ピクシブ百科事典

アリス・ギア・アイギス

ありすぎああいぎす

コロプラの3Dシューティングゲーム。開発、運営はコロプラ傘下のPyramid。2018年1月22日に配信開始。
目次[非表示]

概要

コロプラの配信する3Dシューティングゲーム。開発、運営はPyramid。
主人公は機械生命体「ヴァイス」の撃退を委託された「成子坂製作所」の新任隊長として、ヴァイスと戦うことのできる高次元兵装「アリスギア」を纏う「アクトレス」と呼ばれる少女達を導くことになる。

キャラクターデザインに島田フミカネ海老川兼武柳瀬敬之が参加し、BGMの作曲はZUNTATAが担当する。
コラボレーションとしてfigma及びメガミデバイスブランドでの立体化も行われた。

キャラクターに複数のギア(装備)を取り付けていくカスタマイズ要素がセールスポイントの一つで、キャラクターに装備できるギアはクロスギア(近接武器)ショットギア(射撃武器)トップス(腕用パーツ)ボトムス(脚用パーツ)の四種。
特定のキャラクターにしか装備できない専用ギアも用意されている。
ギアはそれぞれに付与されたスキルや属性が異なり、武装もライフルやバズーカなど様々な種類のカテゴリが設定されている。更にキャラクターも得意武器や属性が異なるので、それらを加味した組み合わせが重要になってくる(勿論、それらを無視して自由にギアを組み合わせても良い)。レアリティごとに装備コストが設定されており、キャラクターも同じレアリティでない限り全ての装備を最高レアリティで揃える事は出来ない。
属性に関しては4つの属性が二組に分かれてお互いに特効状態という珍しい型式であり、防御面での優位性は「弱点属性では無い=特効ダメージ補正を受けない」程度でしかない。この形式なら本来「武器は相手に有利な属性、防具は相手に特効を取られない属性」にするべきなのだが、何故か最高レアリティである各キャラクター専用ギアの属性は武器・防具とも同じ物に統一されている
また、キャラクターには衣装やアクセサリが用意され、こちらも自由に装飾が可能。
衣装はガチャでその衣装を着たキャラクターを入手すれば、レアリティに関係なく着替えさせることができる。
キャラクターにはレアリティとして4つのレベルが設定されており、他のゲームのように衣装ごとに属性が変化する事はなく、「✩1=所属陣営の汎用スーツ」「✩2=所属する学校や会社の制服」「✩3=個人の私服」「✩4=専用のアクトレススーツ」に固定されており、重複して入手した際はその分だけレベルの上限が解放される。といっても、装備可能なギアのコストの総量はレアリティごとに固定されている為、ギアカードが揃っていない状況でない限りレベルで上回っても最終的な能力で上位レアリティを上回る事は出来ない。
ゲーム配信直後は6人ほどのキャラしか実装されていなかったが、その後はメインシナリオの追加やイベントシナリオごとに続々とキャラが追加されていきかなり多数かつ多彩なキャラクターが使用出来る様になっている。

メインシナリオの方は色々とシビアな設定の片鱗も見え隠れする真面目なものだが、イベントシナリオの方は色々とはっちゃけておりしかもネタ元が何かと古臭い

コトブキヤZUNTATAといった他メーカーとの関係が深いらしく、
コラボイベントの実装だけでなく関連商品の宣伝をイベントシナリオ内でやるなどメタ発言上等で色々やっている。ついでに通知もフリーダム気味。メガミデバイスとのコラボではイベント初出のキャラクターが本家で商品化されるなど逆輸入現象まで起こしている。

2019年5月7日にはDMMGAMES版の事前登録が告知、6月4日からサービス開始している。
プレイには「DMM GAME PLAYER」が必要なため、WindowsOS専用となっている。

ストーリー

ときは未来、ところは脱出船団「東京シャード」
これは、新任隊長であるあなたがアリスギアを纏うアクトレスの
少女たちを導き、宇宙を放浪する人類を救う物語である。

そして、最初に救わなければならないのは就職した中小企業
「成子坂製作所」だった。

未来でも経営は、とっても大変なのである。

(公式サイトより)

登場キャラクター

成子坂製作所

隊長
比良坂夜露と同時期にアクトレスの指揮・育成を行う責任者として成子坂に採用された、経歴不明・年齢不詳の男性。プレイヤーの分身である。作中ではシナリオで時折表示される選択肢以外の発言が無い。メインシナリオが進むにつれ隊長の経歴自体がAEGiS諜報部の捜査能力を駆使しても掴みきれず、その調査の際に物騒な地域を渡り歩いてきた事が判明するなど、かなり不穏な展開を見せるようになってきている。
キャラごとの評価はまちまちだが、若干与し易い相手と舐められたり頼りになるのか疑われると言った評価が多く、特に四谷ゆみ神宮寺真理にはいいように利用されている。小鳥遊怜からは「アクトレスと戦闘以外には興味が無い」と評されているが、逆にアクトレス業界を巡る企業同士の遣り取りや政治的な干渉等を全く意に介さずアクトレスとして活動する女性達のサポートに専念する姿勢には一定の評価があり、そういう気風を好んで成子坂所属を希望するアクトレスも少なからずいる。

比良坂夜露
CV:沼倉愛美
キャッチフレーズ:成子坂の新人アクトレス(ボランティア愚連隊)
職業:高校生(芦原高等学校)
中学卒業を機にアクトレス免許を取得した成子坂の新人アクトレス。隊長(プレイヤー)と同期。
他人の笑顔のためなら自分からどこへでも突き進む元気娘。
何故か任務で大型ヴァイスとの遭遇率が高いが……?
初プレイ時のムービーでも色々と不穏な描写が為されている。
専用ギアの名前は日本神話がモチーフだが、説明文がライフルを除いて色々ヤバい

兼志谷シタラ
CV:内田真礼
キャッチフレーズ:成子坂のかしましオタク
職業:高校生(桃蔭学園総合高校)
夜露の先輩アクトレス。インド系トランジスタグラマーオタク。趣味はFPSゲームを中心にゲーム全般、他にもアニメ、お絵かき、アニソンの動画配信など多岐にわたる。
得意武器はスナイパーライフルで交代時の「狙い撃つぜ!」を始め、ストーリー上でオタクネタやネットスラングの類をどちゃくそ放り込んでくる。
顔の広さという意外なアドバンテージの持ち主で、アクトレス不足の成子坂製作所に知人を3名ほど引きずり込んだ。
可愛い女の子が大好きだが、自身の容姿への自己評価は異常に低く「ちんちくりん」などと自嘲している。
「ぞーさん」名義で所謂「歌ってみた」系の動画を多数投稿しており文嘉も好評するほどの美声を披露しているらしいが、本人はその事を周囲に知られたくないらしく必死に誤魔化そうとする。
ちなみに似たような事をしている二子玉舞とはお互いの正体を知らぬままリスペクトし合う仲でもある。

百科文嘉
CV:石川由依
キャッチフレーズ:アメとムチと百科事典
職業:高校生(星条大学附属第一高等学校)
夜露の先輩。冷静沈着に見える才女で、知識が豊富。真面目で一本気、物事はハッキリと言う性格で、いい加減な事は嫌いだが自分の性格を自覚しつつ周囲への面倒見が良い。
趣味は読書。幼少の頃に憧れた成子坂製作所の全盛期を取り戻さんと気負っており、その為ならバニーガール姿でのバラエティ番組出演も辞さないツワモノ。楓とは同じ学校で同学年だが面識はない。
文嘉は楓の事を知っていたが、本人曰く「注目度が違うので比較されたくないから下手に関わりたく無かった」らしい。

四谷ゆみ
CV:松井恵理子
キャッチフレーズ:甘い誘惑、辛い散財
職業:飲食店従業員
女盛り24歳、成子坂の古株アクトレス。シタラ、文嘉とは旧知の仲。一時的に提携した同業他社(エンパイア中野)へ出向していた。
生活費と借金返済の為にアクトレスとキャb…飲食店従業員の二足のわらじを続けているが、アクトレスが副業と言われがち。
根は一途で真面目かつ仕事ぶりには問題はないが、それら全てを帳消しにする私生活でのだらしなさにシタラから相当イジられている。
ストーリー進行に伴い、より年上(29歳とか)のアクトレスが加わったにも関わらず、BBAと呼ばれるのは彼女だけである。
元は一般企業に勤めていたOLで事務仕事を卒なくこなす能力も持っており、文嘉の抱える事務仕事の一部を自ら引き受けたりもしている。そういった面もあって出向先のアクトレス達からも頼りにされている(相手が協調性ゼロのポンコツ揃いだった面もあるが)。

依城えり
CV:高田憂希
キャッチフレーズ:スナイプシャーマン
職業:フリーター
津軽シャード出身の眼鏡っ子。マタギの祖父とイタコの祖母に育てられ、動物と話す事が出来るらしい。本人も動物と過ごすのが好きで、カラスと話し込んで勤め先のカフェを解雇された所を成子坂にスカウトされた。
四谷ゆみの事情に巻き込まれてキャバ嬢の仕事を手伝った際には普段とは全く違う言動を見せていたが、その際眼鏡を外していた為、声を聞くまで接客相手が隊長だと気付かない程のド近眼ぶりを見せていた。
字幕や解説が必要なほどのコテコテの方言キャラ。一応標準語の練習もしているらしく(本人はそれを東京シャードの方言だと思っている)訛りが入りつつもそれなりに喋れるようにはなっているようだが、睦海から「日本語が上手くなった」と言われて衝撃を受けた一幕もあった。

二子玉舞
CV:日岡なつみ
キャッチフレーズ:恥じらい妄想系バレリーナ
出身校:桃蔭学園総合高校
シタラと同じ高校に通う友人。舞踏家の両親の元で幼少時からバレエを習って来たが、本人はあがり症で引っ込み思案な人見知り。
注目を浴びるのが苦手だが、妄想癖の持ち主で、一度自分の世界に入ったら「私にはBLとGLの神がついている」「アマルテア女学院の壁のシミになりたい」「文×シタ推していこ?」といった言葉がまろび出る。イベントシナリオでは自分含めた同僚をネタにした百合妄想を垂れ流すといった暴挙に出た。
あがり症だが自身が身につけた技術への承認欲求も少なからず持っており、紙袋を被って素顔を隠して踊るという奇抜なスタイルで「踊ってみた」系の動画を多数配信しており、そのレベルは一流のプロに対抗意識を持たせるほどである。

バージニア・グリンベレー
CV:大西沙織
キャッチフレーズ:アメリカ仕込みの凄腕シューター
職業:高校生(桃蔭学園総合高校)
ペンタゴンシャードからの留学生。愛称はジニー。言語に堪能。陽気なミリタリーオタクでFPSゲーマー。ゲームを通じて仲良くなったシタラの家に居候している。
シタラが舞を成子坂に引っ張り込んだと知って自分も混ぜろと押しかけ、チーム「トライステラ☆」を結成。彼女に操作キャラを交代した時の「私のお尻でも楽しんでて!」というアメリカンジョークなセリフは、実際に彼女の後ろ姿を注視しながら操作するプレイヤー達に(なるほど......)と強いインパクトを残したとか。
が、メインシナリオの内容が焦臭い展開を遂げるに連れて彼女自身の立場にも不穏な影が見受けられるようになる。

小芦睦海
CV:高野麻里佳
キャッチフレーズ:成子坂のNEW CHALLENGER
職業:中学生(藍澄中学校)
格闘ゲームが得意で大会にも出場しているゲーマー。シタラと対戦(於:タイ○ーステーション)した際にアクトレスにスカウトされた。アクトレスとしては新人だがゲームで鍛えた反射神経と観察力でヴァイスに立ち向かう。
綾香、愛花の三人で中学生チームを組んでアイドルもやった。名前や専用装備、その他諸々にメタ的なゲームネタが詰め込まれている。

新谷芹菜
CV:白城なお
キャッチフレーズ:ふたつの顔を持つアクトレス
職業:事務員
台所事情が怪しい成子坂製作所待望のアクトレス兼任事務員。極めて常識的な社会人で、周囲の大人といえば事務仕事では昼行灯な隊長やらホスト狂いのキャバ嬢やらだった文嘉に熱烈に歓迎された。しかし、キャッチフレーズの通り彼女には裏の顔があって...。
専用のアクトレススーツを仕立てるにあたって機動性、柔軟性、黒基調、ステルス性等々と要望を出した結果「黒猫怪盗シャノアール」なるアニメの衣装っぽいものが出来上がり、突っ返すわけにもいかずほぼコスプレ姿で戦うことになった。あと左胸にホクロがある

文島明日翔
CV:安済知佳
キャッチフレーズ:籠の外の森ガール
職業:高校生(桃蔭学園総合高校)
鳥マニアな女子高生。ペットは白文鳥のピッピちゃん、好物は焼き鳥。興味関心の全てが鳥に向かっているのとマイペース過ぎる言動で学校でも浮いているとか。
「鳥のように飛べたらいいな」と本気で思った結果アクトレスを志し、趣味のバードウォッチング仲間のツテ?をたどり、両親の反対も押し切って成子坂入り。心配性な親の意向を汲んでか専用ギアの構成がスナイパーライフルに防御系/回復系スキルと徹底して安全よりになっている。
だがその専用ギアに「イカロス」の名が冠されているのは縁起が悪いのでは・・・。

蛙坂来弥
CV:大和田仁美
キャッチフレーズ:現代都市型JK忍者
職業:高校生(郷湾育英高校)、忍者
アーバン流忍術準一級免許皆伝で、カウンタースパイのスペシャリスト。都市型忍法を駆使して、産業スパイからの機密防衛を生業としている。評判も上々で企業からの依頼も多い
(公式サイトより、原文ママ)
アクトレスとして目立ってアーバン流忍術を世に広めんと成子坂に売り込みに来たが、文嘉に足元を見られ「とりあえず契約アクトレス登録」となった。ついでに、当時係争中であり、様々な妨害工作を仕掛けてきたライバル企業「ノーブルヒルズ」への刺客として放たれた。

宇佐元杏奈
CV:田澤茉純
キャッチフレーズ:ニュースでおなじみ!アイドルアナウンサー
職業:局アナ
子役⇒アイドル⇒TVの企画でアクトレス(3年間)⇒大学進学のブランク挟んで⇒看板アナウンサー、と有名人街道を走り抜けてきた猛者。ある事情でニュース番組を降板したのをこれ幸いと言わんばかりに退局しアクトレスに電撃復帰
「今の自分が最強の自分」と言い切る。楚々たる外見ながら二種類の加速系バフをひっさげハンマーでヴァイスをかっ飛ばす様は熱血脳筋体育会系。かつての神宮寺真理のチームメイトであり、成子坂製作所が7年前に起こした「事故」によって同僚の九品田凪(くしなだ なぎ)を失った当事者でもあった。
プロモーションの一環か、VTuberデビューした。

神宮寺真理
CV:森永千才
キャッチフレーズ:宇宙を駆け巡るフォトジャーナリスト
職業:ジャーナリスト
かつての成子坂のトップエースを張っていた29歳。10年前にテレビ番組の企画で真里、現役アイドルだった杏奈、一般公募を勝ち抜いた凪の三人で結成されたチーム「メリーバニー」は一時代を築いたが、7年前のギア整備不良事故によって凪が「引退」を余儀なくされてからは成子坂製作所は「アリスギア製造業者としては死んだも同然」と呼ばれ、アクトレス業界そのものも冬の時代を迎えたという。その後真理もアクトレスを退き、凪の行方とアリスギアの暗部を追いかけている。現在は「日刊東京AEGiSニュース」専属記者兼カメラマンとしてアクトレス業界関連を嗅ぎ回る一方、「凪の件が有耶無耶にされたまま潰れてもらっては困る」と成子坂製作所とは契約アクトレス及び広報担当として関わっている。
生来のものなのか処世術として身につけたのか、馴れ馴れしく飄々とした捉えどころのない性格。
可愛い女の子の写真を撮ることは趣味と実益を兼ねた仕事と生き甲斐にして生き様であり、「杏奈ちゃんプライベート写真集」でボロ儲けしたとかなんとか・・・。

御蔵座梓希
CV:花守ゆみり
キャッチフレーズ:放課後座敷童
職業:小学生(鐘月小学校)
埼玉シャードにある豆の専門店「豆いち」の娘にして、まさかの小学生(10歳)アクトレス。本来アクトレスの免許を取得できるのは満13歳からなのだが、年齢制限緩和のテストケースとして特例で採用された。
時代がかった話し方で、年齢に対してとても礼儀正しい。

御茶ノ水美里江
CV:今野宏美
職業:高校生(星条大学附属第一高等学校)
キャッチフレーズ:心優しきロボットガール
アクトレス免許試験で好成績をおさめた新人アクトレス。自ら成子坂を志望し、勤勉な性格を買われて採用された。
キャッチフレーズからも分かる通りのアンドロイドキャラ。☆1エピソードではキレキレのロボットダンスを披露してくれる。
しかし彼女には更なる秘密があり…? 詳しくは絆エピソードを参照。

二階堂司
CV:大地葉
キャッチフレーズ:フェアウェイのハンサムウーマン
職業:プロゴルファー
2018年夏のイベントで颯爽と現れたプロゴルファーアクトレス。
紳士的な振る舞いで女性のファンが多く、現時点でのプレイアブルキャラ最高身長(176cm)と低めのボイスも相まって、一見するとほぼイケメンの男性キャラにしか見えないが、れっきとした女性。コラボキャラを除けば本作初のボクっ娘となる。
SPスキル(必殺技)もゴルフゲーム仕様になっており、入力タイミング次第で挙動が変化する。

九品田凪
かつて宇佐元杏奈神宮寺真理とチーム「メリーバニー」を組んで一世を風靡した、成子坂所属のアクトレス。成子坂凋落の原因となった7年前の事件の当事者であり、その際の事故での負傷が元でアクトレスを引退しており、その後の消息は成子坂側やチームメンバーだった杏奈や真理も知らない行方不明状態に陥っている。
真理や同じ養護施設で育ち彼女を慕っていた琴村姉妹からは成子坂の無謀な経営方針の犠牲者だと看做されており、彼女らの成子坂への敵意の元となっていた。

叢雲工業

吾妻楓
CV:安済知佳
キャッチフレーズ:断罪大和撫子
職業:高校生(星条大学附属第一高等学校)
業界最大手の叢雲工業所属のアクトレス。その活躍から世間の注目を集める新進気鋭の一人。実家が剣道場で、その剣の腕でヴァイスから人々を守りたいと考えている。古風な考え方の持ち主で口数は少ないが性格は真面目。メガミデバイスから立体化された際には主人公として紹介された。
自分の身に付けた剣技を世の為に悪を裁く力として活かしたいという欲求を持っており、狐の面を付けて「遮那仮面」と名乗り独自に悪漢に制裁を加えるという私刑行為を行っていた(夜露にあっさり正体を見抜かれ、ノリに合わせてくれと懇願するポンコツぶりだったが)。
剣術の師でもある厳格な性格の父親がいるが、イベントシナリオでは何処ぞの美食家的なキャラとして楓そっちのけで独自のキャラクター像を確立している。

日向リン
CV:井澤詩織
キャッチフレーズ:ワイルド・ワイルド・ムードメーカー
職業:高校生(郷湾育英高校)
叢雲所属のアクトレス。反復横跳びで残像分身が出来る程の高い身体能力を誇り、アクトレスの中でも上位にランクインする腕前。
持ち前の明るさと野生の勘でチームのムードメーカーを務める。登場キャラの中では最も交友関係が広いと思われ、いろんなキャラのエピソードに顔を出す。チームを組む怜とは幼馴染。二人の兄も一流スポーツ選手で天然という家系。
彼女のアナザーアクトレス“奔放”は、プレイヤーが自ら操作する「装着型SPスキル」のはしり。発動エフェクトはキャラデザ担当の海老川氏が携わった作品のアレそのもの。

アリスギア
アリスギアイラコン(小鳥遊怜)


小鳥遊怜
CV:ルゥ・ティン
キャッチフレーズ:孤高の調停役
職業:高校生(聖アマルテア女学院高等部)
楓、リンのチームメイト。リンとは幼馴染。感情をあまり表に出さず、他者と打ち解けることが苦手で周囲から「冷たい人」と思われがちだが本人は家族思いで責任感が強い。プロフィールの記述等から「お婆ちゃんっ子」らしき様子が伺える。
人知れず訓練を重ね、装備の整備やチェックも自身で行うなど隠れた努力家でもある。
自分自身は一歩引いた立場を取ることが多いものの、仲間の和を乱しかねない存在や要素には敏感で、成子坂側に対する諜報活動をしていた新谷芹菜の行動には勘付いており、彼女を穏便に退職させる為にその行為を黙秘したり、目的を果たした後は成子坂への復職を促すなどの気遣いもしている。
pixivにて行われた公式イラコンでは衣装部門とギア部門の双方で彼女のイラストが優秀賞に輝いた

相河愛花
CV:大空直美
キャッチフレーズ:お花大好き純粋少女
職業:中学生(藍澄中学校)
楓たちの後輩アクトレス。花屋の娘で、花と可愛いものが好きな普通の女の子。だがハンマーを「可愛い」、ヴァイスが爆散する様を「空にきれいなお花を咲かせるんだよ」と形容する独特のセンスの持ち主。性格は内気だが心優しく健気で、我の強い綾香のよき友人である。後にチームを組んだ睦海とも幼馴染で仲が良い。
泣き虫なのだが、その泣き声がやたらと豪快。うぃーっつ!うぃーっつ!

アイドル愛花綾香


一条綾香
CV:小澤亜李
キャッチフレーズ:自信過剰ツンデレお嬢様
職業:中学生(聖アマルテア女学院中等部)
愛花と同じく叢雲の年少組。高飛車で目立ちたがり、ワガママな性格のお嬢様。座右の銘は「ノブレスオブリージュ」。アクトレスとしても学校でも先輩にあたる怜には首根っこを掴まれている感が無きにしも非ず。なおキャッチフレーズにツンデレとあるが、デレる対象は無二の親友である愛花である。
pixivにて行われた公式イラコンでは二人のイラストが特別賞を受けた。

大関小結
CV:深田愛衣
キャッチフレーズ:マシュマロ管理栄養士
職業:調理師、管理栄養士
もとは叢雲工業の管理栄養士で、成子坂では社員食堂の調理師とアクトレスも兼ねるゆるふわ25歳。
のほほんとした雰囲気ながらも皆の好物と日々の体調を把握し料理を振る舞う仕事人。本人はご飯をおかずにご飯をいただけるタイプ(米人)で、油断すると即太る(その姿は「私服:伸」として実装済み)。扱う専用ギアのフレーバーテキストにも尽く「カスタマイズの結果重量が増した」とある重量級。

エンパイア中野

藤野やよい
CV:田中あいみ
キャッチフレーズ:大迷惑ハリケーンラッパー
職業:フリーター
エンパイア中野所属のアクトレス。東京シャード生まれ、HIPHOP育ち(?)なラッパー。事務所でも宇宙でもガチャから出てきたときも空気など読まずにラップ調で喋る。
専用トップスのスキルがブレイクダンスのパワームーブ。何かと四谷ゆみ(鳴子坂から出向中だった)に突っかかっていたが、それはラップの作法(dis)に則った絡み方であり、むしろゆみには懐いていた模様。出奔中だが爺やからこっそり小遣い貰っているとかサツキザマムとラップ対決とか人生いろいろある。
本性は文学少女で、小説系の、言ってみれば元祖に準じた同人活動を行っている。ただ、販売実績は振るわず恐らく印刷代での赤字が万年金欠の主原因だと思われる。
ラップにはまったのは、限られた語数で韻を踏んだり比喩を含めて表現する和歌や俳句の様式がリズムに乗せて歌うラップのスタイルと似通っていた為だと思われる。

下落合桃歌
CV:谷口夢奈
キャッチフレーズ:江古田のアイドル♥
職業:ローカルアイドル
時代が求めた歌って踊れるアイドルアクトレス(自称)。プレイヤー視点では隠す気の無い荒んだ本音がダダ漏れているが、カメラさえ回っていれば愛嬌を振りまき続けることができる。例え謂れなき冤罪によって事務所がガサ入れ食らっている最中でも。ホームである江古田ではまさに江古田を愛し江古田に愛された本物のアイドルとのこと。
存外に面倒見がよかったりデスクワークが得意だったりプロデューサーとしての才覚を見せたりもする。新進気鋭のアクトレスとして世間の注目を浴びる吾妻楓に凄まじい対抗意識を燃やしているが、アンチを拗らせすぎてもはや熱烈なファンなのではという領域に達している
地味にゴルフに精通しており、その縁でやよいの母親とも懇意にしている。

シャーリー・オークレイ
CV:三宅晴佳
キャッチフレーズ:テキサスじゃじゃ馬ガール
職業:フリーター
2019年春のイベントで唐突に参戦したテキサス・シャード出身のアクトレス。牛肉料理とプロレスと西部開拓時代のカウボーイ精神をこよなく愛するテキサスガール。基本的に近接戦闘用の装備を持たない(能力で体当りするハルトマンやルッキーニや弾切れした銃で直接殴るバルクホルン以外は)スライクウィチーズコラボ勢以外で、「拳銃」の専用クロスギアを持つ初めてのキャラ。
大の西部劇好きで、自らも「中野の保安官」を自称している。
最近ではサバゲータレントとして、テレビで人気を集めているとか。

聖アマルテア女学院

紺堂地衛理
CV:加隈亜衣
キャッチフレーズ:アブソリュート生徒会長
聖アマルテア女学院生徒会長兼エース。ストーリー序盤で成子坂に係争をふっかけ、見事に担当区域の一部を掠め取って行った。再登場の折にはヴァイスコロニー攻略の為に立ち上げられたアクトレス連合へ一度は参加を拒否するものの、個人的思惑から成子坂の隊長(プレイヤー)と手を結ぶ形で加わる。
こう見えて武闘派の家系で、幼い頃からアクトレスとして各地を転戦していたらしく、「戦っているときだけは自由になれる」と述べている。しかしながら平時にはお嬢様然とした柔らかな物腰であり、時おり茶目っ気も見せる。乗馬を趣味のひとつとしており、そのためか専用ギア(装備)には騎士やユニコーン、ペガサスの意匠が取り入れられている。
家名を背負う立場である事を自覚しそうあろうとはしているものの、実家が関わる企業グループの遣り口には批判的な思想を持っており、権威・権力の干渉に全く動じない隊長に興味と期待をもち個人的に同盟関係を結ぶ。
自身が負う柵とそれに対する反発心から常に他人に監視されている状況を想定し、隙を見せないように勤めているが、常に張り詰めているだけではいずれ限界を迎える事も理解しており、「心を許せる仲間」を作る事にも余念がなく、椎奈や奏を見出し強固な信頼関係を築いている。「アキ作戦」で得た情報を元に信頼できる仲間としてアマルテア学園に在籍する小鳥遊怜に注目し秋波を送っている。その際、心を許した相手には結構世話焼きな面がある事が判明した。

州天頃椎奈
CV:岩井映美里
キャッチフレーズ:剛拳フェミニン生徒会副会長
聖アマルテア女学院生徒副会長。ゲーム内テキストで地衛理に「見初められた」とあるのは伊達ではなく、拳で語り合った出会いから色々あってお互いに弁当を交換する関係になったとか。おっとりして家庭的だが、空手の道場の娘で、苗字のステゴロの名の通り戦闘力はとんでもなく高い。専用近接武器は片手剣カテゴリとなっているが、☆4に進化させるとなんとナックル(もはや「両手拳」!!)になる。通常の片手剣ならガードする操作がカウンター待機となる。
成子坂のメンバーや雰囲気が気に入ったのか自ら助っ人を買って出るなど、
アマルテアのアクトレスの中で最も成子坂のアクトレス達に好意を持っている様子が描かれている。

仁紀藤奏
CV:山岡ゆり
キャッチフレーズ:エキゾート薫る風紀委員
風紀委員長。明朗快活な世話焼きながらも人と適切な距離を保てるよくできた人物。
プロライダーの父・薫陶よろしく二輪免許持ちで、最速を目指しているらしい。戦闘中もライダースーツとフルフェイスヘルメットでキメ、SPスキルではバイク召喚してヴァイスに抉るようなドリフト&ターンを決める
その絵面は風紀委員どころか交通課のポリスメンの手を煩わせるもののように見えなくも無い。

ノーブルヒルズ・ホールディングス

琴村朱音/天音
CV:金子有希(朱音) 高田憂希(天音)
キャッチフレーズ:ツインガールズオーダー/ツインガールズフォロー
赤坂エリアをめぐって成子坂と凄絶な抗争を繰り広げた双子アクトレス。
長らくアンプレイアブルだったが、2019年5月31日にプレイアブルキャラクターとして実装されることが決定した。
その生い立ちから潜在的に他者への依存心が強く、そこに付け込まれていいように利用されていた。いろいろあった末に成子坂に所属するようになった後は、強い敵意を向けていた事も忘れて隊長に懐いており、彼女ら自身の性向の危うさは変わっていない。

サンティ・ラナ
CV:花守ゆみり
キャッチフレーズ:気高きグルカの戦士
ノーブルヒルズ社が成子坂打倒のために投入したグルカ傭兵アクトレス。
「戦士」と「アクトレス」の間に独自の基準で明確な差を設けており、「戦士であり、アクトレスでもある」と認める相手は非常に少ない。一方で「ヴァイスから人々の命と生活を守る」というアクトレス本來の在り方には徹底的に拘っており、それに反する指令を下してきたノーブルヒルズに反発し多数のヴァイスに立ち向かう成子坂の援護に駆けつけた。
その後はシャードを離れ、後にAEGiS所属のうえで成子坂出向となる。
その存在(グルカ傭兵)そのものが、本作の世界設定の不穏さの証左となっている。

AEGiS

籠目深沙希
CV:ルゥ・ティン
キャッチフレーズ:不可視な黒衣の未亡人(ステルス・ブラックウィドー)
真理さん29歳とか言っていた隊長たちの前に未亡人というキャッチフレーズを引っ提げて現れたアクトレス。
喪服のような黒基調の私服や豊かな双丘、憂いを含んだ眼差しや左目を過る様に垂れる一筋の黒髪・・・など色々と、エロい。ちなみに御歳22歳である。
初登場時はなんと「AEGiS職員の皆さん」というモブ扱いだった。
異名の通りいつでもどこでも姿を消すことが可能で、諜報活動だけでなくささやかな悪戯にも使っていたりする(といっても気付かれずに助言を与えるといった用途であるが)。
プレイヤーからは非常に高性能な光学迷彩装備を常時身に付けていると思われていたが、「そこにいることを認識するのを阻害する、彼女自身のアクトレスとしての能力」であることが軟式アカウントのツイートで判明した。
自身もアクトレスとして高い技能を有するが、情報部所属として海外出身者だけでなく国内出身のアクトレスの身元調査や監視を担当しており、更に裏では新谷芹菜と通じてAEGiSの方針にとらわれない独自の隠密行動を行っている。

山野薫子
CV:沼倉愛美
キャッチフレーズ:熟れたてスーパーバイザー
シナリオ中で多忙を極めた隊長の代行として登場したアクトレス教官。32歳
なお作中でもこの年齢でアクトレスを続けているのは非常に珍しいらしい。
司が実装されるまでプレイアブルキャラ最高身長だった(171cm。次点は舞の169cm)。
ちなみに四谷ゆみがアクトレス訓練を受けた際の教官だったらしく、ゆみからは頭の上がらない存在だと畏怖されている。
未婚だが居住地域の「ママさんバレー」チームに所属しており、チーム存続の為にゆみの伝を利用して成子坂のアクトレスをバレーボール大会に引き吊り込んだ事もある。

鳳加住
CV:非公表?
キャッチフレーズ:東京最強アクトレス
キャッチフレーズ通りの東京シャード最強アクトレス。現在アンプレイアブル。
ストーリー上の重要局面でしばしば指揮官として登場する。
しかし文島さんと「鳥の会」を結成したり、イベントでは成子坂製作所とママさんバレーで激闘を繰り広げたりと、イベントにも頻繁に登場することからプレイアブル化が待ち望まれている。
そのたたずまいと髪型から一部ファンからは少佐と呼ばれているとかいないとか。

その他所属

萬場盟華
CV:森永千才
キャッチフレーズ:ファッションブランドのカリスマ社長
職業:起業家(アパレルメーカー)
読者モデルや契約アクトレスの稼ぎを元手に自らのファッションブランド「ピンクサイクロン」を立ち上げたカリスマ黒ギャル実業家(24歳)。成子坂製作所とのスポンサー契約を打診され、文嘉とギャル語であれやこれやと折衝する。
スポンサーについては破談となったが、ふみふみ(文嘉)のことをいたく気に入ったようで、アクトレスとして援軍に駆けつけるなど社長個人にできる範囲で成子坂を支援している。
なお公式設定でバストサイズを盛っている(B→D)、バニー服ではパッドが確認でき、他キャラと違って胸が揺れないようになっている。

王紅花
CV:戸田めぐみ
キャッチフレーズ:中華料理的武装少女!
職業:料理人
上海シャード出身の16歳。今時珍しいレベルのステレオ中国人口調で喋るアクトレスネー。
中華料理店"紅龍苑"で働いているが、自前の屋台でメニューも注文も無く客の心が求める料理を振る舞う、という料理人修行じみたこともやっており、それがきっかけで成子坂の面々と知り合いアクトレスとして参戦。
メインストーリーの第一部には登場しない唯一のプレイアブルキャラクター(コラボキャラを除く)であったが、旧国家の枠組みを受け継ぐ各シャードの思惑が複雑に絡み合う第二部では、上海シャードからの援軍として成子坂陣営に所属する事になる。
故郷のアクトレス訓練は軍隊式で過酷なものであったらしく、成子坂のユルさは非常に居心地がいいらしい。
専用武器は青龍偃月刀で薙ぎを主体とした攻撃モーションは既存のランスカテゴリの武器とは大きく異なる。

ニーナ・カリーニナ
CV:白石晴香
キャッチフレーズ:モスクワ産腹ペコバーサーカー
職業:研究員
モスクワシャード出身のアクトレス。研究機関所属のアクトレスであり、その出自には謎が多い。
空腹になると三白眼になって暴れ出す奇癖の持ち主。
窮地に陥った東京シャードと成子坂製作所に対して、モスクワシャードから出向という形で現れた。
4章終盤で現れた各国のスパイ疑惑のあるアクトレスのひとりであるが、目下イベントでのトンチキな姿のほうが遥かに多い状態である。
ちなみに女性としては身長が高く、他キャラと並ぶと頭一つ抜けていたりする。

リタ・ヘンシェル
CV:木村珠莉
キャッチフレーズ:ツナギをまとった天使
職業:整備士
カッセルシャード出身のアクトレス兼整備士。というより整備士が本業
いかにもドイツ人らしい勤勉そうな面持ちが特徴。
4章終盤で、キャパシティオーバーに陥った成子坂に対して整備士として派遣された。
しかし、彼女もまた諸外国のスパイ容疑者である。
ストライクウィッチーズとのコラボでは所属国のモチーフが同じであるゲルトルートやエーリカとの交流もあった。

金潟すぐみ
CV:種﨑敦美
キャッチフレーズ:モデルメタフィジックス
イベント中でSOLラプターのサンプルをくみ上げた天才美少女モデラー。
『一周年記念 新アクトレスダブルピックアップ』にて安里とともにプレイアブル化。
名前の元ネタは『金型』と『素組み』と思われる。

新居目安里
CV:鬼頭明里
キャッチフレーズ:バスタードファイル
コラボイベント中でSOLストライクラプターを製作した天才美少女モデラー。
ジオラマ制作に定評がある。
プラモデルはあくまで素材で、そこに自分なりの個性を追加して「作品」として仕上げる事を至上命題として掲げるモデラー。
名前の元ネタは『荒い目のやすり』と思われる。

非アクトレス

源内あお
CV:日笠陽子
アニメ・FAガールの主人公。コラボイベントにて登場し3Dモデルもあったがアンプレイアブル。

吾妻京
CV:不明
の姉。佐蔵修道院でシスターをしている。

関連動画

ZUNTATA公式YouTubeチャンネル『ZUNTATA CHANNEL』による公式サントラ視聴動画


関連タグ

コロプラ シューティングゲーム

外部リンク

公式サイト
ZUNTATA公式サイト『Z-FIELD』内 サントラ紹介

関連記事

親記事

コロプラ ころぷら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アリス・ギア・アイギス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10864854

コメント