ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「私の愛馬は凶暴です」


CV:森川智之

概要編集

新連邦のエージェントとしてフリーデンのクルーと度々対立する、本作におけるライバル兼ラスボスキャラ。搭乗機は大火力と機動性に優れた高出力型MSガンダムヴァサーゴ及びその改修機のガンダムヴァサーゴチェストブレイク

二卵性双生児であり、特殊能力として兄弟同士でテレパシーによる意思疎通や感覚共有をする事ができるツインズシンクロニティを持っている。その能力のため、連邦軍においてニュータイプ訓練を受けていたが……フラッシュシステムには感応しなかったため、カテゴリーFに分類されてしまった。そのことを恨み続けて、ニュータイプを至上とし自分達を紛い物として隅に追いやった世界への復讐を志した。その目的のためには手段を選ばず、数々の人間を踏み台にして新連邦軍中枢部に入り込み、暗躍の果てに昇進を重ねていく。


表向きはフリーのMS乗りとして活動しており、MSパイロットとしても一流の腕を持つ。その高い技量でフリーデンを苦しめた他、フリーデン以外にも野良バルチャーや革命軍MSなど、目的にとって邪魔な存在を次々とその実力で排除していった。


冷静沈着であり滅多に表情を崩さない。物腰は柔らかいが冷酷な性格。オルバとは「互いをただ一人の肉親であり味方である」と認識している故に、兄弟の絆は固い。


最後はガロードのガンダムダブルエックスとの撃ち合いの末に敗れ去るが、辛うじて一命は取り留めていたようで最終回ラストシーンでは旅をするガロードとティファの2人を車椅子に乗った状態で遠くから見ているのが後ろ姿で確認できる。一方、ときた洸一氏によるコミック版では五体満足で弟と共に生存している。


ゲーム作品では編集

ややマイナーではあるが一年戦争がストーリーの軸になっているWS用ゲーム「SDガンダム Gジェネレーション ギャザービート」ではストーリー序盤からオルバ共々暗躍を重ねていく重要キャラクターとして登場し、ストーリー冒頭でシャア・アズナブルと接触した際に態々書き下ろしの一枚絵まで用意されている、最終ステージではオルバと揃ってラスボスの1人となるなどかなり優遇されている(ちなみにこの作品では本家主人公のガロードはと言うと条件を満たしてないとプレイヤー部隊に加入すらしない上にガンダムエックスガンダムダブルエックスも登場しないというなぜか冷遇された扱いになっている)。


スパロボではなぜか原作では最後まで生き延びたにもかかわらず死亡してしまうことが多かったが、Zシリーズでは最後まで存命する他、完結編である「天獄篇」では終盤で至高神Zに挑む自軍部隊を弟や多くの人々と共に応援する姿が確認できるなど出番は僅かだが救われている。

専用BGM編集

「迫り来る巨大な力」

劇伴。

WARS以降のGジェネシリーズでフロスト兄弟の専用BGMとして採用されている。

余談編集

公式でシークレットブーツ着用者である。設定画には「これを脱ぐと10cmは低くなると思われるブーツ!」とある(そして横に描かれたガロードに「ブーツ脱げよ」と突っ込まれている)。


関連タグ編集

オルバ・フロスト フロスト兄弟 ガンダムヴァサーゴ ガロード・ラン

私の愛馬は凶暴です ラスボス 美形悪役 哀しき悪役


類似人物

セフィロス(ファイナルファンタジー7)/奈落(犬夜叉):声が同じ、各作品のラスボス。

藍染惣右介:オールバックにした後の顔立ちが似ている。ちなみに森川氏は彼の部下を演じている。

関連記事

親記事

フロスト兄弟 ふろすときょうだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85944

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました