ピクシブ百科事典

カロン・ラット

かろんらっと

カロン・ラットとは、『機動新世紀ガンダムX』に登場するキャラクター。

「被験体は全てカテゴリーFだったようね。私たちが必要としているのはあくまでフラッシュシステムに対応したニュータイプ。それ以外は…ああごめんなさい、シャギア君もカテゴリーFだったわね」
CV:浦和めぐみ

人物像

中央アジアにあるニュータイプ研究所の所長を務める女性。
ニュータイプの力を戦争に利用するための道具程度にしか考えておらず、自身の研究の為には手段を選ばない冷酷な性格で、フロスト兄弟カテゴリーFの烙印を押し彼らが世界を憎む原因を作った張本人。

自身の研究所にフリーデンが接触を図っていることをシャギア・フロストから聞かされ、彼の提案に乗り元ニュータイプであるジャミル・ニートと生粋のニュータイプであるティファ・アディールをサンプルとして手に入れようと待ち構えていた。
しかしそれはフロスト兄弟が仕掛けた罠で、シャギアがカロンに接触している間にオルバ・フロストが新地球連邦に研究所がフリーデンと組んでクーデターを企てているという偽の情報を与えた事で、研究所は新地球連邦軍からの総攻撃を受けることになってしまう。

そしてカロン自身もまたフロスト兄弟からニュータイプとそれを必要とする世界への憎しみを告げられ、ガンダムヴァサーゴのメガソニック砲で研究所諸共消し飛ばされ死亡した。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX

関連記事

親記事

機動新世紀ガンダムX きどうしんせいきがんだむえっくす

兄弟記事

コメント