ピクシブ百科事典

モビルドール

もびるどーる

アニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場する、架空の兵器の分類の一つ。
目次[非表示]

モビルドール (MOBILE DOLL: MD) は、無人で自律行動可能なモビルスーツ(あるいはモビルアーマー)のことを指す。

概要

モビルドール (MOBILE DOLL) とは、 "MOBILE Direct Operational Leaded Labor" の略称である。
OZに採用され、その生産ラインを奪ったホワイトファングによっても運用された。
既成のモビルスーツから改造されたものと、最初からモビルドールとして開発されたものがある。
他のパイロットの戦闘データをもとに作られた戦闘アルゴリズムが組み込まれ、完全な自律行動がとれる他、外部からの遠隔操作も可能である。
人体が耐え得る以上の高G機動とが可能であり、精密無比な攻撃力と併せ、登場初期には有人機を圧倒、ガンダムでも悪条件下では、あえなく敗れることもあった。
さらにホワイトファングが主力としていたビルゴⅡは、ゼロシステムを応用したゼクス・マーキス考案の管制システムによって集中制御され、優れた戦術センスを持つ者が操作することで、ガンダムチームをも苦戦させた。
というのも、実は「最も効率の良い作戦を立案できるが味方の犠牲を考慮しない」ゼロシステムと、「高度な判断ができないが、いくら死んでも替えが利く上に命令に絶対服従する」モビルドールは凶悪なレベルで相性がいいのである。

しかしその反面、命がけだった戦いを、ゲーム感覚に変えてしまうという問題も発生した。
殺戮や破壊を自ら血を流すことなく行うことで戦争責任が希薄となり、その悲惨さを省みなくなるとして、劇中でもOZのトレーズ総帥を始め否定する者も多かった。
第18話でトレーズはモビルドールの実験の際、己の戦争への美学に反するものであるとして、自ら操縦するリーオーで実験に乱入しこれらを破壊、その意思を示した。

実戦投入当初には猛威をふるったモビルドールであったが、機械的な動きが読まれ易い事や想定されていない装備の応用の様な機転の利いた行動(例.アクティブクロークの開く動作で弾き飛ばすetc)に弱いためか、後半にはヒイロ・ユイ達のような熟練パイロットには「人形」呼ばわりされ、一蹴されるようになった。
洗練された戦術プログラムにより有効な戦力となる」ということは、裏を返せば「プログラム通りにしか動けず、それを読まれればただの人形」であることを意味する。
ドクターJら5機のガンダムの開発者は、その点を突く形でプログラムに細工を施し、地球国家軍の旧式のリーオーでも互角に近い戦いが出来る様になった。
また、ホワイトファングが修復しガンダムパイロットのデータが組み込まれたはずのヴァイエイトメリクリウスを同時に相手にしても、デュオ・マックスウェルは先に例示した装備の応用を用いた戦術でほぼ圧勝している。

融通が全く利かないのも欠点で、手動で設定を変更するか味方機の識別信号を出さない限り攻撃目標に設定された対象を見境無く攻撃してしまう。
ヒイロデュオがOZの宇宙基地から脱出する際にリーオーとアストロスーツを攻撃目標に認識させた為にモビルドールトーラスが基地にある他のリーオーやアストロスーツを着たOZ兵士に対して攻撃し続けるという事態が起こった。

後に地球へ宣戦布告するマリーメイア軍は、モビルドールを拠点防衛用システムや陽動撹乱程度にしか使用しておらず、戦闘における主力兵器の座は再び、サーペントやリーオーを始めとする有人MSに戻されていった。

主な機種

OZ-06MS リーオー(有線誘導によるモビルドールシステム実験機)
OZ-01MD トーラス(有人モビルスーツ型もあり、無人型を指揮可能)
OZ-02MD ビルゴ(初のモビルドール専用機)
OZ-03MD ビルゴⅡ / WF-03MD ビルゴⅡ(生産ラインを奪ったホワイトファングの主力機)
OZ-04MD ビルゴキューブ(媒体によっては「ビルゴⅢ」とも。ビルゴⅡの出力強化型)
ビルゴⅣ(マーズセンチュリー年代に開発されたビルゴキューブの改修機)
スコーピオ(有人と無人の操縦系統の切り替えが出来る)

似たような機体

スカルガンナーターミネーターポリス…『蒼き流星SPTレイズナー』に登場した無人SPT・テラーストライカー(TS)。モビルドールの先人と言える機体で、融通が利かないという欠点も共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「モビルドール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13176

コメント