ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:加藤治

秘密結社OZを牛耳るロームフェラ財団の総裁代行の公爵。

本編ではよくデルマイユ公と呼ばれており、フルネームはFrozenTeardropで判明した。

OZ総帥であるトレーズ・クシュリナーダの叔父でドロシー・カタロニアの祖父でもある。また息子のキーリア・カタロニアは以前の地球圏統一連合軍の司令官でもありOZ初代総帥でもあった。

根っからの貴族主義で自分たちの様な貴族で構成されたロームフェラ財団による管理・支配が地球圏の平和に繋がると考えている男で財団の腐敗した性質を最も強く体現する人物。財団の親玉であるがカリスマ性も求心力も無い。劇中でも見る限り強硬路線をひた走っているように見えるがこれは息子キーリアの戦死が原因らしい。

和平に動いた地球圏統一連合を見限り、OZに地球圏制圧を実行させた。コロニーから送り込まれたガンダムを支配の妨げとして敵視しており、抹殺対象にした。更に独断でウイングガンダムを修理しているゼクス・マーキスを排除しようとする(尚、ゼクスの正体がミリアルド・ピースクラフトである事はわかっている模様)。

そしてOZが宇宙へ出陣しコロニーとの友好を結んだ頃にツバロフ・ビルモンが開発したモビルドールをOZの主戦力として採用・導入し、これを宇宙で大量生産して地球各地の紛争を一気に終息させると言う手段で世界の統治・支配を決定した。

しかしこれに反発したトレーズを更迭・幽閉した結果、OZの分裂を招いてしまう。

一応モビルドールは認めているがゼクスに撃破されている事で全面的には信じていない模様。


各所で財団に逆らうトレーズ派の撃破と反乱分子の象徴ガンダムの抹殺を行うと同時に完全平和主義の提唱で世界各国で支持され始めたサンクキングダムを邪魔に思い、嫌がらせ同然の巧妙なやり方で攻撃しつつ、遂に総攻撃を命じて再び滅亡に追い込む(しかも表向きではサンクキングダムに集まっていたガンダムや反乱分子のせいで戦闘が起こったと情報操作まで行った)。更にドロシーの手引きで財団へ招いたリリーナ・ピースクラフトをその求心力を利用してロームフェラ財団による世界国家の女王に祭り上げて、一気に世界全体を支配しようとする。しかし、傀儡と思われていたリリーナがその出自とカリスマやらでかねてからデルマイユのやり方に不満を抱いていたウェリッジ侯爵を始めとする財団幹部の人心と実権を掌握して財団を乗っ取り、逆に財団内で孤立し失脚してしまう。ドロシーの提案で宇宙要塞バルジに向かう途中、ホワイトファングに襲われて死亡した。


コミックボンボンでの漫画版ではツバロフと共にバルジでホワイトファングやガンダム達と戦うがリーブラ砲で死亡した。

敗者たちの栄光では、月面基地に向かう途中でホワイトファングに拘束されるが、隙を見て逃走。ツバロフと共にモビルドールを起動させて抵抗するも、アルトロンガンダムにモビルドールを(ホワイトファングのMSごと)ことごとく破壊されてしまい、ツバロフが半狂乱になっていく姿を目の当たりにしながら彼と共に爆発に巻き込まれ死亡した。


クロスオーバー作品において

クロスオーバー作品であるGジェネスパロボではティターンズアロウズ等と結託することが多い。

非戦闘キャラなので主人公部隊と戦わずに死ぬことが多い。


尚、Another Century's EpisodeにおいてはUCEを牛耳るOZのリーダーとして序盤辺りは主人公であるロンド・ベルに指示を出すが後にコロニーに攻撃を行う横暴ぶりが原因で敵対する事となる。この作品においてはOZとティターンズはUCE内で権力争いをしておりOZが勝ったことが原因でティターンズがUCEに反旗を翻す結果となる。


関連タグ

ロームフェラ財団

OZ(ガンダムW)

トレーズ・クシュリナーダ

ドロシー・カタロニア

関連記事

親記事

ロームフェラ財団 ろーむふぇらざいだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました