ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

機動新世紀ガンダムX

きどうしんせいきがんだむえっくす

『機動新世紀ガンダムX』とは、サンライズ制作のガンダムシリーズの一つである。
目次 [非表示]

――かつて、戦争があった。


概要編集

『機動新世紀ガンダムX』は、1996年4月5日から同年12月27日までテレビ朝日および一部地方のテレビ朝日系列にて放送された。全39話。


略称は「ガンダムX」「GX」等でキャッチコピーは「月は出ているか?」。


なお、本作が放送された1996年は、劇場版『機動戦士ガンダム』の公開前イベント「アニメ新世紀宣言」が新宿アルタ前で行われた1981年2月22日から数えて15年目にあたり、「戦後15年」という本作の時代設定、『機動新世紀』という本作のタイトルは、この『2.22 アニメ新世紀宣言』から15年の月日が経過した事を踏まえたものである

(監督の高松信司は、VHS最終巻のインタビューで「いまになって考えてみると、結局そんなもの(=新世紀)は来なかった。その実現しなかった新世紀の後を描こうとしたから、タイトルが『機動新世紀』なんです」と発言している)。

ガンダムX


TVアニメのガンダムシリーズで初めてアバンタイトルが採用され、次回予告をED内に組み込み曲終了後に次話のサブタイトルとその台詞を登場人物が喋るシーンで締めるなど、独特な構成が取られている。

サブタイトルは全て劇中の台詞から来ており、サブタイトルだけで大まかなストーリーを思い出せるのも風変わりなポイント。オーケストラによる重厚な楽曲も外せない。


前作も作中での敵対構図が解り難かったが、本作では当初そもそも主人公にとっての「明確な敵組織」の存在が描かれておらず、地上波放映作品としては、戦時下の群像劇を描いてきたガンダム作品の中では珍しく大戦後の荒廃した世界が舞台という「重戦機エルガイム」や「戦闘メカザブングル」のような世界観描写が為されていた。


機動戦士ガンダム』をはじめとする宇宙世紀作品で取り上げられていたニュータイプ」という題材に、全編を通して向き合っているのが特徴。富野監督作品以外で真正面から「ニュータイプ」について語っているのは、『機動戦士ガンダムUC』、『機動戦士ガンダムNT』と本作だけ(宇宙世紀以外の作品において「ニュータイプ」という用語が用いられるのは本作のみ)だが、今作では「ニュータイプ」という言葉に対してガンダムという作品そのものがメタフィクション的に投影されており、「ガンダムを考えるガンダム」というテーマが窺い知れる。


本作に登場する「ニュータイプ」を「ガンダム」に、そして「カテゴリーF」や「人工ニュータイプ」を「『ガンダム』になれなかったロボットアニメ」に読み換えて観れば、本作のテーマと最終盤で提示されるメッセージがより味わい深い物となるだろう。


放映当時、放送局であるテレビ朝日社内のお家騒動に巻き込まれ(これに伴い当時のテレ朝の夕方枠アニメ番組は全滅したが、2019年にクレしんドラコンビで土曜夕方のみ復活)、放映期間短縮や唐突な予告なし(当時の雑誌のガンプラ広告ページにこっそり書いてあった程度)の放映時間枠変更(午後5時→午前6時・関東キー局のみ)などの憂き目に会った。このため主演声優の高木渉も酒の席で「自分が不甲斐ないから…」と涙ながらに悔やみ、この事を後に本人自らネタにしている。

本作の96年内終了の噂は96年夏のコミケ等のサブカルイベントやB-CLUB川崎ヒロユキがXのガンプラをレビューする連載で、「この忙しさは本来年末に来る筈だが」と年内完結を示唆するコメントを残していた事から上がっていた。


「ニュータイプを否定する作品」という宇宙世紀層の衝動的な解釈や、「打ち切り」という誤解も先行し、ガンダムシリーズを一度は終了させたこともあって不遇な扱いを受けていた。その他、Vガンダム以降から積み重なってきた平成ガンダムシリーズの視聴率不振と、平成新局を含めた系列局からのネット拒否によるネット局減少も重なり、その負債を背負わされており、前二作ではメインキャラ全員に用意されたキャラクターソングが、本作では主人公とヒロインの二人に絞られるなど展開も縮小されていた。


90年代以降の作品としては現在も決して知名度の高い作品とは言えないが、インターネットの発達とDVD、新作プラモの発売等により、後年になって再評価自体はされつつある。

特にTwitterでは「サテライトキャノンを彷彿とさせる武器を使用するキャラソーシャルゲームで実装された時」や、「皆既月食が起きた時」など、近年何かにつけてトレンドに上がることが多い。

後にTwitterの名称そのものが「X」となったのは何の因果か。


とはいえ後年においても「Vガンダム」と並んであまり公式からの扱いがよくないガンダムである。特に多数の作品が共演する作品においては、参戦機体数の減少など扱いが軽んじられやすい作品となっている。


一方メインキャラはデビュー仕立ての中井和哉や、かかずゆみのような当時無名だった新人はどちらも大成している。また、ガンダムシリーズを経験していた堀内賢雄など、放送から25年が経過した2021年現在でもキャストが長寿アニメを筆頭に知名度の高い作品のレギュラーを張っている有名声優が多い。


雑誌「アニメディア2011年1月号の記事では、成長後と思しきやや大人びた姿のガロードとティファが描き下ろされた。


ストーリー編集

第7次宇宙戦争。人類と地球に壊滅的な打撃を与えたこの勝者無き大戦争は、コロニー群と地球との泥沼の戦いの末、コロニー落とし作戦の強行によって凄絶な幕引きを迎えた。常軌を逸するほど大量の数のコロニー落としによって100億を誇った地球人類の99%以上が死滅。それに続く核の冬の到来による地球環境の激変。


それから15年の月日が流れたところから物語は始まる。


新たな世紀であるA.W.(アフターウォー)15年。荒廃した地球、北米で生きる戦災孤児の少年ガロード・ランは、ジャンク屋やモビルスーツ狩りを生業として逞しく生きていた。そんな彼の腕を聞きつけたのか、ある依頼が舞い込む。バルチャー艦・フリーデンに誘拐されたティファ・アディールという少女を取り戻してほしい――依頼を人助けと捉え、ガロードは単身、フリーデンに忍び込む。


しかし、いざ対面したティファに一目惚れした彼は、引き合わせた依頼主を見て激しく怯え出す彼女を連れて逃走。ティファの不思議な導きによって寂れた施設に逃げ込んだガロードは、そこに横たわる白いモビルスーツと出会う。


登場人物編集

※★印はレギュラーまたは重要人物。

メインキャラ編集


フリーデン乗員編集


フロスト兄弟編集


新地球統合連邦政府(新連邦)編集


宇宙革命軍編集


アルタネイティブ社編集


バルチャー編集


シーバルチャー編集


エスタルド編集


サテリコン編集


その他編集


アフターウォーの機動兵器編集

機動兵器編集


その他勢力編集


編集


各話リスト編集

サブタイトル/台詞発言主備考
1月は出ているか?ジャミル・ニート
2あなたに、力を…ティファ・アディールサテライトキャノン発射
3私の愛馬は凶暴ですシャギア・フロストフロスト兄弟及びガンダムヴァサーゴガンダムアシュタロン初登場
4作戦は一刻を争う!ジャミル・ニート
5銃爪(ひきがね)はお前が引けジャミル・ニートXのショルダーバルカン登場
6不愉快だわ…サラ・タイレル
7ガンダム、売るよ!ガロード・ランエニル初登場
8あの子、許さない!エニル・エル
9巷に雨の降るごとくテクス・ファーゼンバーグ
10僕がニュータイプだカリス・ノーティラスカリスとベルティゴ初登場、Xのサテライトシステム破壊
11何も考えずに走れ!ジャミル・ニートガンダムXディバイダー初登場
12私の最高傑作ですノモア・ロング
13愚かな僕を撃てカリス・ノーティラス
14俺の声が聞こえるか!ガロード・ランエアマスターのショルダーミサイル、レオパルドのセパレートミサイルポッドが登場
15天国なんてあるのかなロアビィ・ロイ
16私も人間(ひと)だからティファ・アディール水着回
17あなた自身が確かめてティファ・アディール
18Lorelei(ローレライ)の海オルバ・フロスト
19まるで夢を見てるみたいルチル・リリアント(ティファ・アディール)
20…また逢えたわねエニル・エル
21死んだ女房の口癖だカトック・アルザミールヴァサーゴのストライクシューター、アシュタロンのビームスピア登場
2215年目の亡霊カトック・アルザミールガンダムダブルエックス初登場
23私の夢は現実ですティファ・アディール
24ダブルエックス起動!ガロード・ランダブルエックスへと主役機交代
25君達は希望の星だリー・ジャクソン
26何も喋るなウィッツ・スーガンダムエアマスターバースト初登場、コルレル登場
27おさらばで御座いますリー・ジャクソン
28撃つしかないのか!ガロード・ラン
29私を見てティファ・アディール
30もう逢えない気がしてティファ・アディールガンダムレオパルドデストロイ初登場
31飛べ、ガロード!ジャミル・ニート
32あれはGファルコン!ランスロー・ダーウェルパーラ・シスとGファルコン初登場
33どうして俺を知っている!?ガロード・ラン
34月が見えた!ガロード・ランガンダムヴァサーゴチェストブレイクガンダムアシュタロンハーミットクラブ初登場
35希望の灯は消さないカリス・ノーティラス
36僕らが求めた戦争だオルバ・フロスト
37フリーデン発進せよジャミル・ニート
38私はD.O.M.E…かつてニュータイプと呼ばれた者D.O.M.E.
39月はいつもそこにあるナレーション

主題歌編集

オープニングテーマ編集

「DREAMS」(1話 - 26話)

作詞・作曲・編曲 - RO-M‎ / 歌 - ROMANTIC M‎ODE


「Resolution」(27話 - 39話)

作詞 - 西脇唯 / 作曲 - ジョー・リノイエ / 編曲 - ジョー・リノイエ、鈴川真樹 / 歌 - ROMANTIC M‎ODE


エンディングテーマ編集

「HUMAN TOUCH」(1話 - 13話、39話)

作詞 - Susanne Marie Edgren / 作曲・編曲 - Tom Keane / 歌 - Warren Wiebe


「HUMAN TOUCH(日本語版)」(14話 - 26話)

作詞 - Susanne Marie Edgren / 日本語詞 - 許瑛子 / 作曲 - Tom Keane / 編曲 - 須藤賢一 / 歌 - re-kiss


「銀色Horizon」(27話 - 38話)

作詞 - 小室みつ子 / 作曲 - 濱田金吾 / 編曲 - TOM KEAN / 歌 - 中瀬聡美


ナレーション編集

本編:光岡湧太郎

サブタイトルコール:なし


関連作品編集

漫画版

(漫画家:ときた洸一

放映当時にボンボンで連載。


ニュータイプ戦士ジャミル・ニート

(漫画家:ときた洸一)

過去のジャミルを主人公とした前日譚。


機動新世紀ガンダムX〜UNDER THE MOONLIGHT〜

(脚本:大島千歳 原画:赤津豊)


あなたと、一緒なら

(監修:高松信司 ストーリー:川崎ヒロユキ 漫画:ときた洸一)

2018年3月23日発売のBlu-ray Boxに付属する新作エピソード。後に、2022年1月26日に発売された前述の漫画版のリマスター新装版「機動新世紀ガンダムX Re:Master Edition」第3巻に収録。


ゲーム版

単独タイトルでのゲーム化はされていないが、ガンダム関係のゲームの多く(スーパーロボット大戦シリーズを含む)に客演している。


ガンダムXの都市伝説編集

  • 如何やら初期案ではファーストガンダムのif展開として、最悪の結果に終わった一年戦争案もあったと言われているが、それが実現していたら史実よりも賛否両論の物議を醸した可能性が高く、この構想は寧ろ実現しなくて良かったと言える。
  • 放送終了後、時代と共に都市伝説は深まり、話数短縮が無ければ「全46話説」や「全50話説」が言われる様になり、「最後はジャミルも戦死する」等、色々生まれた。現に当時、アニメージュでのインタビューで「(放送が)短縮されるため後半の再構成を行う羽目になった(ダブルエックス登場が前倒ししたあたりからそれは決まった様子)」、「宇宙編のキャラ(ランスローやパーラなど)が掘り下げられなかったのが残念だった」という話から本来なら4クール放送する予定だったことが見受けられる。
  • 序でに本作が短縮されず、放送枠継続だった場合、次番組はSDガンダムを題材にしたアニメが導入される予定だったと言われている。
  • 2024年7月6日(JST基準)現在、イラスト生成サービス“NovelAI Diffusion Anime V3” のプロンプトに取り敢えず名前だけ打ち込んだ後、ザッと整えるだけでそれっぽくなるキャラの中にティファがいる。NovelAI DiffusionのAIサンプリングはWeb上のデータから採取しているため、NovelAI Diffusion が出しやすいキャラはそれなりにWeb上での知名度が高いと言える。最も学習の深度が高いのが「名前だけで出る」で、ガンダムヒロインだとラクスそのパチモンぐらいしかいない(ただルナマリアはちょっと不利で、名前に映像のイメージが湧きやすい単語が使われているために、AIが別の解釈をしてしまう為、ティファのように調整が必要になる)。なんと驚くべきことに同じ平成三部作ヒロインのレインリリーナは名前だけでは跡形すら再現されず、宇宙世紀ハマーン様プルプルツーぐらいがティファと同程度(取っ掛かりを見つけて調整するとそれっぽくなる)、セイラさんが日本語サジェストワードにすらなっていない。ちなみに同じSEEDでもカガリはだいぶしばきたo(げふんげふん もとい調整する必要がある。また、ルナマリアがそうであるように近い名前や紛らわしい単語があると除外してやる必要があるのだが、なんとティファ・アディールは世界的ヒロインであるティファ・ロックハートという競合相手がいるにもかかわらずロックハートの要素が入り込んでくることがほとんどない。意外と、日本のファンが思っているより知名度は高いのかもしれない。

関連イラスト編集

月下のX


関連動画編集


関連タグ編集

ガンダム アナザーガンダム ガンダム平成三部作 サテライトキャノン ポストアポカリプス ロストテクノロジー ボーイミーツガール


  • 機動戦艦ナデシコ
    • 第17話は機動新世紀ガンダムXのシリーズ構成を手がけた川崎ヒロユキが脚本を担当しており、機動新世紀ガンダムXの制作時の裏事情をパロディー化した話となっている。
  • 未来少年コナン
    • 本作に影響を与えた作品。
  • 魔法少女まどか☆マギカ
    • こちらも劇中に登場した人物の台詞がサブタイトルになってる作品。

シリーズ

新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz ← 機動新世紀ガンダムX → ∀ガンダム


外部リンク編集

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

アフターウォー あふたーうぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4164909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました