ピクシブ百科事典

大垣千明

おおがきちあき

あfろ作のマンガ・アニメ『ゆるキャン△』の登場人物

CV:原紗友里 演:田辺桃子

概要

8月31日生まれ。
野外活動サークル」(野クル)を犬山あおいと共に創設し、部長を務めるムードメーカー。各務原なでしこ斉藤恵那のことは普通に「各務原」、「斉藤」と呼んでいる(後にそれぞれ「なでしこ」「恵那」呼びになる)が、あおいのことは「イヌ子」、志摩リンのことは「しまりん」など人を変わった呼び方で呼ぶ。そのせいか「志摩リン」の苗字は「志摩」であることは知っていたが、名前が「リン」であること気づいたのはクリスマスキャンプからであった。
いわゆる眼鏡っ娘を腰の近くまで伸ばしているのだが、普段はツインテールにしている。
なお髪型はメイン5人の中でも一番変化が激しく漫画版54話の散髪で後髪を肩までに縮めているほか、同話では前髪を束ねてでこを出す、へやキャン△アニメ版6話では中学時代も後髪ともみあげを肩までに短くしていることを確認できる。


明るく快活な性格だがややオーバー気味なテンションで振る舞うため、そのノリを嫌うリンからは苦手意識を抱かれ、「大垣」と距離のある呼ばれ方をしていた(クリスマスキャンプ以降は千明と呼んでいる)。

同好会故の少ない活動予算で活動するため試行錯誤を繰り返していたが、各務原なでしこの加入を機に本格的にキャンプに行くことになったため、活動資金を稼ぐために酒屋でバイトを始め、クリスマスキャンプ後に新たな部員として志摩リン、斉藤恵那を勧誘しているが、いまのところ色よい返事をもらえずうまくいってない。
酒屋には後に野クルの顧問となる鳥羽美波毎日500ml缶ビール6本を買いに訪れていたため、彼女がグビ姉とあだ名されるほどの裏の顔があることをいち早く知っていた。

なでしこに負けず劣らずな行動力の持ち主。そもそも野クルを始めた事もそうだが、他のキャンパーがスキレットを使っていた姿に憧れてそれを即座に購入、テスト間近にも関わらずシーズニング(鉄鋳物に油を慣らすこと)を始めるなど良くも悪くも決断が早い。
だがキャンプ用品をなるべく安く抑えようとしたり、バイト代で3万の焚火セットを購入しようとしたところ鼻血が出てそれを取りやめるということがあったため、金銭が絡むことには普通の高校生らしい判断をする。

アニメ化に際して、中の人の演技のお陰でなでしこの声マネが上手いという特技が加わった。なおアフレコの時に「なでしこに似すぎていて千明っぽさが出ていない」という理由でリテイクを食らったそうな(最終回直前ニコ生より)。

実写担当の人は顔芸が豊富で原作やアニメと並ぶ印象深い表情を見せている。

関連タグ

ゆるキャン△ 野外活動サークル 秘密結社ブランケット 
犬山あおい 各務原なでしこ 志摩リン 斉藤恵那 鳥羽美波
ちくわ(ゆるキャン△)

田井中律天野恩紗犬吠埼風…他作品における部長繋がり。律はデコキャラということもあって、特にシンクロ率が高い。

関連記事

親記事

野外活動サークル やがいかつどうさーくる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大垣千明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3712208

コメント