ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

武力戦争などを完全否定する完全平和主義を提唱する北欧FrozenTeardropによるとスカンジナビア半島)に位置する王制国家。王家であるピースクラフト一族が統治してきた。首都はニューポートシティで。

昔は地政学的に紛争に巻き込まれやすいと言う平和とは程遠い国で資源に乏しく軍備も小さいレベルで欧州の大国の思惑に翻弄される事も幾度かあり、地球圏統一連合樹立後も反連合組織に侵入されたりして戦闘の舞台になったりしていた。アフターコロニー145年にはとある戦いが切っ掛けで連合から莫大な賠償金を請求されたがその後に国王になったマルティクス・ピースクラフトがそれまでの軍事費を医療研究につぎ込むようになった。それによって世界でも一番と言われるほどの医療技術を持つに至り、教育システムも国民の3分の1が医者・看護師になるように改変、そして医療器具の開発もトップクラスとなり、それらの収入によって賠償金を数年で返済し、そして紛争地域で無償で怪我人の治療をしたりして戦争における死者を激減させたりした事で世界の発言力を高めていった。まさに国が丸ごと病院になったようなものでその結果、この医療国家は紛争に巻き込まれるような事は無くなっていったと言う。

当時、宇宙で危険だった出産の問題もこのサンクキングダムの医療チームが解決した。その為か、コロニーの平和的指導者ヒイロ・ユイとも親交があり、またトレーズ・クシュリナーダも幼少の頃からこの国と付き合いがあった(と言うのも精神を病んだ母親が同国の王立病院に入院していたから)。ヒイロ・ユイの死後から世界に平和を築き上げるべく完全平和主義を提唱するようになり、軍備も完全に破棄した。

しかし、アフターコロニー182年に軍事支配と言う形で平和を築こうとしていた当時の連合から危険視され、連合軍のダイゴ・オネゲル准将率いる部隊の攻撃で一度は滅亡、国王マルティクスも王妃も殺害され、幼かった王子ミリアルド・ピースクラフトと王女リリーナ・ピースクラフトは行方不明となってしまった。

滅亡から13年後のアフターコロニー195年。連合に対してクーデターを起こしたOZの侵攻を受け、サンクキングダム駐留の連合軍部隊はOZ所属のゼクス・マーキス(実はミリアルド・ピースクラフトその人)と部下のオットーの駆るトールギスの攻撃で壊滅(オットーは犠牲になったが)、その後、自分の出生を知ったリリーナにより復興し、平和を唱える各国からの留学生を受け入れていった。


サンクキングダム紛争

モビルドールに関する揉め事から始まったOZの分裂抗争が世界中で発生する中、完全平和主義は長い戦乱に疲れ果てた世界各国から賛同され始め、ロームフェラ財団内部でもその思想に賛同する者が発生していたが、軍事支配を望む財団の頭目デルマイユから疎まれ始め、結果的に侵攻される羽目になった。この時はノインが独断で軍備を配備したり、財団に追われるようになったトレーズ派を兵力として受け入れたり、カトルヒイロの二人が応戦したりしていたが、リリーナが「サンクキングダムが火種になる」としてサンクキングダムの解体を決意し、再び滅亡した。

しかし大戦後に樹立した地球圏統一国家は完全平和主義を理念とした統治姿勢を敷く事となった。そしてサンクキングダム自体も地球圏統一国家により復旧した模様。


コミックボンボン連載のコミカライズ版ではサンクキングダム紛争にはヒイロとカトルだけでなく他の3人のガンダムパイロットも参戦していたが結局敵の侵攻を止める事は出来ず崩壊した(その後ヒイロとゼクスがデルマイユがいるロームフェラの屋敷へリリーナ奪回の為に殴り込みをかけた)。


保有兵器

リーオー

トーラス


余談

サンクキングダムの「サンク(Cinq)」とは、フランス語で「5」の意である。


ガンダムWが参戦するスーパーロボット大戦シリーズでも登場するが完全平和主義を提唱するせいか、よく敵勢力に疎まれて攻撃される。

ある作品ではコロニー国家だったり、しかもあるルートではゼクスに乗っ取られて戦争を行うと言う事態が発生。

またとある作品では完全平和主義を唱える地球圏統一国家が戦乱により世界中から糾弾された挙句、クーデターにより瓦解してしまったと言う最悪の事態があったと言う。


関連タグ

新機動戦記ガンダムW

完全平和主義

リリーナ・ピースクラフト

ゼクス・マーキス

トーラス

ドーリアン


オーブ連合首長国:似たような国

関連記事

親記事

新機動戦記ガンダムW しんきどうせんきがんだむうぃんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9690

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました