ピクシブ百科事典

ガロード・ラン

がろーどらん

ガロード・ランとは『機動新世紀ガンダムX』の主人公である。
目次[非表示]

ガンダム、売るよ!
CV:高木渉

プロフィール

年齢15歳
身長161cm
体重53kg
自称『 炎のモビルスーツ乗り 』
名前の由来「我が道を行く」を捩ったもの。即ち「我が(ガ)道を(ロード)行く(ラン)」


概要

ガンダムシリーズの主人公としては珍しく、明るく前向きな性格の持ち主。その一方でナイーブな一面もある。ティファに対するあまりに一途な恋心は『X』の物語さえ牽引する、非常に重要なファクター。
『X』の監督であった高松信司は彼の事を「過去に縛られた古い世界が終わった後に新たな世界を切り拓いていくべき少年」と語っている。

経歴

第7次宇宙戦争による膨大な数のコロニー落としによって、地球人類の99%以上が死滅した地獄のような世界に生まれ落ちる。コロニー落としからしばらくは衝撃波による暴風が世界中に吹き荒れ、その後は核の冬によって全く日が差さないという激変した地球環境の中で、完全崩壊した社会インフラ、最悪と化した治安、慢性的な食糧難などによって友人や知人たちも次々と死んでいき、ガロードは少年になるまで太陽の光を見たことがなかった。父が技術者だった為、本人もメカやMSの扱いに長け、将来はメカ屋になるつもりだったという。
しかし、ようやく太陽の光が射すようになった頃、ガロードの住んでいた地域は流れモビルスーツ乗り(※モビルスーツに乗った盗賊集団)に襲われ、ガロードは家族や知人たちを皆殺しにされる。

そしてガロードは天涯孤独となり、この世界を子供の身で一人で生き抜いていくことになる。

数年後、15歳になったガロードはジャンク屋やモビルスーツ狩りで生計を立てていたが、依頼によりもぐりこんだフリーデンでティファ・アディールと出逢い一目惚れ。
引き合わせた依頼人の顔を見たティファの怯える表情を見て依頼に背き逃走、軍事施設内に放棄されていたガンダムエックスと運命的に出会い追っ手を蹴散らす。
その後はフリーデンのクルーになるが、それまで一人で生きていたためか、当初は集団生活に馴染めず、失敗を繰り返し、ガンダムエックスごと脱走した事もあった。しかし持ち前の熱い魂と負けず嫌いな性格で困難を乗り越え、人間としても成長していく。
人工ニュータイプであるカリスとの対決ではガンダムエックスのサテライトキャノンを破壊される程の完敗を喫して戦意を失うものの、ジャミルの叱咤による導きとキッドの手で改修されたガンダムエックスディバイダー、持ち前の操縦センスと順応性、そして自身の努力と工夫によって辛くもこれを打ち破った。
行く先々でのティファを巡る攻防などを経験し、その度にニュータイプや戦争とは何かと考え、次第に世界に目を向けるようになる。

MSパイロットとして腕は天才的で、ジャミルやキッドが太鼓判を押す程。「猛吹雪の中でビットを全て撃ち落とす」「向かってくるミサイルの群れをライフルを使い至近距離から一瞬で撃墜する」「高機動MSのバーニア部分のみを正確に狙い撃つ」等、凄まじい射撃技術を持つ。宇宙革命軍が地球攻撃用に用意したコロニーレーザーを、脅しの為にサテライトキャノンで超長距離からギリギリ掠める砲撃を行う変態技術も披露しており、パーラもその技量に驚嘆している。強敵であるフロスト兄弟やカリス、ニュータイプ候補生達との戦いを経て確実にパイロットとしての力を付け、後に前大戦のエースパイロットであるランスローとも渡り合った。

なお、シリーズ中でガンダムを売り払おうと画策した二人目の主人公(一人目は『機動戦士ガンダムZZ』の主人公ジュドー・アーシタ)であり、機体を売り払う為のオークションを実行に移した主人公でもある(ちなみに前番組には自爆させた者もいる)。

容姿

瞳の色はエメラルドグリーン。髪の色はダークグリーン。服はイエローとレッドのツートンのジャケットにジーンズと結構ラフ。

人間関係

ティファ・アディール

アルタネイティブ社よりティファの奪還依頼を受けた事で出会い、お互いがお互いの人間的成長を促す理想的な関係を築く。
最初はガロードの片想いだったものの、積極的なアプローチと愛の力でティファ自身も心を開いていき、見事に彼女のハートを射止める。
最後は新婚旅行…もとい一緒に旅に出るなど、名実ともにガロードの嫁となる。

ジャミル・ニート

MSパイロットとしての心構えだけでなく、ガロードが人として大きく成長するきっかけを作った師匠兼父親的存在。
またジャミルにとってもガロードの存在が、自身のトラウマ克服のきっかけになっている。

フロスト兄弟

MSパイロットとして、そして人間として負けられない存在。
彼らからは宿命のライバルとして見られているが、ガロードからすればティファを幾度も付け狙う鬱陶しいことこの上ない存在。

エニル・エル

フリーデンを脱走した際、ガンダムエックスを売ろうとしていたガロードに近づくも拒絶された事で一方的に恨む。
味方になって以降はガロードに対しての気持ちは憎しみから恋愛感情に近いものになっていたようだが、結局身を引いた模様(漫画版では、それらしき発言をしている)。

カリス・ノーティラス

MSパイロットとして最初の壁となった好敵手。彼の境遇を知り死闘の末に撃破。
生きる意味を見出せなくなった彼を説得し、カリス自身も自分を理解してくれたガロードに心を開き良き友人となる。

カトック・アルザミール

新連邦の工作員。
15年前のコロニー落としにより妻子を失ったことからジャミルを恨んでおり、一度はフリーデンを投降させるがティファとの交流によりガロードに協力することになる。
ダブルエックス奪取時にガロードをかばい死亡する。
彼の残した「過ちは繰り返すな」という遺言はガロードに大きな影響を残した。

ウイリス・アラミス

フリーデンが訪れ、協力したエスタルド人民共和国の若き王。と、言っても父の死後の地位を継いだばかりで、本人は優柔不断で気弱な青年。ウイリスは逞しく生きるガロードに憧れ、ガロードも王族としての責任と自由無き立場を理解し、王の立場を決して羨むことなくお互いの苦悩を分かり合った貴重な同年代の友人となる。

パーラ・シス

ガンダムサポートメカ、Gファルコンのパイロット。
ガンダムダブルエックスが不慣れな宇宙戦のために撃破寸前となった時にあらわれ、ガロードを救出する。
ガロードに淡い思いを抱いていたが、ティファを前にして胸にしまいこんだ。

搭乗機

ガンダムエックスGX-9900 NT-001)

「あなたに、力を…」


ガロードが駆るのは第7次宇宙大戦で使用されなかった1号機・3号機のうち1号機の方。

ガンダムXディバイダー (GX-9900-DV)

ディバイダー!!


カリスの駆るベルティゴに惨敗し、中破したガンダムエックスを改修した姿。
修復不能のサテライトキャノンが取り外され爆発力は抑えられたものの、全体的な戦力バランスが向上。
ガンダムダブルエックスを奪取した後もジャミルが駆るなど、物語終了まで活躍した。

ガンダムダブルエックス (GX-9901-DX)

月は出ているか
ガンダムDX


ジャミルが搭乗し破棄されていたガンダムX(2号機)のデータを流用し、サテライトキャノンの性能を始めあらゆる面で強化された機体。
ゾンダーエプタ島の新連邦軍基地より奪取。最終回で大破するまでガロードの愛機として活躍。

ガンダムX 3号機 (GX-9900 NT-001)
行方不明となっていた本来の3号機(NT-003)ではなく、ディバイダーに改修された1号機を旧連邦軍研究施設の残存部品及び新造部品で復元した機体。
かつての姿と異なり肩の部分までライトブルーに塗装されている。

余談

個性・能力について

年齢設定の割にちょっとハスキーな声質であり初見は驚くかもしれないが、視聴を続けるにつれて「他の声なんて考えられない」「この声でなければダメ」になっていくと専らの評判である。

までの先輩達が生身でモビルスーツを破壊したり、自爆してもへっちゃらだったりと作中行動のインパクトが大きすぎるため比較されがちだが、実はガロードも彼らに比肩するであろう能力の持ち主である。

たとえば電子開錠機や睡眠薬入りストロー等のアイテムを持ち歩き、ピッキングや足音を立てず歩く技術等、どこぞの傭兵かと言わんばかりのスキルを持っている。
更にティファが絡むと、いわゆるオールドタイプに分類されながらもニュータイプ以上の力を発揮できる。ティファが一緒にMSに乗っているときの彼は二重の意味で無敵である。

彼の凄まじさが顕著に描写されたのは、経歴の項にもあるコロニーレーザーの狙撃シーンである。
ガロードは月とコロニーレーザーの位置関係上、地球の裏側から狙撃したのだが、目標との距離は少なくとも38万キロを超えており、そんな途方もなく離れた位置からツインサテライトキャノンのような大出力の兵器で狙い澄ました一点に攻撃を加える様は、とてもじゃないが人間業ではない。

また「ニュータイプが登場する」シリーズ作品の中で「主人公がニュータイプではない」という初のパターンでもある。それが『ガンダムX』という作品の重要なポイントでもある。

服装について

ジャケットは『黄金勇者ゴルドラン』の原島タクヤの服に、髪型は『勇者警察ジェイデッカー』の友永勇太にそっくりである。『ゴルドラン』も『ジェイデッカー』も監督が一緒だからだろうか。
赤い上着というのは歴代勇者シリーズの主人公においてお約束の衣装と言ってもよいくらいほぼ確実に出てくる(どれ位かと言うとブレイブサーガで主人公たちが一堂に会した時に「(赤ばっかりで)目が痛い」と言うセリフが出るぐらい)。むしろ例外なのは『勇者王ガオガイガー』の獅子王凱くらいのものである。

制作会社は別だが、『交響詩篇エウレカセブン』のレントン・サーストンとも服装がよく似ており、性格など他の面でも瓜二つのような存在である。

外部作品において

ガンダムを売ろうとした繋がりで、ゲーム作品では前述のジュドーとの絡みがたまに見られる。
スーパーロボット大戦α外伝』で共にガンダムを売ろうとしたり、『ガンダムVSガンダム』で同時に登場したりなど。
ACE3』や『スーパーロボット大戦Z』では好きな女の子がいる少年同士で前述のレントンや『OVERMANキングゲイナー』のゲイナー・サンガとの親交があり、少年恋愛団と呼称されている。
pixivでも絡んでいるイラストが存在する。

関連イラスト

POWER by YOU
ガロード・ラン
ガロード



関連タグ

機動新世紀ガンダムX ジャンク屋
ティファ・アディールガロードの嫁 / ガロティファ) ジャミル・ニート
ウィッツ・スー ロアビィ・ロイ エニル・エル カリス・ノーティラス
フロスト兄弟

ガンダムバイヤーズ ジュドー・アーシタ

関連記事

親記事

機動新世紀ガンダムX きどうしんせいきがんだむえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガロード・ラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 548759

コメント