ピクシブ百科事典

OZ(ガンダムW)

おず

OZとは、新機動戦記ガンダムWに登場する私兵集団。ガンダムパイロットの敵組織に該当。
目次[非表示]

概要

新機動戦記ガンダムWに登場するロームフェラ財団の尖兵としてアフターコロニー175年結成された私兵集団。元々は地球圏統一連合だった組織で、表向きにはスペシャルズと名乗っていたが和平派のノベンタ暗殺と各国の連合軍統合を目的としたオペレーション・デイブレイクで旧連合を制圧・吸収する形で歴史の表舞台に立つ事となる。

地球圏統一連合を手懐けスペースコロニーを影で制圧していたロームフェラ財団が、自らの障害になる非暴力・非武装主義を唱える指導者ヒイロ・ユイ暗殺後に組織した。

TV版放映開始時の総帥はトレーズ・クシュリナーダ。同じく組織の顔であるゼクス・マーキスは指導者ヒイロ・ユイ暗殺から7年後、同じく障害になるとロームフェラにより崩壊させられたサンクキングダムの王子ミリアルド・ピースクラフトであり、復讐のために入隊した。

かつてガンダム開発者も組織と関わりがあったようで、機動力と防御力両方を併せ持つモビルスーツ(MS)・トールギスを開発している。
OZは連合各国にMSを提供しているが、それらMSは全てトールギスから派生したものとなっている。

所謂ガンダムシリーズの敵組織だが、他の敵組織と比べ組織内部の移り変わりが異常に早く、中盤にしてトレーズが代表を降り、ゼクスが軍を除隊している(軍内部では戦死と扱われた)。

非公式ではあるが、TV版とEWの間にあたる『新機動戦記ガンダムW ~ティエルの衝動~』で元OZのエースパイロットが登場していた。

所属

トレーズ・クシュリナーダ(CV:置鮎龍太郎)
ゼクス・マーキス(CV:子安武人)
ルクレツィア・ノイン(CV:横山智佐)
レディ・アン(CV:紗ゆり)
ヒルデ・シュバイカー(CV:荒木香恵)
アレックス(CV:難波圭一)
ミュラー(CV:草尾毅)
ツバロフ・ビルモン(CV:幹本雄之)

個別記事のないキャラ

ワーカー(CV:中村大樹)
オットー(CV:森川智之)
メーザー(CV:関智一)
トラント・クラーク(CV:中博史)

メカニック

モビルスーツ

トールギス
トールギスⅡ
リーオー
エアリーズ
トラゴス
キャンサー
パイシーズ
トーラス
ヴァイエイト
メリクリウス
ビルゴ
ビルゴⅡ
ガンダムエピオン

戦艦

宇宙要塞バルジ
宇宙要塞バルジ改

OZの分裂まとめ

大体7話から10話前後ごとに分裂が起きている。

  • オペレーション・デイブレイク(7話)
対象:地球圏統一連合
分裂:スペシャルズ(→OZ)⇔旧連合地球軍
トレーズがオペレーション・メテオによる世界中の混乱に乗じて計画し、ガンダムパイロットを誘き寄せたノベンタ元帥殺害と同時期に行われた作戦。
早い話が地球圏統一連合から能力が優秀な人材に前もってスペシャルズという特別な地位を極秘に与え、計画発動後その制度に反抗する能力のない人材を武力で制圧するというもの。このスペシャルズの集まりこそOZである。
スペシャルズの中にはゼクスやノインも含まれており、制圧もやむ無しという考えだったが、トレーズの思想を曲解しアレックスとミュラーのように制圧そのものを楽しむ危険分子も少なからず存在していた。

また、ブントのようにスペシャルズには選ばれなかったが管轄区域をOZに売り渡すことで手柄を立てる裏切り者や、サリィ・ポォのようにオペレーション・デイブレイクをきっかけに祖国だった独立国家管轄の残党が独裁に乗り出したというスペシャルズの選抜以外の理由で連合(OZ)と敵対している者も存在する。

  • OZ宇宙進出(17話)
対象:地球圏統一連合
分裂:OZ⇔旧連合宇宙軍残党
オペレーション・デイブレイクの延長線にあたる。
OZの地球圏の完全支配はすでに成功を迎えていたが、それでもなおOZに反抗する旧連合の宇宙軍残党を一掃するため、モビルドール(MD)の試験運用も兼ねて宇宙にレディ・アン特佐を派遣した。
さらに旧連合が保身のためコロニーを人質に取っていたことさえも逆手に取り、OZは旧連合に全ての責任を転嫁しコロニーと和平を結ぶ。これ自体は分裂ではないが、この時OZ地球軍と宇宙軍に分かれていたことが終盤の混乱を生んでしまう。

皮肉なことだが、この時シャトルごと宇宙を漂流していたカトル・ラバーバ・ウィナーはOZに殺されかけたところを旧連合残党の命がけの行為のおかげで何とか生き延びている。

  • オペレーション・ノヴァ(25話)
対象:OZ
分裂:ロームフェラ財団派⇔トレーズ派
18話でモビルドール肯定・ガンダム及びガンダムパイロット殲滅派のデルマイユ公爵とツバロフ・ビルモン技師長を中心としたロームフェラ財団派とモビルドール反対派のトレーズ派に分裂したことで発生したのがそもそもの発端(「ツバロフを殺せ」の台詞が有名)。
ツバロフとデルマイユはロームフェラ財団派からトレーズ派に寝返ったレディ(ただし彼女自身は元からトレーズ派で、ロームフェラ財団の思想を受け入れたのは真意に気付かないままトレーズを思っての行為だった)を銃撃しトレーズを総帥から解任し幽閉させた後、ロームフェラ財団派がトレーズ派の兵士を殲滅させる作戦を企てた。

なおOZの中にはモビルドールを肯定するロームフェラ財団派でありながらゼロシステムの有用性を主張するどちらの味方とも言えない軍人も少なからず存在し、そのうちの1人が後に独断でウイングゼロを持ち込んだトラント・クラーク特尉だった。
さらに後述のクーデターを起こすためにトレーズ派でありながらロームフェラ財団派を演じ続けた反乱分子も数多く存在している。

  • アルテミス・レボリューション(37話)
対象:OZ宇宙軍
分裂:ホワイトファング+ホワイトファング兼トレーズ派⇔OZ宇宙軍残党(殲滅)
OZがロームフェラ財団派に掌握されていた事を快く思っていなかったOZ宇宙軍トレーズ派の残党がコロニー過激派のホワイトファングと極秘裏で手を組んだことで発生したクーデター。
これにより事実上宇宙軍の総帥的立場だったツバロフは戦死、OZ宇宙軍はコロニー過激派に乗っ取られ周囲のコロニーを巻き込む内乱が発生、さらに宇宙軍の拠点であった宇宙要塞バルジガンダムエピオンに破壊され(バルジ一刀両断で有名なところ)開発中だった宇宙戦艦リーブラも強奪された事で主導権は完全にホワイトファングの手に渡ってしまう。

似たような動きは地上にあるOZ地球軍でも発生していた。
サンクキングダムの制圧に成功したデルマイユはOZ地球軍及び同財団の代表にリリーナ・ピースクラフトを抜擢する。しかし、彼女の言動は逆にデルマイユの意に反し財団を完全非武装化に歩ませ始める事となる。
自業自得で自らの地位を失墜させ完全に墓穴を掘ることとなったデルマイユは娘のドロシー・カタロニアに唆され宇宙に上がる事を決意。しかしツバロフの策で宇宙で戦いをもたらすものを無差別に攻撃していたアルトロンガンダムがホワイトファングにも攻撃を仕掛けてきたのを口実に「ガンダムは地球側の戦力」と言いがかりを付けられ、宇宙全域のOZ宇宙軍殲滅を目的にモビルドール部隊を送り込まれる。その規模はデルマイユの乗るシャトルが飛行する空域もを巻き込み、トーラス部隊の攻撃によりシャトルごと戦火に飲まれてしまった。

これとはまた別にトレーズ派の残党が宇宙戦艦リーブラを取り戻そうと独断でC421コロニーを乗っ取る反乱も起こしているが、ガンダムデスサイズヘルに制圧に用いていたトーラス全機を破壊・捕縛されOZ宇宙軍はほぼ消滅という道を辿ることとなった。

  • トレーズOZ総帥復権(41話)
対象:OZ地球軍
分裂:世界国家軍(OZ武装派)⇔OZ非武装派(殲滅及び世界国家軍に吸収)
リリーナ・ピースクラフトの演説により一時期平和路線を歩みつつあったロームフェラ財団だったが、ホワイトファングの宣戦布告により急遽戦力を用意する必要が出てきたOZ地球軍はトレーズのリリーナ解任及び総帥復権により世界国家軍として再び軍事化の道を進み始めた。
宇宙軍と比べると大まかにしか描かれていないものの、その経緯にはかつてのオペレーション・デイブレイク同様反対勢力を一掃、または吸収している事が明かされている。

関連タグ

新機動戦記ガンダムW ホリス・ホライアン

pixivに投稿された作品 pixivで「OZ(ガンダムW)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1667

コメント