ピクシブ百科事典

フィアット500

ちんくえちぇんと

フィアット社の製造した小型乗用車。いずれのモデルも大成功を収めたが、日本でもイタリアでも単にチンクエチェントと言えば2代目のNuova 500を指すことが多く、Pixivでも2代目のイラストが多い。
目次[非表示]

概要

フィアット社の小型乗用車。イタリアの「国民車」として大きな商業的成功を収めた。
「500」をイタリア語読みした「チンクエチェント」の名でも知られる。

トポリーノ(1936~55年)

愛称の「トポリーノ」はイタリア語でハツカネズミの意で、安価で小さいが機敏に走る2人の超小型車。500ccクラスながら水冷エンジンのFR車である。
フランスシムカ社でもノックダウン生産された。
狭い車内に無理なく乗り込むためドアは前開きになっている。

NUOVA 500(1957~77年)

先行したヒットモデル、フィアット600の縮小版で、スクーターからの乗り換え需要を目論んで発売された。先代のトポリーノにもまさる大成功を収め1970年代まで生産されたほか、今でも世界中に愛好者が多い。
ボディは360cc時代の軽自動車に近いサイズ。空冷エンジンのRR車で、車内は狭いものの大人4人が乗れる車内スペースが確保されている。
1965年の500Fより、ドアが後開きとなった。

Type 312(2007年~)

排気量900~1400㏄、現代の一般的なコンパクトカーとしての機能とボディサイズを持ちながら、内外装の雰囲気はNUOVA 500を再現し過去のモデル同様に商業的成功を収めた。
水冷エンジンのFF車であり、ガソリンエンジンは直列4気筒SOHC8バルブの1.2Lと吸気バルブをカムシャフトではなく油圧ピストンで駆動する「Multi Air」と呼ばれるバルブ機構を搭載。直列2気筒の0.9Lエンジンを搭載した「TwinAir」仕様は話題を呼んだ。

ポーランドとメキシコで生産されている。「695トリビュートフェラーリ」は子会社のフェラーリ社とのコラボ・モデル。同様に、「695エディツィオーネ・マセラティ」もフィアット傘下のマセラティとのコラボモデル。

また、フィアットグループのスポーツ部門であるアバルトがチューニングしたスポーツモデルとしてアバルト595がある。2017年までは通常モデルはアバルト500と名乗っていたが、マイナーチェンジでツーリズモ・コンペティツィオーネに合わせて595に統一された。この世代が初めてではなく、過去にもアバルトのチューニングした500がある。上記のフェラーリ・マセラティとのコラボモデルも、実はベース車は595(すなわち純正500ではなくアバルトのチューニングモデル)で、製造もフィアット本体ではなくアバルトによる。

登場するフィクション作品


外部リンク

wikipedia:フィアット・500

関連タグ

FIAT500 FIAT500 チンクェチェント チンク
ローマの休日 カリオストロの城 風魔一族の陰謀 ルパン暗殺指令 くたばれ!ノストラダムス
霧のエリューシヴ GREEN vs RED 血の刻印 戯言シリーズ キラキラ☆プリキュアアラモード

関連記事

親記事

フィアット ふぃあっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィアット500」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 300825

コメント