ピクシブ百科事典

30ミニッツミッションズ

さーてぃーみにっつみっしょんず

30ミニッツミッションズとは、バンダイスピリッツが2019年6月から展開開始するオリジナルロボットプラモデルである。
目次[非表示]

量産機よ、立ち上がれ…!

概要

30ミニッツミッションズとは、バンダイが「FUNPORTER」の一環で企画し、発表した新しいロボットプラモデルのブランドである。
正式な表記は『30 MINUTES MISSIONS』。略称は『30MM』名前の由来は「30分夢中になれる時間を提供する手軽で簡単なキット」というコンセプトから。ホビージャパンのインタビューによれば、開発当初は30分で組み立てられるというコンセプトが考案されていたが、「プラモデルの組み立てに要する時間は個人差が大きい」という理由で変更されたという。
海老川兼武デザインの2種類の量産機ロボットとカスタマイズパーツ各種による商品展開が発表されており、ロボット本体は80パーツと比較的少ない個数で構成、直感的でわかりやすいランナーでのパーツ配置など組み立てやすさを考慮、更には共通関節の採用や塗装なしでもカラフルにカスタマイズが可能なように設計がなされているとのこと。そのため対象年齢は8歳以上となっており価格と相まって模型製作のハードルを低くしているのも30MMの特徴といえる。
先駆者で共通点の多いフレームアームズと比較されることが多いが、そちらは細かいパーツ分けが多くハイエンドユーザー向けに近い構造(対象年齢15歳以上)であるため対照的なコンセプトといえるかもしれない。

2019年2月14日に発表された後、2019年2月22日にラインナップが発表された。
2019年6月から発売が開始。本体及びアーマーのカラーバリエーション、そしてオプションパーツの販売という体制で行われていたが、12月以降からはオプションパーツ込みの本体とのセット販売が行われるようになっている。
後に新規メカである地球連合軍の「ラビオット(RABIOT)」及びデザイナーとして柳瀬敬之とバイロン軍側のメカ「シエルノヴァ」のデザイナーである渭原敏明の参加が発表された。さらにサポートメカである「エグザビークル」も発表されている。

そして2021年4月より新たなる第三勢力ことマクシオン軍の「スピナティオ(SPINATIO)」(デザインは海老川兼武)発売が発表。4月にはスピナティオ戦国仕様、5月にはスピナティオ忍者仕様発売が発表。さらには2021年3月19日にてスピナティオの女性風アレンジの「スピナティア(SPINATIA)」(デザインは無論海老川兼武)の情報が公開。2021年7月にスピナティアフェンサー仕様、2021年8月にスピナティアアサシン仕様発売が発表された。

派生シリーズとして2021年7月から「30MINUTESSISTERS」がリリース予定。こちらは美少女プラモデルシリーズとなるようで、どちらかというとこちら或いはこれに近い。

世界観

設定がほとんど存在しないと思われる30ミニッツミッションズだが一応の世界観は存在している。

西暦20XX年
突如として地球軌道に未知の人型ロボット兵器を使う高等生命体の航宙艦が飛来する。不幸な出会いから、人類と異星人の航宙艦は交戦状態となるが苦戦の末に人類はこれをなんとか撃退することに成功した。

地球軌道上に空間転移門(ゲート)が突如出現した“スカイフォール”から数十年が経過していた。
未だ世界紛争は至る所で起きているが、ある兵器の誕生が近代戦闘の戦術を一変させる。
拡張型武装及びモジュール結合システム通称“エグザマクス”の登場が瞬く間に世界の軍事バランスを塗り替えた。

2XXX年末。
再び、地球軌道上に空間転移門(ゲート)が出現する。
ゲートから現れたのは、地球人と似た容姿の惑星バイロン人だった。
バイロン軍はエグザマクスとよく似た機体“ポルタノヴァ”で各国に攻撃を開始。
紛争をしていた各国は地球連合軍を結成。
地球連合軍とバイロン軍の戦いの火蓋が切って落とされる。

用語解説


エグザマクス(EXAMACS)

Extended Armament & Module Assemble & Combine System
(拡張型武装及びモジュール組立結合システム)の頭文字「EXAMACS」
機体の各部はモジュール化され、環境に合わせて機体の各部分を交換し、
様々な戦況に対応できるシステムを搭載した機体である。
パーツの換装による能力の変更・拡充がエグザマクスの真骨頂である。

ロイロイ(Roy-Roy)

Researcher-Observer-Yaeger
エグザマクスの補助および支援用の小型ロボット。
人工知能により戦場を駆け回る。
分割が可能でロイロイの頭部を、そのままエグザマクスの頭部として使用する事も可能。

エグザビークル(EXA-Vehicle)

エグザマクスの支援用機構兵器。
エアファイター型、タンク型、アタックサブマリン型、スペースクラフト(=多脚車両)型、キャノンバイク型と豊富なヴァリエーションが存在する。
上記のロイロイを圧倒する大きさで、ロイロイと同様に必要に応じてパーツを分割、エグザマクスのカスタマイズに用いる事も可能。

登場機体


アルト (ALTO)

モデル:第3世代型
全高:16m
重量:31.5t

形式は「eEXM-17」。IT企業“サイラス”が開発した地球連合軍に所属しているエグザマクス。直線的でスリムなデザイン。機動性、操縦性に優れたスタンダード機。拡張性に特化しており、現行兵器との互換性が高い。世界各地でオリジナルカラーや追加装備を施され配備されている。合体可能な小型支援メカ・ロイロイが付属。

プラモデルは本体及びオプションパーツ全て1/144スケールで、本体プラモサイズは約11センチメートル。
2019年6月にホワイト、ブルー、イエローの本体が1382円(税込)で、対応する近接戦闘用オプションアーマー&シールド(ダークグリーン、オレンジ)、長距離狙撃用オプションアーマー&シールド(ダークグレー、ブルー)がそれぞれ324円(税込)で、オプションウェポン1が540円(税込)で発売されることが発表されている。
2019年8月にレッドの本体が1382円(税込み)及び指揮官機用オプションアーマー(ホワイト、ブラック)が324円(税込み)、2019年9月にダークグレーの本体が1382円(税込み)、オプションバックパックⅠ(平手付属)が432円(税込み)で発売。
2019年10月にグリーンの本体が、11月にはブラックの本体が1408円(税込み。消費税率増税により)で、12月にはネイビーの本体と同色のマルチブースターユニットとキャノン砲をセットした空中戦仕様セットが1980円(税込み)で、2020年1月にはパープル本体が1408円(税込み)で、2月にはブラウンカラーの本体と陸戦仕様のユニット等をセットにした陸戦仕様セット(税込み1980円)が、3月にはグレーの本体が発売。その後空戦仕様オレンジカラーと陸戦仕様オリーブドラブカラーが発売された。


ラビオット (RABIOT)

モデル:第3世代型
全高:??
重量:??

形式は「eEXM-21」。地球連合軍に所属しているエグザマクス。アルトの機能強化型でありオプションも一部互換性がある。

2020年4月にホワイトとオレンジ、ダークグレーの本体が5月に発売。その後ネイビーの本体は発売され、2021年5月にグリーンの本体発売が発表されている。
また、オプションとして拠点攻撃用アーマー(ダークブラウン)及び特殊作業用アーマー(イエロー)などが発売されている。


ポルタノヴァ (PORTANOVA)

モデル:第3世代型
全高:16m
重量:35.2t

形式は「bEXM-15」。バイロン軍に所属しているエグザマクス。耐弾性、出力に優れたスタンダード機。アルトとは異なり曲面を多用した重量感のあるデザインの装甲で、実弾、ビーム兵器のどちらにも対応する耐弾性能を追求。ビーム兵器の使用を想定した高出力機体。本国には、“黒の近衛師団”をはじめとする主力部隊が存在するといわれている。こちらにも合体可能な小型支援メカ、ロイロイが付属。
プラモデルは本体及びオプションパーツ全て1/144スケール。
アルトに遅れること2019年7月にグリーン、ダークグレー、レッドの本体が1382円(税込)で、対応する近接格闘用オプションアーマー&シールド(ダークレッド、サンドイエロー)、特務部隊用オプションアーマー&シールド(ライトグレー、ライトブルー)がそれぞれ324円(税込)で、オプションウェポン1が540円(税込)で発売されることが発表されている。
2019年8月にブルーの本体が1382円(税込み)で、2019年9月にイエローの本体が1382円(税込み)及び指揮官機用オプションアーマー(レッド、ネイビー)がそれぞれ324円(税込み)、オプションバックパックⅡ(平手付属)が432円(税込み)での発売が発表されている。
2019年10月にはホワイトの本体、11月にはネイビーの本体、12月にはブラウンの本体が1408円(税込み)で、2020年1月にはグレーの本体と宇宙戦仕様のパーツ等をセットにした宇宙仕様が1980円(税込み)で、2月にはブラックの本体が1408円(税込み)、3月にはパープルの本体と水中用タンク等のセットである水中戦仕様が発売。その後はブルーグレーカラーの水中戦仕様が発売され、2021年6月にダークパープルカラーの宇宙戦仕様発売が発表された。

シエルノヴァ(CIELNOVA)

モデル:第3世代型
全高:??
重量:??

形式番号は「bEX-14T」。ポルタノヴァと同時期に開発された機体であり、アルトをはじめとする地球連合軍のエグザマクスの基となった機体でもある。主に指揮官用として運用されており、索敵能力が強化されているのが特徴。
2020年6月にグリーンとダークグレーの本体が発売。防衛作戦用と士官部隊用オプションアーマーの発売も発表されている。その後ホワイトカラーの本体が発売後に2021年5月にブラックカラーの本体発売が発表された。

オプションユニット

2019年8月にマルチブースターユニットが648円(税込み)で、9月にアームユニットライフル&大型クローが648円(税込み)で発売される。
2020年2月には共通ジョイントと追加装甲・武器が同梱したオプションパーツセット1が、2020年3月には新武装とオプション装備が同梱したオプションパーツセット2が発売されている。

カスタマイズシーンベース

2020年4月から発売されている、横方向に連結が可能な六角形のベース(台座)。ベース自体はガンプラ用の「アクションベース」と互換性があり、アクションベースとの連結は勿論、アクションベースのアームを直接取り付ける事も可能。
ロボット以外にも使えそうなのでフィギュア好き等からも注目されている(というか砂漠ver.の風紋は1/144には大きすぎる)。

  • 無印:格納庫。壁と支柱も付属しており縦に連結することも可能。
  • 情景ver.:街並みが小スケールで再現されており、高空を飛んでいるシーンの再現に向いている。
  • 砂漠ver./雪原ver.:砂漠や雪原を再現したベース。
  • 水上ver.:無印をクリアブルーにしたもの。更にベースの中央部分が外れるようになっていて、一部からは「ロビンマスクvsアトランティスを再現したい」等のネタが挙がっている。

スピナティオ(SPINATIO)

モデル:??
全高:??
重量:??

地球連合側でもバイロン側でもない第三勢力であるマクシオン軍所属のエグザマクス。
形式番号は「EXM-A9s」(戦国仕様)及び「EXM-A9n」(忍者仕様)。
日本風のイメージでデザインされ。赤色主体の戦国仕様(2021年4月発売)、青色主体の忍者仕様(2021年5月発売)が存在。

スピナティア(SPINATIA)

モデル:??
全高:??
重量:??

スピナティオと同様の第三勢力マクシオン軍所属と思われるエグザマクスで、女性型の機体でもある。
形式番号は「EXM-E7f」(フェンサー仕様)及び「EXM-E7a」(アサシン仕様)。
前述通りの女性風のデザインがされており。黒と白主体の素体に紫色主体の武装を纏ったフェンサー仕様(2021年7月発売)、白と灰色主体の素体に桃色主体の武装を纏ったアサシン仕様(2021年8月発売)が存在。
全高は13.5cmと今までのシリーズより大きめ。


30MINUTES MISSIONS 第1弾PV




30MINUTES MISSIONS 第2弾PV




余談


関連項目

バンダイ 量産機 海老川兼武 柳瀬敬之 1/144
プラモデル
HG IBO グレイズシリーズ HGFCデスアーミー HGACリーオー及びHGACマグアナック…本ブランドが大いに影響を受けている存在。
フレームアームズ プラアクト…本ブランドが大いに影響を受けているのブランド。
M.S.G.…やはり本ブランドが大いに影響を受けている他社のブランド。

ロボット・コンチェルトアニマギア…同じ2019年に発売したバンダイの商品。3ミリジョイントで一部のパーツの組み合わせが可能。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

バンダイ ばんだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「30ミニッツミッションズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5325

コメント