ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

GXビット


旧地球連邦軍が開発した、ガンダム専用のビットモビルスーツ

主にガンダムX専用のGXビット(GX-Bit)、ガンダムエアマスター専用のGWビット(GW-bit)、ガンダムレオパルド専用のGTビット(GT-bit)が存在する。(ビットMSの形式番号は掲載メディアごとでバラバラであり統一されていない。)そして、物語終盤では上記3機とは一線を画す異なった素体のD.O.M.E. Gビット(G-bit D.O.M.E.もしくはD.O.M.E.ビット)も登場している。
公式からの名称はビットMSだが、全てGが冒頭に付くのが共通しているためか視聴者からは「Gビット」の名称で呼ばれることが多い。

Gビット一覧

GXビット

ガンダムX&GXビット


サテライトキャノンをはじめ、ガンダムXと同等の兵装を有している(全長と重量も全く同じ)。
このため、劇中では13機同時にサテライトキャノンを放つという凄まじい使い方もされた。
頭部デザインが異なり、胸部のバルカンは二門に減った上で親機ではコクピットの有る胸部中央に移設されている。

GWビット

FW-9800GWビット


ガンダムエアマスターと同等の兵装を有している。
エアマスターと全く同型の大型ウイングを背負っており、ファイターモードにも変形する。
エアマスター同様バスターライフル二丁が主力武装で、ビットMSでは最もオリジナルとの違いが少ない。

GTビット

ガンダムレオパルドと同等の兵装を有している。
レオパルド同様バックパックに左腕用インナーアームガトリングを持つが、右肩アーマーはミサイル非搭載の一般的なものだったり前腕がGXビットと共通だったりするなどオリジナルと比べると装備は減っている。

Gビット(D.O.M.E.)

地球連邦軍仕様G(M)ビット


D.O.M.E.の月面マイクロウェーブ送電施設を防衛するための専用ビットMS。
その包囲網は凄まじく、新地球連邦宇宙革命軍の量産機群を相手にしても圧倒的戦闘力で一方的に殲滅するほどの強さを誇る。

劇中での活躍

かつて戦争があった


宇宙革命軍のコロニー落とし作戦に応戦すべく投入されたが、この戦いが引き金となり、戦争は泥沼化し、地球は壊滅的被害を受ける事となる。

本編においてはGXビットとD.O.M.E.専用のGビットが登場し、GXビットはジャミルがルチルの助けを借り起動したが、最終的には必要ないとジャミル自身により破壊された。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX フラッシュシステム ビットMS
ガンダムX ガンダムDX ガンダムエアマスター ガンダムレオパルド D.O.M.E.

関連記事

親記事

旧地球連邦 きゅうちきゅうれんぽう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Gビット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24150

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました