ピクシブ百科事典

メガミデバイス

めがみでばいす

コトブキヤのオリジナル美少女プラモデルシリーズ。
目次[非表示]

概要

2016年7月にイベントで発表された、同社が展開するフレームアームズ・ガール(FA:G)シリーズに続く美少女プラモデルシリーズ。

FA:Gが装甲を全て取り外した「素体」状態を再現出来ないのに対し、こちらはパーツの差し替えにより装甲装備状態と素体状態の双方を再現する事が可能となっている。素体には浅井真紀がかねてより企画していた新設計の可動素体規格「マシニーカ」を使用しており、より自然でダイナミックなポージングが可能。またフレームアームズ・ガールと共通の規格である3mm径のジョイントを使用しており、ハンドパーツも武装用の物が轟雷とスティレットと同じ物を、素体用の物がマテリア以降と同じ物を使用しているので、互いの装備を流用する事が可能となっている(第3弾以降はマテリア規格の手首のみを採用)。
FA:G用の頭部用ジョイントも付属し、素体にFA:Gヘッドを取り付けることが可能。武装神姫のヘッドにも対応し、神姫側のボールジョイントを取り外すことで素体に取り付けることができる。
構造自体神姫と似通っていることもあり、手足の交換が可能だが、軸の径が異なるため素体に直接神姫のパーツを取り付けることはできない。

第1弾・2弾は1つのパッケージに2種類の顔パーツ、及び武装時用・非武装時用ボディパーツが付属するコンバーチブルキットとなっている。ただしボディのパーツが1人分しか無いので、両方作りたい場合は2個購入するか、部品請求の必要がある。

全長は14cm程で、FA:Gよりも1cm程小柄(神姫素体とほぼ同じ大きさ)。

設定

西暦2046年、「機械少女」に「模型の武装」を施し戦わせるバトルプラホビーが始まる。
使用機体はプレーヤー自ら組み立て、完成させなければならない。
Mechanical Girls × Armament of Miniature
頭文字を取って、機体は「MEGAMI(メガミ)」と呼ばれる。
全高14cm。AIで稼働する。(公式サイトより)

商品ラインナップ


第1弾「WISMソルジャー・アサルト/スカウト」/第2弾「WISMソルジャー・スナイプ/グラップル」

2016年12月・1月発売。デザインは島田フミカネによる。
コトブキヤショップ限定で、彩色を変更した髪パーツが別途付属する(なおこれは以後のシリーズでも恒例の特典となる)。
第1弾はFA:Gよりも生産数を増やしたものの、あまりの人気と注目度から各地で予約が殺到し、コトブキヤオンラインショップでは注文を受け付けてから僅か2日で予約を締め切ってしまった。
なお「WISM」とは、woman’s imperial space marines(帝国婦人宇宙海兵隊)の略称で、島田フミカネ氏が設定した、「宇宙を舞台とした2046年のSF映画、アニメ、コミックのメディアミックスコンテンツの名称」である。

リアルTYPE

外装をダークグレーに変更したコトブキヤショップ限定版。
イベントで先行販売され、一般販売は2017年6月に行われた。

第3弾「SOLホーネット」/第4弾「SOLロードランナー」

ホーネットは2017年6月、ロードランナーは2017年7月発売。デザインはキャラクター部分を黒星紅白、メカニック部分を柳瀬敬之が担当(奇しくもこれは武装神姫・幻のバイク型、エストリル&ジルリバーズのコンビである)。
ホーネットは飛行ユニット、ロードランナーは車輪式の地上走行ユニットを装備し、2体のパーツは組み合わせて1つのユニットを形成し「フルアーマーモード」にすることができる。

第1弾と2弾は2キャラクターのコンパチ仕様だったが、第3弾・4弾は1種類となった分、武装パーツが大幅に増えている(ただしボリュームは神姫でいう『ライトアーマー』程度)。武装の組み換えや追加で拡張を行えるのも神姫譲りの仕様といえる。

ロービジリティ

外装をグレー系の低視認性カラーに変更したコトブキヤショップ限定版。
イベントで先行販売され、コトブキヤショップでは2017年12月に発売予定。

第5弾「朱羅(あすら)/忍者」/第6弾「朱羅/弓兵」

忍者は2017年12月、弓兵は2018年1月発売予定。
デザインをNidy-2D-が務める、和風モチーフを取り入れたキャラクター。
2体の部品を組み合わせることで「朱羅/侍」になるという3・4弾と同様のギミックが採用されている。
第3弾・4弾より武装パーツが細分化されているため、武装の組み合わせ自由度が増している。

第8/9弾「マジカルガール」/「ウィッチ」

2017年夏ワンダーフェスティバルにて発表。デザインは凪良が務める。なお凪良も島田・黒星・柳瀬と同じく武装神姫デザイナーである(参考展示のみで発売はされなかった)。

「吾妻楓(あがつま・かえで)」

2017年夏ワンダーフェスティバルにて発表。スマートフォンゲーム「アリス・ギア・アイギス」とのコラボレーションモデル。
デザインは島田フミカネが務める。

関連タグ

  • 武装神姫:プロデューサーと素体原型(浅井真紀)が同じであり、設定も『14-15cmのフィギュアロボ』、設定年代もほぼ一致しており(どちらも「発売年+30年」)、さらに公式サイト掲載漫画をどちらもからしいちが担当している、と多くの点で共通点を見いだせることから、「メガミデバイスは武装神姫の精神的後継作である」と見ているユーザーは少なくないが、一方で同一視を嫌うユーザーが存在することも確かである。上述のとおり無改造で頭部の交換ができるのはおそらくプラモ版神姫とのミキシングを意識してのものと思われる。
  • フレームアームズ・ガール:同社から出ているオリジナル美少女プラモ仲間。WISMや吾妻楓とはFAガールとデザイナーが同じ島田フミカネ(フレズヴェルク、グライフェン、白虎などを除く)である。公式からライバル商品と暗に語られているが、その割にはFAガールの頭部を装着するための首パーツやFAガールから流用してきた手首パーツが付属しているため、ほんとにライバルなのかは怪しい。
  • コトブキヤ フィギュア プラモデル

pixivに投稿された作品 pixivで「メガミデバイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65819

コメント