ピクシブ百科事典

フェラーリ

ふぇらーり

イタリア語圏の姓。およびイタリアに本拠地を置く自動車メーカー/レーシングコンストラクター
目次[非表示]

フェラーリ:Ferrari)とは、

  1. イタリア語圏のフェッラーリとも。原義は鍛冶屋で、ポルトガル語などのフェレイラ(Ferreira)に対応する。
  2. イタリアに本拠地を置く自動車メーカーFerrari』が販売する自動車の総称。一般的に成功者の証として認知されているほか、赤いカラーリングのF1カーが有名である。

pixivではほとんどが2.を指すタグとして使用され、自動車やF1カーの画像が大半を占めている。

2.

概要

イタリアモデナ県に本社を置く、自動車メーカー。
「ハイウェイの芸術品」とも言われ、流麗なボディースタイルと高い走行性能を兼ねた、いわゆる「スーパーカー」を多く世に送り出しているメーカーである。
イタリア人ならば、たとえクルマに興味の無い人間であっても、同じ国に生まれたことを誇りに感じるメーカーである。

歴史

創業者である、エンツォ・フェラーリは若い頃からレーシングチームで活躍していた。
1919年、数々のレースで奮闘を見せ、それを見ていたアルファロメオのチームから声がかかったことから、すべてが始まる。
数々のレースを経て、アルファロメオチームの主力となったエンツォは、1925年ムッソリーニの政策がきっかけとなり、アルファロメオからレーシングサービス部門を任されることとなる。

現在もF1シーンにその名を連ねる、「スクーデリア・フェラーリ」が誕生したのは、それから4年後の1929年であった。(スクーデリア:Scuderia=「馬小屋、厩舎」)
「フェラーリ」が表舞台に登場し、モータースポーツでその力を振るっていく、その瞬間である。
ムッソリーニ率いる政権は自動車レースを国政とし、「イタリアのためにレースに勝て!」とエンツォを何度も励ましたとも。
1923年に始まった"ミッレミア(イタリア北部1000マイルを走破するレース)"を許可したのもムッソリーニである。(時を同じくして、ドイツヒトラーも同じ政権を用い、イタリアとしのぎを削っていた)
レースに負けが続くと、次第にフェラーリ側と、親のアルファロメオ側に亀裂が生じてくる。
最終的に両者は決裂し、エンツォは退職。以降4年間、「馬小屋」のネーミングは使用されなかった。

転機が訪れるのは1939年。ミッレミアに参戦するためのマシーン製作の注文が入ったことから始まる。
惜しくも製作された2台は1500kmの長丁場に絶えられず共にリタイアしている。

そして1940年、第二次世界大戦へ突入し、敗戦を経て、1946年までその活動を中断することになる。

その後のフェラーリの活躍は皆さんの知るところだろう。

デザイン

フェラーリ車のデザインの大半はカロッツェリアの「ピニンファリーナ」の手によるものが多い。
ボディーサイドに控えめに付けられた"Pininfarina"のエンブレムがそれを示している。
その他、ザガートやギア、ベルトーネの手がけたモデルも存在する。
低く、幅のあるボディーになめらかな曲線を絶妙に構成させたそのスタイリングは、トップモデルスポーツカーの「指標」と言っても過言ではなく、最新モデルである"FF"も例外ではない。
余談だが、"ENZO"や"612スカリエッティ"、"599GTBフィオラノ"は日本人デザイナーである奥山清行氏(Ken Okuyama)が手がけている。

性能

スーパーカーと言えど、実際には日産GT-Rポルシェ911などの方が良かったりする。しかし、フェラーリ車に込められた魂はそれらの比で無いことは確かだ。
水平対向を搭載する"512BB"(BB=Berlinetta Boxer:クーペボディ、水平対向)は当時ランボルギーニカウンタックと世界最速を掛けていたし、"599XX"はモンツァで"FXX"を1秒上回る1分17秒をたたき出し、ニュルブルクリンク北では6分58秒をマークしている。
近年では、性能はさて置いて、実用性を重視した"FF"をロールアウトしたことで話題となった。
しかし、あまりメンテナンスを考慮してないのか、整備費に少々掛かってしまうため、あまりランニングコストは良くない。(ここは「イタリア車の愛嬌」なのだろうか)

エンブレム

フェラーリといえば、その鮮烈な赤色である「ロッソコルサ」もまた有名だが、"跳ね馬"と呼ばれ親しまれるエンブレムも忘れてはいけない。
「黄色の盾に黒馬」の紋章、"Cavallino Rampante(カヴァリーノ・ランパンテ)"が正式名称である。
これは、第一次世界大戦のイタリアの撃墜王フランチェスコ・バラッカ大佐の愛機の胴体に張ってあったスクデリア91a部隊の紋章が元となっている。
エンツォがとあるレースで優勝した際、観客に自宅に招かれ、そこで差し出された黒い馬のマークが描かれていた布切れこそが、その紋章であった。(実は、エンツォの兄が偶然にしてスクデリア91a部隊に所属していた)
「名誉の戦死を遂げた息子からの贈り物だと思って受け取って欲しい」と言われ、手渡されたエンツォは早速それをエンブレムとし、車に取り付けた。この紋章を手渡した人物は、バラッカ大佐の両親であった。

参考出典、文章引用:「イタリア車のデザイン」

主な車種

365GT4BB
512BB
フェラーリ・テスタロッサ
512TR
F40

関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目

pixivに投稿された作品 pixivで「フェラーリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 732420

コメント