ピクシブ百科事典

マグアナック

まぐあなっく

マグアナックとは、TVアニメ「新機動戦記ガンダムW」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

地球圏統一連合の支配を快く思わず、抵抗運動を続ける中東諸国が開発した局地戦用モビルスーツ
「マグアナック」とはタガログ語(ピリピノ語)で「家族」の意。

総勢40機のマグアナックで構成された「マグアナック隊」によって運用され、ウィナー家の嫡男であるカトル・ラバーバ・ウィナーの駆るガンダムサンドロックと行動を共にする。
リーオーを上回る基本性能を有しており、砂漠などの過酷な環境に耐えうるだけの信頼性を備えている他、小規模な改造を加えるだけで宇宙での運用も可能になるなど、汎用性にも優れる。
同じくマグアナック隊で運用される砲撃戦用モビルスーツ「オリファント」とパーツの互換性があり、整備に於いてもある程度の融通が可能。

最大の特徴はリーオーをも上回るバリエーション数にあり、マグアナック隊によって運用される40機のマグアナックはベースとなった機体こそ同じであるが、パイロットに応じて個別のカスタマイズが成されており、部隊内で完全に同一の仕様の機体は存在しない。
代表的なバリエーションは、隊長機として関節の装甲強化とバルカン砲や装飾の追加がされたラシード機、左腕部にガンダニュウム合金製クローを装着したアウダ機、上半身の装甲強化とサブカメラの増設が行われたアブドゥール機、高機動型バックパックを装着したアフマド機などがある。

地球圏統一連合とホワイト・ファングとの最終決戦、そしてマリーメイア軍によるクーデターから数十年の時を経た火星に於いてはモビルドールタイプの本機の運用が確認されている。

立体物では

アクションフィギュア「モビルスーツ・イン・アクション!」ではラシード機、アウダ機、アブドゥール機のセットが登場(海外で先行発売されたものは単品ずつリリースされた)。
プラモデルではSDガンダムBB戦士にてリリース。こちらはラシード機とアウダ機を再現可能。
そして2019年4月にガンダムサンドロックを差し置いてHGAC化。
カスタマイズが施されていないベーシック機が発売された。
後にプレミアムバンダイでラシードやアウダの機体が登場(ラシード機はアブドゥル機、アウダ機はアフマド機のどちらかを組めるコンパチ仕様)。更にはマグアナック隊を再現できるマグアナック36機セットも登場。こちらは前述の4機を除く残りの36機が立体化、ボーナスパーツも豊富に付属する豪華仕様となっている。

関連項目

新機動戦記ガンダムW 新機動戦記ガンダムWEndlessWaltz
カトル・ラバーバ・ウィナー マグアナック隊

関連記事

親記事

マグアナック隊 まぐあなっくたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マグアナック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42357

コメント