ピクシブ百科事典

ルパン三世(キャラクター)

しゅじんこうのるぱんさんせい

モンキー・パンチ作の漫画作品『ルパン三世』、およびそれを原作としたアニメ作品の主人公。
目次[非表示]

「オレの名はルパン三世、泥棒だ」

概要

長編シリーズ『ルパン三世』の主人公にして、かの大怪盗アルセーヌ・ルパンの三代目。

世界をまたに駆ける大泥棒として、次元大介石川五ェ門と共に数々のお宝を狙い、時に峰不二子に翻弄され、銭形警部に追い回される日々を送っている。

プロフィール

本名Arsene Lupin III(※1)
身長179cm
体重63kg
IQ300
年齢不詳(※2)
出身国不明(※3)
誕生日不明
趣味釣り
特技変装


(※1)三世の呼び方は国によって変わる(英語なら「ザ・サード」、フランス語なら「トロワ」)。
(※2)作品によって20代~50代と大きく変動する。次元、銭形よりちょっとだけ年下であるとは言われている。
(※3)父であるルパン二世と、日本人の母の日仏ハーフ。人種的には日本人の色が濃いが、自分をどちらに定義するかも作品によって異なる。

性格

自由奔放な性格の持ち主で、長い間殺伐とした裏社会に生きているが、人間的な愛嬌を保ち人生を楽しむ事を忘れないお調子者の三枚目。

悪党的な抜け目のない狡猾さと、感情豊かでおっちょこちょいな面が同居する、他人にはとてもマネできない魅力を持った人物であり、「スリルを楽しむってことさ…本当のスリルをな。怖いのは死ぬ事じゃなくて、退屈なこと」というセリフは彼の人生観そのものと言っても良い。


そして、無類の女好きである事も挙げられる。気にいった若い女性はすぐに口説き、女の為に盗みを企てて次元や五ェ門に呆れられる事はお約束
特に不二子に対してはしょっちゅう騙されるが、「また騙されようって気になっちゃう女さ」(記憶を失った本人に対して)という言葉や、自身の墓に「峰不二子の愛とともに眠る…。なぁんちゃって」(暗殺者の目をごまかすためだが)と彫りこませるなど、本気で惚れているようだ。

その節操がない交際ぶりからカワイ子ちゃんには弱いとされているが、彼にまつわる女性のエピソードを最初から最後まで見れば、実際に気を許しきっているのは不二子だけであることが解り、実は次元や五ヱ門の方がよほど騙されやすい。
もっともその不二子に対しても、TV第2シリーズ後半あたりからは、裏切るのを予測済みで対策することも多くなってくるのだが。

その一方、祖父譲りの「紳士」でもあり、時にはその性格が心を閉ざしていた女性の心を氷解させるきっかけになる事も非常に多い。
人の命を弄ぶ卑劣な悪党には嫌悪を抱く正義感のある一面もあり、善良な人物、特に女や子供が窮地に立たされ命の危険に晒されたりした際は、損得勘定抜きで命を張って助けることもある(クラリス等)。
この点はライバルである銭形と共通しており、銭形自身もルパンの人として一線を越えない点は強く理解している。

ただし、本人は「悪党」であることにアイデンティティを見出しており、「義賊」と思われるのは嫌がり呼ばれると怒る(祖父は義賊だったけど…)。敵も多いため、自分や仲間に生命の危機が及んだ場合は容赦なく殺すハードボイルドな部分も強い。
逆に筋が通った悪党ゆえ、世話になった先達や好意を抱いた人物の頼みは快く引き受けたり、殺されてしまった時は自らの手で仇を討とうとするなど、義理堅い面も見せている。

ある国で活動した時は変装して革命軍を指導する事で結果的に国を救ったり、子供に対しては自分たちと同じ犯罪の道に進ませることを決して良しとせず、自分の前で犯罪をしようとする少年少女が出てきたら体を張ってやめさせようとするなど、やはり分類的には「義賊」に入るのかもしれない。

他、無類のカーマニアで、特に「ベンツSSK」「アルファロメオ6C1750」「フィアット500(2代目)」がトレードマーク的愛車。
嫌いなものはタコと、古代の象形文字(TV第2シリーズで、一度ファラオの怨念に取り付かれたため)。

容貌

身体は長身痩躯であり、がに股歩きが特徴的。
顔は整っている方だが、いわゆる猿顔というやつで、美麗さよりも愛嬌を感じるもの。しかし本人は容姿に自信を持っており、自分を誰よりもイケている男と思っている節がある為、そこを仲間達や銭形に突っ込まれる事がある。
ただし、多くの女性に好意を抱かれたり関係を持っている為、容姿に関して問題的とは言えない。

ジャケット

トレードマークのジャケットPart1や『カリオストロの城』ではPartIIIではピンク、『念力珍作戦』・『トワイライト☆ジェミニの秘密』ではPart4以降のTVシリーズ・劇場短編では、『グッバイ・パートナー』後半部では、それ以外は主に
戦車が怖いようでは赤ジャケットは着られないとは本人の談。小さな物はジャケットの襟に隠す癖がある。

射撃!
3世
桃様。
ルパン3世
ルパン三世
ルパン三世 念力珍作戦



数々の能力

日常生活では昼行燈そのもので、被害にあったことのない悪人からは「所詮ただのコソ泥」と侮られる事も多い。
しかし実際には人類最高峰の智謀・技術・度胸・要領・身体能力を兼ね備えた極めてハイスペックな超人であり、古くからのファンも今だに驚かされる程の立ち回りを魅せる。
一部の話ではその能力の高さに目を付けた研究機関から、研究対象として狙われた事もある。

まず卓越した変装の名人である事が挙げられ、男女問わず誰にでも変装することができる。
姿形や声だけでなく、癖や仕草、筆跡までも真似ることができる為、見破ることが非常に困難。顔を強く引っ張ればメイクが剥がれ見破れることもあるが、それを見越して強固に変装していることもある。

また職業柄、芸術品に対する審美眼や贋作を見抜く知識はかなりのものであり、少し見ただけで様々な絵画などの美術品や宝石、貨幣などの真偽や価値を的確に見抜く事ができる。

愛用する拳銃はワルサーP38
ルパンがメインで使用する銃。作品によっては失くしたり壊れたりするが、最後は直ったり、戻ってきたりする。
次元曰く、「拳銃は女と同じで、ワルサーはルパンしか言うことを聞かない」らしい。
次元にワルサーはそれ一丁なのかと聞かれていたが、駆け出しの頃はシルバーメタリックタイプも使っていたらしい(TVスペシャル『ワルサーP38』でその辺りの経緯が描かれたことがある)。

銃の腕前もピカイチで、さすがに次元には敵わないが、次元や不二子や五ェ門、時には銭形とのコンビで敵を倒すシーンも多くある。
拳銃以外でも、サブマシンガンや戦車なども扱っている。

更に歴史や社会学など様々な学問に通じている他、情報収集力も各国の諜報機関と互角以上で、アナログからデジタルまであらゆる情報網に精通している(その反面、アニメなどではこんにゃくが芋の類だと知らなかったり、日常生活で普通誰でも知ってるような事に意外と無知な発言も稀に見せる)。
最新鋭の電子機器やインターネットを扱う技術にも長けており、明らかにオーバーテクノロジーな機械を自作で作れたりする(例えるなら、2001年当時でスマートフォン並の多機能な携帯電話を自作している)。

ドライビングテクニックに関しても国際A級ライセンス持ちであり、作中でも人間離れしたド派手なカーチェイスを繰り広げる描写が多い。
F-1を始めとした様々なレースに出場することもあるが、立場上シリーズ参戦は難しいためスポット参戦が基本である。

身体能力も相当なもの。足で頭がかけるほど器用かつ柔軟な関節を持ち、その柔らかさを生かした縄抜けが大の得意。その応用がかの有名な「ルパンダイブ」である。
スポーツについてもラグビー、アメフト、ボクシング、クレー射撃、社交ダンスなど何でもこなせ、足自体も相当に速い。ジャンプ力も非常に高く、助走なしでも約10メートル以上高くジャンプすることができる。さらには足の速さを利用して敵に発砲される前に背後に回り込んで殴りつけるなど一種の時間停止に近い荒技を行なっている。

その細さとは裏腹に腕力も強く、素手で相手を倒す場面も多い。一応これといった格闘技は習得しておらず、全て聞きかじり程度である。

その犯行

祖父と同様、卓越した技量を持った大怪盗であり、本人も泥棒である事やルパンの血族である事に強い誇りを持っている。
その為暴力や脅迫に頼った短絡的な犯罪は嫌っており、胸を張って言えないチンケな軽犯罪もお断りである(偶然による役得は頂戴する事もある)。

高価な宝をコレクションすることよりも、鮮やかな手口で盗み出すこと自体に生き甲斐を感じている為、盗んだ後の宝に対する執着は薄く、自らのミスや不慮の事故で紛失してしまったり、自分たちの生活費や遊びに交際、新たな盗みの資金等に使ってしまう事が殆どである。

また、元の持ち主に返却することや、ルパンが信頼した人物に譲渡する事も多い。
また、盗むのはいわゆる(美術的価値こそ高いものの)訳あり・曰く付きなお宝が多く、相手もギャングや悪どいことをして儲けている金持ちからが殆どであり、善人や弱者から盗むのは消極的で、不二子に色仕掛けで頼まれても拒否しようとする。

例外として、所有する財を強奪しようとする悪党から持ち主の命を守る理由等で失敬する事はあるが、真面目な金持ちである持ち主達の生活バランスは極力崩さないように心がけている。

さらに、万が一無関係な人を巻き込むような状況になった場合は、その人物に慰謝料を払ったり、壊した物を弁償したり、お宝を殆ど全部譲ったりと後々に何らかの形でフォローをする事がある。
また、社会的不安や世界的混乱を引き起こす可能性があるお宝(超小型原子爆弾の設計図や人工ダイヤモンドを大量生産する機械等)に関しては、自らの手で闇に葬る事がある。

何らかの事情があって意図的に投獄される必要が生じた場合、捕まる為に仕方なく軽犯罪を行う事はあり、逆に「自首」という手段は、銭形を始めとする警察側から「何か裏がある」と不審に思われてしまうリスクが高い為避けている。

財力

基本的に金銭目当てで盗みをする事は少なく、本人のライフスタイルも庶民派だが、その保有資産は数億USドルに達すると思われる。
複数の信販会社のクレジットカードを持ち歩いており、TVSP『バイバイ・リバティー・危機一発!』では3億ドルを女性に使われている。
クレジットカードを持ち歩けるのは要するに、信販会社はルパンが逮捕される可能性は限りなく低いと考えていることになる。

一方、本人の享楽的な性格やトラブルまみれの人生から、ポケットマネーの類は割とすぐに使い切り素寒貧になっている事もしばしば。

また、原作やアニメ初期ではルパン帝国と呼ばれるルパン一族をトップとした約10万人規模の構成員からなる組織を持っており、ルパン一族も7000億(現在の価値で約2兆)の隠し財産を持っているとされている。
しかし現在では組織云々について言及されなくなって久しく、人手としてアテにするのも専ら次元や五ェ門ばかり。祖父や父以上に自由を尊ぶ本人の性から、早々に解体してしまった可能性も高い。

ルパンと殺し

特にアニメ版においては悪質な敵対者と、殺し屋のような血を見るのが好きな悪党以外は殺さない、というのがモットーである。
特にカタギの人間、普通の警官、警備員などは原則、どんなに敵対しても手にかけない。その他、中途半端なチンピラ等も殺すことなく軽くあしらっている。

よく“女は手にかけない”と言い、確かに男性より圧倒的に少ないが、これはあくまで上記のモットーを原則としているだけである。
ある話では保身の為に平気で仲間を殺し、ルパンもだまし討ちにしようとした黒幕を容赦なく射殺した事がある(これは怒りを感じながらも命乞いに応じて「失せな」と言ってくれたルパンの温情をあろうことか踏みにじった為で、この件は彼にとって苦々しい思い出となった)。

その他、何人かの女を自らの手で殺した事があるが、いずれも我欲のためだけに仲間や自分を裏切る者、弱者を利用した挙句殺す者、この世を自分だけの物にしようとする者など、悪女ばかりである。そのような行為はルパンにとって決して許される事ではないのだ。たとえ女であっても。

また、銭形は例外的に命に関わる“イタズラ”を仕込まれることがあるが、これも「銭形なら死ぬことはない」とある意味信頼しているが故である。
とは言え、実力がある殺し屋や、犯罪組織のビッグネームを結果的に手にかける事も多いため、「殺しのテクニックは一流」と評されることもある。

世界中の腕が立つ殺し屋共は、ルパンの命をよく狙っており、中には「ルパンを殺す事が出来た」と思って浮かれる者もいるが、結局様々な要因で失敗に終わり(ルパンの協力者かルパン自身がそのような事をして騙す、あるいはあらゆる偶然が重なる、または敵がよく確認しないため)殆どが返り討ちに合って最後を迎えてしまう。

それどころかルパンは、爆発によって潜水服がバラバラになって深海の水圧に押しつぶされてもなお、細い体になってまで生き延びている。
そのものすごい生命力は、人類を凌いでいる事を象徴しているだけでなく「ルパンを殺すのは、簡単な事ではない」という事を強く認識させられるものである。

原作

原作では素顔とされる姿も変装であり、本来の素顔は完全に不明。
これはルパン家に伝わる「盗術」の第三十三条「いかなる時でも素顔をさらすな」という条文に則ったものであり、一度自らマスクを外した時もその下にはのっぺらぼうのマスクを着用していた。

その為真の素顔は長年の相棒である次元やライバルの銭形ですら知らないとされる。それどころか性別、声すらも偽装とされている(一応、性別に関しては後述する作品の中で不二子との隠し子が主役の作品が登場するので男性の可能性が高い)。
また先祖代々の決まり事である為か素顔を晒すことは決してせず、素顔を暴こうとマスクに手を掛けた銭形に対して「銭形 ふかいりしすぎだぜ」と凄んだこともある。

アニメにおいてはTV第2シリーズで「これは生まれつきのモンキー面(第67話より)」と自ら発言しているが、原作から過去のアニメシリーズまでの歴代ネタを引用しているPART5では原作版の設定が適用されており、最終回ではある人物に素顔を明かす場面がある。

原作では義賊と呼ばれることを嫌っている。アニメと違い、割と非情に殺人を犯している。

ちなみに原作者が好きではなかったルパン小僧』という続編の主人公「ルパン小僧」は、ルパンと不二子の隠し子であるとされている(トリビアの泉の番組内ではモンキー・パンチ氏がルパン四世だと認めている)。

美しきドロボーのウワサ

「見知らぬおじょうさん…ジャケットから手を離しちゃあくれないか?」

2019年05月24日、スマートフォン用アプリぷよぷよ!!クエストにコラボ登場。
「ユーレイ」のウワサの犯人候補としてりんごに冗談交じりで名前を挙げられ、エコロによって突然ぷよぷよ側の世界に召喚された。
しかし、強制的に連れてこられた筈の別世界によく知った人物の痕跡が残っているようで…?

「俺はルパン三世、天下の大泥棒だ
 ってなわけで、このぷよは頂いてくぜ!」

キャラとしては青ジャケットの「Part5」の通常仕様と、赤ジャケットの「Part3」仕様の2種類が登場。特に通常衣装である青ジャケットのルパンは本コラボイベントで実装されたカードの中でも飛び抜けた性能を持ち、盤面に青ぷよを供給するスキルで青属性を主体としたデッキを強烈にサポートしてくれる。

補足

現在、世間一般でよく知られるルパンの三枚目の人物像は、概ねTVアニメ版第1シリーズ後期のテコ入れで演出を務めた宮崎駿によって形成され、その後のTV第2シリーズ以降に確立されたもの。

原作やTV第1シリーズ初期では剽軽ながらも、どこかアンニュイニヒル、ドライかつクールな印象の総じてハードボイルドな人物として描かれており、現在のようなギャグ顔を披露する機会も遥かに少なかった。

後年、宮崎はこのルパンの人格面の変更について、「“全てが満ち足りてしまった退屈な人生の暇潰しのために犯罪に興じる裕福なフランス貴族”から、“常に何か面白いことは無いかと目をギョロつかせている貧乏なイタリア男”に変えた」と語っている。

ルパン三世を演じた人物

本編

言わずと知れた初代担当者。ルパンのお決まりのフレーズや語り口調などは全て山田が作り上げたと言っても過言ではない。本人は時折ルパンを演じることに嫌気が差して「降りたい」と言ったこともあるが、実際に『風魔一族の陰謀』で降ろされた際は激怒するなど、表には見せない思い入れを持っていた。

元々山田は薦められてルパンを読むことになるとたちまち作品のファンになり、オファーが来た時は二つ返事で了承した。Part1のようなハードボイルドな作風を好み、Part2のような子供向けにマイルドになりすぎた作風を嫌っていた。
Part4以降を山田が演じられたのなら、さぞ喜んだかもしれない。最期の仕事もルパン絡みになるなど、良くも悪くも最期まで大泥棒との縁が切れない人物であった。なお演じた年数は23年半で、担当本数だけ見れば歴代トップ。

山田康雄のピンチヒッターとして起用された後、正式に二代目を引き継いだモノマネタレント。山田が現役の際はモノマネ番組のご本人登場で山田が現れ、栗田がタジタジになるという場面も見られた。
元々ルパンのモノマネタレントとしては知名度の高い人物で、山田自身もルパンのモノマネ=栗田貫一とすんなり出てくるほどに浸透していた。当初は山田の代役という意識を持って演じていたが、2010年後半になると考え方が軟化して「ルパンを演じればいい」という境地に辿り着いた。

当初は散々非難されたが、現在は努力が実って多くのファンから受け入れられている。2018年に山田の担当年数を越えた。しかしSP版における担当が多いため、担当本数自体には大きな開きがある(本人も「(年数を言われても)恥ずかしい」とのこと)。
SP版・劇場版の収録の際には、その前1週間程度を完全にオフにし、山田時代のルパン作品を視聴し続けてキャラをつくっていたと言う。PART-4が制作される以前には、「イマジネーションをつくりやすくできるよう、一度でいいから(週間の)テレビ放送でやりたい」(意訳)とも言っていた。

その他キャスト(アニメ版)

キャスト総入れ替えを計画した製作陣によって起用。オファーを受けた際は「似せればマネ、自身の色でやれば文句がくる」と負けが確定した仕事なので断ろうとした。が、マネージャーからの「他の人はみんな受けた。あなただけ逃げるんですか?」という挑発に乗って演じることに。
山田のイメージを引きずらず演じようとしたがその影響力は強く、ついついモノマネのような演技になってしまったと語る。さらにキャスト総入替えの話は山田に黙って進められていたのだが、その事を知らない古川は山田に「今度自分がルパンを担当させていただくことになりました」と挨拶に行ってしまい、山田が激昂したという。
当時はアンチレターが大量に届いた苦い経験があり、この仕事については語らなかった。しかし価値観の多様化と本家の声優一新なども手伝って再評価の機運が高まり、好意的な意見も見られるようになったこともあり、今ではようやく自身の経歴に堂々と書けるようになったという。

パイロット版としては有名なバージョン。広川節はやや抑えめであるものの、節々においては広川らしい語り口が見られる。広川と下記の野沢のどちらかがTV版を担当する予定で進んでいた。

  • パイロット版(シネマスコープ用):野沢那智
パイロット版と言えば下記の広川版が有名だが、シネマスコープ版は野沢が担当。野沢が多忙なため結局本編では担当せず。かなり色っぽい語り口なのが特徴。本家とはならなかったものの、後のSP版では多くのゲストキャラを演じるようになる。
これはアニメ作品への出演が意外に少なめだった野沢にとって実は貴重なことである。ちなみに野沢那智の持ち役であるコブラは、山田康雄が演じたバージョンもあるなど、両者ともに戦友だったとはいえ数奇な縁があった。

原作のエピソードをデジタルコミックとしたゲームで、原作者の行ったオーディションで、本作のみキャストが一新されている。

実写版キャスト


関連画像

花言葉は「神秘」・・・な~んちゃって
全力で俺を捕まえてみな!


ルパン三世(1st シリーズ
赤緑様。


ルパン三世 カリオストロの城 セル画
バカ笑いのできる仲間



関連タグ

ルパン三世 次元大介 石川五ェ門 峰不二子 銭形警部
ルパンダイブ ルパンファミリー ルパン一世 ルパン二世 泥棒
山田康雄 栗田貫一 義賊 ルパン小僧
ワルサーP38 ベンツSSK フィアット500 ルパン帝国

ガウリイ=ガブリエフ 祖先が有名人と金欲なトラブルメーカーな彼女?つながり

関連外部リンク

ルパン三世 (架空の人物) - Wikipedia
ルパン三世(キャラクター)とは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

ルパン一味 るぱんいちみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルパン三世(キャラクター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 334360

コメント