」と呆れられている。

しかし、夜道と怪談が怖くて仕方がない、血がダメという、女の子らしい一面も垣間見せている。


行動力は登場人物のなかでも随一。何かに向かって元気よく走っていく姿は作中でよくに例えられている。ただ、放っておくとひとりで考えもなしにどこかへ行きかねない危なっかしい面があるために、姉の桜を筆頭とした周囲の人物に何かと助けられて生きている。行動だけ見ているとアホの子のような印象を受けがちだが、テストの成績はまあまあ。


コミュニケーション能力も高く、初めて出会う人と会話するのにも物怖じしない。劇中では、富士川キャンプ場に赴いた初めてのソロキャンにて。キャンプ場の炊事場で出会ったキャンパー家族の年下の姉弟とすぐに知り合い、自分が作っていた「様々な野菜のホイル焼き」を、誘って一緒に食べていた(※)。


しかし、仲良くなったリンがひとりでいるのを好むことを知るため、無理に一緒にいようとはしないなど、人間関係の距離の取り方も意外と上手い。


(※)この時には、「材料も普通で良い、簡単な物でもいい」「インスタントでもいい。キャンプ場で食べるカップ麺は自分も大好き」と、キャンプで作り食べる料理の楽しさを説き、焼芋もごちそうしている。キャンプに退屈していた姉弟は、彼女のそのトークと料理に影響され「次(キャンプに)来た時は、何か作りたい」と、父親に申し出ていた。

その様子は、こっそりと様子を見に来ていたリンも見ており、「もうだれかと仲良くなってる」「すごいよな、なでしこは」と、彼女を感心させていた。


寝つきが大変よく、キャンプ中の夜に底冷えで起きたことがないが、代わりに目覚めが悪く早起きが苦手。


家族構成は母の静花(CV:山本希望)、父の修一朗(CV:大畑伸太郎)、姉のとの4人家族。また、奥浜名湖のほとりに住む祖母・真知子と祖父(2巻、イヌイヌイヌ子さん、アニメ1期10話、へやキャン△)がいる。また、叔父も浜松で暮らしている模様。


姉の桜には何かとぞんざいに扱われているが、キャンプに行くのに車を出してくれたり、バイトを紹介してくれるなど姉妹仲は良好。リンも「お姉さんはなでしこに甘い」と考えていたころがあったほど(後で「ひとりで行かせると後々面倒だから」と気づいた)。

容姿は母親ゆずりで、よく食べるのは父親と一緒にたくさん食べていたからといわれている。ちなみに、母は桜となでしこの容姿を足して2で割り、性格はなでしこに近いゆるい雰囲気の女性。

作者の別作品の『mono』にて家族とともにゲスト出演、やまなしまんぷくフォトツアーに参加、ぶっちぎりの成績で優勝した。


また、家族そろって料理好きであり、家族でブログ「cook recipe」を主宰、それぞれが何らかの料理とレシピを投稿している(12巻P127)。

  • 修一朗…ちょっと変わった料理
  • 静花…毎日、献立に使える料理
  • 桜…5分でできる手抜きおやつ
  • なでしこ…キャンプ料理

劇中の十年後を描いた劇場版では、東京都内のアウトドアショップ店員になり、接客の仕事に就いている。その高いコミュ力と、商品知識、キャンプそのものが好きという点から、店長より「あなた、アウトドアショップの店員に向いてるわ」と言われている。


実写ドラマ版はさすがに髪色は異なるものの、「この役を生きてみたい」とオーディションに臨んだ大原が「役作りはしゃべり方と(犬っぽいと劇中で言われる)歩き方から始めた」と述べたアプローチで、原作・アニメ同様の天真爛漫、行動力随一なキャラを再現している。


なお大原の身体的特徴ゆえ、原作でも低い方だった身長が、リンたち5人のなかでもっとも低く(OP参照)、代わりに富士山レベルの立派なものを持っている。その代わり、その立派なものをなでしこに取られたイヌ子はその分、5人のなかで背がもっとも高くなった。

また、アニメ版の中の人も立派なものをお持ちということが話題になっている。


作者いわく、志摩リンと共に主人公(バディもの)となっている。原作・アニメ版・実写ドラマではクレジット順が異なっており、原作はリン、アニメ版はなでしこが1番目、実写ドラマ版は原作者に確認の上、主人公(クレジット1番目)はあくまでもリンとし、なでしこは主人公から外されている。


原作では大井川鐡道(井川線のアプト式列車)に乗ってからは鉄道ファンにもなったようだ。


関連イラスト

制服姿

なでしこちゃん【ゆるキャン△】各務原なでしこ

ゆるキャン△ なでしこちゃんうな重なでしこ


ピンクジャケット姿

ゆるキャンなでしこちゃん!

肉まん食べたい各務原なでしこ


緑コート姿

佐久米駅に向かうなでしこ🚃なでしこちゃん(ゆるキャン)

各務原なでしこなでリン


白ジャケット姿

ソロキャンなでしこ!行こ!ソロキャン!

11/28各務原なでしこ


作務衣姿(アルバイト)

バイトのなでしこちゃん!!いらっしゃいませー!

バイトなでしこここのバイトの娘かわいいよな


関連タグ

ゆるキャン△ 野外活動サークル 秘密結社ブランケット mono(あfろ)

犬山あおい 大垣千明 志摩リン 斉藤恵那 鳥羽美波 土岐綾乃

各務原桜(姉) 各務原修一朗(父) 各務原静花(母) 各務原真知子(祖母)

ピンク髪 まるしこ 各務原なでしこ生誕祭 大塩コンビ 鍋しこ

なでリン - 志摩リンとのカップリング(コンビ)タグ。


花小泉杏 - 『あんハピ♪』の主人公。中の人繋がり同連載雑誌繋がり。天真爛漫で周りに影響を与える、ほっぺが伸びる、(母親ではあるが)桜の名前がいるなど、共通点が多い。CMでみーくんに声が似ていると言われ、きららファンタジアでもイベントやクロスシナリオで絡んでいる。

後藤ひとり - 『ぼっち・ざ・ろっく!』の主人公。ピンク髪碧眼といった共通点があるが、コミュ障陰キャであるため、コミュ力の高いなでしことは性格が真逆である。

カービィ - 『星のカービィ』の主人公。ピンク色の髪に青い瞳、大食い、元気な性格、冒頭で寝ていたことなど共通点が多いよく食べるピンク色。擬人化と言われることも。余談だが、星のカービィの製作会社であるHAL研究所の事業所が山梨県に存在する。


外部リンク

関連記事

親記事

野外活動サークル やがいかつどうさーくる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32389537

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました