ピクシブ百科事典

フィアット500

ふぃあっとごひゃく

イタリアのフィアット社が生産販売してきた乗用車。
目次[非表示]

概要

「500」をイタリア語読みした「チンクェチェント」の名でも知られ、いずれもキャンバストップ式で屋根の天井部が開閉するモデルが用意されている。

イタリアの「国民車」として大きな商業的成功を収めており、日本ではベンツSSKと共にルパン三世の愛車として知られている。

初代(1936~55年)

Fiat 500



愛称の「トポリーノ」はイタリア語でハツカネズミを指す。

安価で小さいが機敏に走る2人乗りの超小型車で、500ccクラスながら水冷エンジンFR車である。
狭い車内に無理なく乗り込むためドアは前開き構造となり、フランスシムカ社でもノックダウン生産された。

2代目(NUOVA 500)(1957~77年)

FIAT500



日本語で「新500」(ヌォーヴァ)という車名に変更。

先行したヒットモデルであるフィアット600の縮小版で、スクーターからの乗り換え需要を目論んで発売された。
先代のトポリーノにも肩を並べる大成功を収め、1970年代まで生産されたほか今でも世界中に愛好者が多い。

ボディサイズは、日本の360cc時代の軽自動車規格に近い。
空冷エンジンのRR車で、車内は狭いものの大人4人が乗れる車内スペースが確保されている。
1965年の500Fより、ドアが後開き構造となった。

3代目(Type 312)(2007年~)

FIAT 500



現在の欧州におけるコンパクトカーとしての機能とボディサイズを持ちながら、内外装の雰囲気は2代目を意識しており過去のモデル同様に商業的成功を収めた。

排気量900~1,400㏄のガソリン又はディーゼル仕様の水冷エンジンを設定。
ガソリンエンジンは直列4気筒SOHC8バルブの1.2Lと、吸気バルブをカムシャフトではなく油圧ピストンで稼働する「Multi Air」と呼ばれるバルブ機構を搭載。
直列2気筒の0.9Lエンジンを搭載した「TwinAir」仕様は話題を呼んだ。
駆動方式はFFに変更され、生産はポーランドメキシコの工場で行われる。

この他フィアットの子会社であるフェラーリマセラティとのコラボモデルや、同グループのモータースポーツ部門であるアバルトチューニングしたスポーツモデルなどが登場した。
2017年までアバルト仕様車は「アバルト500」と名乗っていたが、マイナーチェンジでツーリズモ・コンペティツィオーネに合わせて「595」に統一された。

ルパン三世』での活躍

アニメ版では主人公のルパン三世がベンツSSKに続いて2代目チンクエチェントを愛用するようになり、これには当時の作画監督の愛車であった影響によるものとされている。
TVアニメ第1シリーズから登場しているが、劇場版カリオストロの城』でのカーチェイスによって一躍有名となった。

登場する主な中長編シリーズ


その他登場するフィクション作品

主役の新聞記者(演:グレゴリー・ペック)が乗る車で、同じく王女(演:オードリー・ヘプバーン)のスクーターと共にローマ市内を走り回る。

エンディングに登場。

フィアットとの公式コラボで痛車仕様の『ハナヤマタ 500』が1台限定で制作され、その後抽選販売された。

登場人物の東山コベニ愛車(通称:コベニカー)として登場。

関連項目

フィアット 乗用車 イタリア車

FIAT500 チンク
:表記揺れ

関連記事

親記事

フィアット ふぃあっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィアット500」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 388138

コメント