2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

フェラーリ

ふぇらーり

イタリア語圏の姓。およびイタリアに本拠地を置く自動車メーカー/レーシングコンストラクター
目次[非表示]

フェラーリ:Ferrari)とは、


自動車メーカーについて

概要

イタリアモデナ県に本社を置く、自動車メーカー。
「ハイウェイの芸術品」とも言われ、流麗なボディースタイルと高い走行性能を兼ねた、いわゆる「スーパーカー」を多く世に送り出しているメーカーである。
イタリア人ならば、たとえクルマに興味の無い人間であっても、同じ国に生まれたことを誇りに感じるメーカー・レーシングチームである。
熱狂的なフェラーリファンは「ティフォシ」と呼ばれる。

歴史

創業者である、エンツォ・フェラーリは若い頃からレーシングチームで活躍していた。
1919年、数々のレースで奮闘を見せ、それを見ていたアルファロメオのチームから声がかかったことから、すべてが始まる。
数々のレースを経て、アルファロメオチームの主力となったエンツォは、1925年ムッソリーニの政策がきっかけとなり、アルファロメオからレーシングサービス部門を任されることとなる。

現在もF1シーンにその名を連ねる、「スクーデリア・フェラーリ」が誕生したのは、それから4年後の1929年であった(スクーデリア:Scuderia=馬小屋、厩舎)。
「フェラーリ」が表舞台に登場し、モータースポーツでその力を振るっていく、その瞬間である。
ムッソリーニ率いる政権は自動車レースを国政とし、「イタリアのためにレースに勝て!」とエンツォを何度も励ましたとも。
1923年に始まった"ミッレミア(イタリア北部1000マイルを走破するレース)"を許可したのもムッソリーニである(時を同じくして、ドイツヒトラーも同じ政権を用い、イタリアとしのぎを削っていた)。
レースに負けが続くと、次第にフェラーリ側と、親のアルファロメオ側に亀裂が生じてくる。
最終的に両者は決裂し、エンツォは退職。以降4年間、「馬小屋」のネーミングは使用されなかった。

転機が訪れるのは1939年。ミッレミアに参戦するためのマシーン製作の注文が入ったことから始まる。
惜しくも製作された2台は1500kmの長丁場に絶えられず共にリタイアしている。

そして1940年、第二次世界大戦へ突入し、敗戦を経て、1946年までその活動を中断することになる。

F1世界選手権では1950年の開幕初年度から、2022年現在まで参戦している唯一のチームとなっている。1952・1953年には早くもチャンピオンとなり、以降もDFVエンジンに対抗する唯一の勢力として、跳ね馬の矜持を持って対抗し続けた。
しかしターボエンジン全盛期になると1980~1999年の20年間は一度もチャンピオンを取れないという低迷期を経験した。
2000年にミハエル・シューマッハ、ロス・ブラウン、ロリー・バーンという3人の天才が揃うと黄金時代を迎え、選手権を5連覇した。この時ちょうどF1は多数の自動車メーカーが参入した絶頂時代であったため、まさに「F1にフェラーリあり」を強く印象づけた。
しかし2007年にキミ・ライコネンがチャンピオンを獲得して以降は再びタイトルから遠ざかっており、2022年現在まで15年に渡り苦戦が続いている。時に勝てるレースをチーム戦略のミスで失うといった展開もあり(最近だと2022年のモナコGP、戦略ミスで2台を同時にピットインさせてしまった)、そのような様を日本のファンからはしばしば「俺たちのフェラーリ」と揶揄されてしまっている。

GTの分野ではフェラーリはジェントルマン・ドライバーの憧れであり、今も昔も大変人気が高い。特にル・マン24時間では稀少なLM-GTE仕様を開発するメーカーで、多数のクラス優勝を挙げている。
また総合優勝の経験もあり、1960年代にプロトタイプスポーツカーで無敵の6連覇を成し遂げている。

デザイン

フェラーリ車のデザインの大半はカロッツェリアの「ピニンファリーナ」の手によるものが多い。
ボディーサイドに控えめに付けられた"Pininfarina"のエンブレムがそれを示している。
その他、ザガートやギア、ベルトーネの手がけたモデルも存在する。
低く、幅のあるボディーになめらかな曲線を絶妙に構成させたそのスタイリングは、トップモデルスポーツカーの「指標」と言っても過言ではない。
余談だが、"エンツォ・フェラーリ"や"612スカリエッティ"、"599GTBフィオラノ"は日本人デザイナーである奥山清行氏(Ken Okuyama)が手がけている。

性能

スーパーカーの代表格と言えど、実際には同世代のスーパーカーの中で特にずば抜けた性能を誇っているというわけではない。しかし、フェラーリ車に込められた魂は他のメーカーの比でないことは確かだ。
12気筒エンジンを搭載する"512BB"は当時ランボルギーニカウンタックと世界最速を争っていたし、"599XX"はモンツァで"FXX"を1秒上回る1分17秒というタイムレコードをたたき出し、ニュルブルクリンク北では6分58秒をマークしている。
2011年には、実用性を重視した同社初の4WDモデル"FF"をロールアウトしたことで話題となった。
しかし、あまりメンテナンスを考慮してないのか、整備費は少々かさんでしまうため、ランニングコストは優れているとは言えない。そこは「イタリア車の愛嬌」といったところか。

市販車のラインナップは全て8気筒以上のコンベンショナルモデルであったが、F1すらもダウンサイジングターボ+ハイブリッドカーになるような時代の趨勢には逆らえず、2013年には初めてハイブリッドシステムを採用した"ラ・フェラーリ"、2019年にはフェラーリ初のプラグインハイブリッドカーとなる"SF90"、2021年にはプラグインハイブリッドに加えフェラーリブランドとしては初のV6エンジンを搭載した"296GTB"を発売している。

エンブレム

フェラーリといえば、その鮮烈な赤色のボディカラー「ロッソコルサ」もまた有名だが、"跳ね馬"と呼ばれ親しまれるエンブレムも忘れてはいけない。
「黄色の盾に黒馬」の紋章、"Cavallino Rampante(カヴァリーノ・ランパンテ)"が正式名称である。
これは、第一次世界大戦のイタリアの撃墜王フランチェスコ・バラッカ大佐の愛機の胴体に張ってあったスクデリア91a部隊の紋章が元となっている。
エンツォがとあるレースで優勝した際、観客に自宅に招かれ、そこで差し出された黒い馬のマークが描かれていた布切れこそが、その紋章であった(実は、エンツォの兄が偶然にしてスクデリア91a部隊に所属していた)。
「名誉の戦死を遂げた息子からの贈り物だと思って受け取って欲しい」と言われ、手渡されたエンツォは早速それをエンブレムとし、車に取り付けた。この紋章を手渡した人物は、バラッカ大佐の両親であった。

参考出典、文章引用:「イタリア車のデザイン」

主な車種

365GT4BB
512BB
フェラーリ・テスタロッサ
512TR
F40
FF/フォー
GTC4ルッソ

余談

グーグル他の検索エンジンでこの車のワードを打とうとすると、何故かサジェストがひらがな表示されるという現象が発生する。
こうなってしまう原因としては、この車の名前の上3文字が卑猥なワードとなってしまっている為、検索エンジンの規制に引っかかってしまっているのではないかと思われる。

関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目
侵略!イカ娘:コラボしてSUPER GTのGT300クラスに出たことがある

関連記事

親記事

フィアット ふぃあっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フェラーリ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「フェラーリ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5357881

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました