ピクシブ百科事典

志摩リン

しまりん

志摩リンとは、『ゆるキャン△』の登場人物であり主人公。
目次[非表示]

CV:東山奈央

概要

10月1日生まれ。
母方の祖父(CV:大塚明夫)の影響で中学1年の冬からキャンプをしており知識・経験共に豊富だが、静かに一人で過ごしたいと言う考えからシーズンオフの冬季に一人でキャンプをしており、本栖湖キャンプ場付近で遭難しかけた各務原なでしこと一緒に過ごすまでは他人と一緒にキャンプをしたことが無かった。その考え故に高校では大垣千明率いる野外活動サークル(略して野クル)には(主に千明のやかましいノリが原因で)所属していない。
ただし人付き合いまでできないわけではなく、慣れ親しんだ相手には相応にノリの良い面を見せる事が多く、千明と同じ野クルの犬山あおいとも普通に会話している。主になでしこと斉藤恵那に対して緩いツッコミを入れる事も多い。千明のことは当初「大垣」と距離のある呼び方だったがクリスマスキャンプ以降は「千明」と気安い呼び方に変わった。一番付き合いのある斉藤とは中学の頃からの仲とのこと。

当初は自転車にキャンプ用品を積んでキャンプに行っていたが、途中で原付免許を取得。原付スクーターで県外への遠出もするようになった(モデルはYAMAHAビーノ)。母方の祖父は大型バイクを乗り回して日本中を放浪しながらキャンプを行っているそうな。血は争えない。

キャンプ以外の趣味は読書。バイト先は本屋、学校では図書委員を務めバイトが無い日の放課後は学校の図書室で一人読書をしている本の虫。キャンプ先にも持ち込み暇があれば読書している。ちなみに読んでいる本は ”徳川埋蔵金の謎” や ”UFOについて” と言ったオカルトじみたものが多い。アニメでは牛鬼の伝説がある四尾連湖で心霊スポットに関する本を読んでいた。

容姿は母親の咲(CV:水橋かおり)譲り。背が低く、メインキャラ5人の中では一番小さい(6巻メロンブックス特典リーフレットによれば145cmを下回る)。
髪の毛を腰まで伸ばしており、主に大きなシニヨンを結っている。時折、斉藤恵那に弄られ奇想天外な髪型にされることも。
母の見た目は髪をショートボブにし、人当たりのよい表情をするようになった大人のリン、といったところ。

明言されたことはないがかなりの好きで、斉藤の飼い犬のちくわを前にすると頬が緩む。よく犬に例えられるなでしこと仲良くなったのも必然だったのかもしれない。

余談

同じ作者が「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)にて掲載している4コマ漫画「mono」の、該当誌2018年3月号掲載分にて、原付スクーターを乗り回すうら若き女性としてカメオ出演を果たしている。

アニメのOPで彼女となでしこのLINEでのやりとりが一瞬だけ映るが、本編での二人の関係の変化に合わせてか8話からはリンの回答が変化。
そして、最終回にあたる12話では……!
内容はこちらから。

関連イラスト

シマリン
志摩リンちゃん



関連タグ

ゆるキャン△

黒崎ほのか ユルキャンノススメ△中の人繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「志摩リン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5880440

コメント