ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

機動新世紀ガンダムX』の年号。

"アフター"の部分は『新機動戦記ガンダムW』の「アフターコロニー」と同様。

宇宙世紀以外では唯一ニュータイプと言う概念が存在する。


本編開始の時点でAW015年だが偶然にも主人公であるガロード・ランの年齢と同じ(つまり彼は戦後の世代である)。


この年号は第7次宇宙大戦後に制定されたものでそれ以前の年号については不明(ビフォーウォーと言う説もある)。

これ以前の歴史については詳しくは不明だが世界(地球圏)を統治する巨大政権である「地球統合連邦政府」が存在しており、一方で人類が宇宙へも進出しスペースコロニーへ移住しているという背景であったようである。しかし何度かコロニー居住者であるスペースノイドが自治独立を求めてコロニーを管理下に置こうとするアースノイド(地球居住者)の政権である旧地球連邦と対立し、数度にわたる戦争へ突入していた(少なくともこういった戦争は6回程は起こっていた模様)が、豊かな時代もあったという。その中でコロニー建設に使われていた作業用大型ロボットだったと言われるモビルスーツが戦闘ロボット兵器として使用されていき、また人類の進化・革新と言われた「ニュータイプ」と呼ばれる特異な能力をもった人々の存在が見いだされ、彼等も戦争や政治の道具となっていった。


そしてコロニークラウド9で起きた独立運動がきっかけとなった紛争が拡大した事で地球連邦軍と宇宙革命軍による全面戦争である第7次宇宙戦争が勃発、その最中に革命軍が行ったコロニー落としによって地球は致命的ダメージを喰らい旧連邦・革命軍の双方も壊滅、100億人もいた人口の9割以上が死滅するという形で勝者なき大戦は凄惨な結果を招いた(15年経っても地球とその周囲の宇宙域=地球圏の全人口は僅か1億人程でしかない)。


そしてそれからの地球は大掛かりな異常気象や生態系破壊が起こり、核の冬が5年ほど続くも人類はそれでも生き抜いて世界を復興していた。しかし連邦政府の壊滅により秩序が消滅して無法地帯と化した世界ではバルチャーと言う大戦時の電子パーツや兵器の残骸を漁るジャンク屋野盗等が存在するようになり、民間人さえも子供から大人まで自衛の為か武装するようになっている。戦時中に作られたMSや戦艦などの兵器も大量に残されており、それを使っての略奪や襲撃、乱闘も行われ、アフターウォーの世界はまさに生きる為には戦わなければならない弱肉強食同然の時代と化している。大戦争は終結しても人それぞれの戦いは終わっていないのだ。

だがならず者や悪党が多いバルチャーの中にも少数だが良識のある行商人などもいる為、復興や生活には役立っている。

また旧連邦の本部があったため、特にコロニー落としの標的になった南米や北米は復興が遅れ、秩序も回復していないが、それ以外のアフリカやオセアニア、アジア地域などではエスタルドやガスタール等のいくつかの独立国家も建国している。しかしそんな最中でも政府高官や元軍人、産業界などからなる旧連邦の残党は政府再建委員会を組織し、世界統治を再び目論むため、新たなる国家として新地球連邦樹立を目指そうと密かに活動していた。


一方宇宙では宇宙革命軍も再び地球との戦いに備え戦力や国力の再建を行っていた。だが革命軍により故郷のコロニーを破壊された難民による反革命軍組織サテリコン」が革命軍に対しゲリラ戦を行う様になった。


関連タグ

機動新世紀ガンダムX  ニュータイプ

ガンダム・ザ・バトルマスター:第2作目の年号がAWである。


ポストアポカリプス

北斗の拳

各ガンダムシリーズの他の年号

宇宙世紀

未来世紀

アフターコロニー

正暦

コズミック・イラ

西暦(機動戦士ガンダム00)

アドバンスド・ジェネレーション

リギルド・センチュリー

ポスト・ディザスター

関連記事

親記事

ガンダム平成三部作 がんだむへいせいさんぶさく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました