ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「肉、食うかい?」

CV大塚明夫(アニメ・ドラマ共に担当)


概要

主人公・志摩リンの母方の祖父。演じる大塚明夫氏がそのまま年を取ったような風貌の老人。

イギリスオートバイトライアンフスラクストン(Triumph THRUXTON)1200Rを駆り、日本中を旅するソロのキャンパー。


いつのことかはわからないが、娘とツーリングを楽しんでいた時期があり、孫娘とツーリングを楽しんだこともある。ドヤ顔をして映っている娘の写真があることを知っており、少なくともリンが生まれる前であった模様。1年のほとんどを旅の空で過ごし、リンに使い古しのキャンプ道具を与えた人物でもあり、アニメ第2期第1話冒頭のオリジナルシーンでリンに道具一式が贈られた経緯、初めてのデイキャンプが描かれている。

孫娘も親愛の情を込めて「変わった人だよ」と語っている。


リンがクリスマスキャンプに「朝霧高原」を紹介したのも、この人にキャンプに連れて行ってもらった記憶からきている。


アニメでは原作の初登場場面(咲と電話するシーン、アニメでの該当シーンは第1期第7話)よりも先駆けて第1期第6話のオリジナルシーンに『キャンパーの老人』として初登場。ワンポールテントを設営し、分厚いステーキを焼いているところに、次回キャンプ候補地を視察に来た野外活動サークル部長・大垣千明と会っている。

 千明『年季の入ったワンポールテント!焚火台に木製ローチェア!』

 千明「なんかコーヒーのCMにでてきそうだな…」

 千明「わ…肉、うまそう…」

 千明『スキレット料理っていいよな…5割増しでうまそうに見えるし…おしゃれだし…』

 千明を手招きする老人

 老人「肉、食うかい?」

 千明「いいん…ですか…?」「いただきます」「うまっ!!」

 老人「にやっ」

 

 千明『渋いじいさんだった…肉めっちゃうまかったし…スキレット…買っちゃおうかな…』


アニメ第3期第1話のオリジナルシーンによれば、居住地は愛知県豊田市旧稲武町近辺であるようである。


実写ドラマでは、2期放送前の1時間スペシャルで、浜松のなでしこの祖母宅にリンを迎えに行ったシーンが唯一の登場である。後姿しか写っておらず演者は不明(非公表)であるが、声はアニメのCVを担当した大塚明夫の声になっていた。


名前について

初登場から長らく本名が不明だったが、原作漫画の本編第52話(単行本第9巻所収)にて姓が『新城』であることが明かされ、ムック本『ゆるキャン△キャンプ道具』にてフルネームが『新城肇』であることが判明した。


アニメでの役名表記は、第1期第6話が前述の通り『キャンパーの老人』、第1期第7話と第2期第3話が『リンの祖父』、第2期第9話が『リンの祖父・新城肇』である。


姓の「新城」は、他のキャラが東海地方の地名縛りであることから、愛知県新城(しんしろ)市に由来するものと思われる。


余談


関連タグ

ゆるキャン△ リンの祖父 志摩リン 志摩咲 志摩渉

キャンプ


ネイキッド・スネーク - 中の人繋がりでアウトドアなイメージがあるが、こちらは生死をかけたサバイバルを行うため娯楽目的のキャンプとはほど遠い。食事に至っては蛇や寄生虫の危険がある魚を生で食す他、毒キノコでさえも進んで食べる悪食。(物語後半にもなるといわゆる"普通の食事"より蛇や生魚を所望したり、寄生虫も"よく噛めば死ぬ"と気にも留めずに食事を楽しんでいたりと、必要に駆られてというよりは自ら進んでサバイバル飯を求める傾向もある。)また同じトライアンフのバイクにも乗ってる。

余談だがMGSは缶コーヒーのBOSSとコラボしたことがあり、上記の千明の台詞もおおかた合っているといえよう。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66955

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました