ピクシブ百科事典

F1

えふわん

正式名称Formula One World Championship(フォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップ)。自動車レースの一種。転じて、あるジャンルの「世界最高峰のレース」を指すこともある。
目次[非表示]

概要

F1とはフォーミュラ1(FIA Formula One World Championship)の略称。
国際自動車連盟 (FIA) が主催する自動車レースの最高峰で、四輪の一人乗りフォーミュラカーで行われる。
1950年が初開催。

世界はもちろん日本でも人気は高く、他のモータースポーツとは一線を画す独自の文化性を誇る。
俗にレースの最高峰のことを「××のF1」と表現するのが一般的であったり、お笑いの『M-1グランプリ』や「R-1グランプリ」、格闘技の『K1グランプリ』の由来となっていることからも分かる通り、自動車レースとしては別格の知名度がある。そのため『自動車レース=F1』『レーシングカー=F1マシン』だと思い込み、GTカーを見て「F1マシンだ」と言ってしまう人も珍しくないほどである。

F1マシン

"Formula"とは「決まり」「規定」を意味し、この業界ではタイヤとコックピットがむき出しのマシンのことを指す(→フォーミュラカー)。
F1以外にも F2/F3/F4という育成カテゴリや電気自動車のフォーミュラE、北米ではインディカー、日本でもスーパーフォーミュラといったフォーミュラカーレースが存在するが、F1はこの中で唯一エンジンを除く車体を各チームが独自に開発することが義務付けられているという点が決定的に異なる。

軽量さと空力が徹底的に追求されたそのマシンの速さは文字通り異次元で、直線の最高速度は380km/hにも達し、コーナリングでは最大6G(自分の体重の6倍)もの重力を首に受けるバケモノ車である。
当然注ぎこまれるお金や技術は他のフォーミュラとは比べ物にならないほどハイレベルで、全くの別物であるため、F2やF3で全然振るわなかったドライバーが大活躍するケース、逆にF2のチャンピオンがF1ではたった1年で失格の烙印を押されて姿を消すケースも珍しくない。

黎明期は開発の自由度が非常に高く、タイヤが6個のF1マシンもあったほどである。しかし、80年代以降「F1サーカス」としてエンタメ性を強めたことや90年代の安全性を徹底する方針が取られるようになったことをきっかけに規制が強められていき、黎明期と比べれば、開発の自由度は少なっている。ただし、タイヤが6個のように、厳しい規定の中でもその穴を突いてとんでもないマシンが開発されることも稀にある。
また、90年代まではV8/V10/V12級の大型エンジンがこれでもかと投入されていた時期もあったが、2000年代からエンジンの形式に指定されるようになり、2014年からは時代の趨勢に合わせてV6エンジンとターボチャージャー(いわゆるV6ターボ)のエンジンにモーターを組み合わせたハイブリット形式のエンジン(通称パワーユニット)が新規定として制定され、2014年以降のF1はハイブリッドカーとなっている。
2022年から、新しい車両規定が導入され、2021年まで度々問題視されていた「前方車両の後方乱気流でダウンフォースを失いやすく、フロントタイヤにダメージを蓄積させやすい」という点を解決するため、地面に吸い付く力でダウンフォースを得る「グラウンド・エフェクトカー」に近い設計を行うことが規定され、車両の設計が従来と異なる概念で設計することとなり、タイヤサイズがシリーズ創設以来、約70年間13インチであったが、タイヤもこれまでより大径化した18インチタイヤに変更される。18インチというサイズは、世界中のクローズドボディのツーリングカーレースでは比較的スタンダードなサイズではある。
そのため、2022年シーズンは、戦力差が大きく変わる可能性が高いと言われている。18インチタイヤへの適応はドライバーの腕も影響するが、マシンについては各チームの新規定に対する取り組み方の結果が表れることとなるため、従来と変わらずチームおよびドライバーが早く適応できるか否かという点は変わらないものの、マシンの戦闘力に関してはふたを開けてみないとわからないという状況となっている。それでも、タイトル防衛を狙うマックス・フェルスタッペンと王座奪還を狙うルイス・ハミルトンの二人が台風の目になるだろうが、新規定によって各チームの戦力差が大きく変わるため、この年は誰でもチャンピオンになる可能性はあり、混戦が予想される。

F1チーム

自動車メーカーのみならず、工業系企業グループを母体とするチーム、投資家グループが買収したチーム、ベンチャー企業が名前を売るために立ち上げたチーム、中には飲料メーカーまで存在する。中でもフェラーリマクラーレンはF1において伝統的な歴史を持つ代表的な2チームで、これらは一般人にはスーパーカーメーカーとしても知られるが、特にフェラーリF1に参戦するためにスポーツカーを売っているチームであり、その点において他社とは一線を画す。

各チームが年間数十億から数百億円という小規模国家の予算レベルで金を注ぎ込む開発競争は圧巻であるが、それゆえにドライバーの技術よりチーム力・マシンの戦闘力で勝敗が決してしまうのがもはや当たり前となっており、必ずしも『世界一速い男を決める決定戦』とは言い切れない状態が半世紀以上続いている。これに不満を呈するファンも一定数いるものの、それを甘受して開発競争や政治的駆け引きを楽しむのが伝統的なF1という文化である。
また資金力の乏しい下位チームでは、ドライビング技術よりもチームに持ち込むスポンサーマネーの額、すなわちチームにいくら資金を提供できるかでドライバーが決まってしまうことも常態化している。
流石のFIAもこの現状を延々と見てみぬふりはしかねたようで、2021年度には史上初めて年間予算上限の規定を定めた(上限は1億4500万ドル=約149億8000万円、また2022年度から段階的に引き下げられる予定)。

日本勢の活躍

ホンダトヨタがチーム/エンジンメーカーとして、ヤマハ発動機SUBARUがエンジンメーカーとして参戦した経歴があり、トヨタとヤマハは最高2位、ホンダはチームとして3回のレース優勝の実績がある。またホンダはエンジンメーカーとしては選手権4連覇という圧倒的な記録を誇る。

日本人ドライバーとしては鈴木亜久里佐藤琢磨小林可夢偉の3位が最高記録である。その次には2021年シーズンから参戦している角田裕毅の4位が並ぶが、優勝とポールポジションはまだ無い。

バブル期には日本の各企業や中小レーシングチーム、ドライバーたちが大挙して参加したが、ほとんどはうまくいく前に撤退・空中分解した。

バブル崩壊後の2000年に、ホンダは初参戦から数えて第3期のF1活動を開始し、2008年にサブプライムローン問題に端を発する世界金融危機(リーマン・ショック)を理由に撤退するまで8年間活動した。2002年にはトヨタも初参戦するがホンダと同じ理由で2009年に撤退。トヨタはこれが最初で最後のF1参戦となった。

その後、ホンダは第4期活動として2015年よりマクラーレンとタッグを組み、エンジンサプライヤーとしてF1に復帰することを発表した。しかし、2015年はマクラーレン側の車体設計とホンダのパワーユニットの設計の両方に無理があり、最下位に近い成績しか残すことが出来なかった。その反省を生かした2016年は成績こそ向上したものの、タイトルを争うどころかレースでの優勝争いからも遠かった。そのため、2017年、ホンダはエンジンの戦闘力向上のため新設計のエンジンを投入。だが、新開発のエンジンは初期不良も含めたトラブルが頻発し、マクラーレン側の車体設計も当時は言及されていなかったが、この年の設計も上手くいったとは言えず、負の相乗効果とも言うべき状況に陥った。このことに業を煮やしたマクラーレンは、2017年を以てホンダとの契約を終了することを内定した。この時期にチームに在籍していたフェルナンド・アロンソが、2015年シーズンの際、あまりの戦闘力の無さに「GP2エンジン!」という罵声を無線で発したことは語り草となっている。

そんななか、2014年以降、レッドブル・レーシングとそのセカンドチームに位置するトロ・ロッソ(現:スクーデリア・アルファタウリ)は、エンジンをルノーとの契約を結んでいたのだが、ルノーエンジンの戦闘力不足をきっかけに関係が段階的に悪化。両チームは2016年もルノーとの契約期間が残っていたのものの、しびれを切らしてその契約の破棄を宣言するものの、メルセデスとフェラーリはライバルチームということもあり拒否。この年のホンダはマクラーレンへの独占契約という状況であったため、代わりのエンジンが見つからず、2016年だがレッドブルはルノーとの契約を存続するものの、エンジン名を別名義にするという苦肉の策で合意。トロ・ロッソはフェラーリから前年型のエンジンを供給することで急場を乗り切った。だが、2017年は両チームルノーから供給を受けたが、この年のルノーエンジンのトラブルに苛立ちを隠せず、メディアを通じた批判が多数展開。ルノーからの供給は契約満了と同時に終了することを内定したとき、レッドブルは2017年でマクラーレンとの契約が終わるかもしれないホンダに目をつける。紆余曲折を経て、結果だけ見れば、2018年からマクラーレンとルノー、トロ・ロッソとホンダでタッグを組むことを決定。2018年シーズン中に、レッドブルも今年度でのルノーとの契約満了と同時に2019年からホンダのパワーユニットの供給を受けることを決定した。

その後、レッドブルとの良好な関係を確立したホンダは年を追うごとに次第に成績を向上させていくも、2020年10月、2050年のカーボンニュートラル社会実現に向け経営資源を集中することを理由に、2021年シーズンを最後にF1参戦を終了すると宣言し、全世界に衝撃が走った。

そして訪れた2021年、ホンダは7連覇を成し遂げているメルセデスと互角に戦えるまでにパワーアップを成し遂げており、エースドライバーのマックス・フェルスタッペンは、メルセデスの王者ルイス・ハミルトンとタイトルを巡って一進一退の攻防を展開。そして、ドライバーズタイトルのポイントにおいて全くの同点という状況で最終戦を迎える。

レース序盤、スタートダッシュで遅れを取ったフェルスタッペンはトップのハミルトンに徐々に離されていくも、自分のタイヤ交換を遅らせてまでハミルトンのブロックに回ったチームメイトのセルジオ・ペレスの活躍により、一時は1秒前後まで追いすがる。しかしその後はまた突き放される展開となり、誰もが諦めかけた最終盤、下位勢のクラッシュによりセーフティカーが投入され、フェルスタッペンとハミルトンの差はゼロとなる。

フェルスタッペンはセーフティカー導入のタイミングですぐさま新品のソフトタイヤに履き替えて最後のチャンスにかけていたが、ハミルトンはタイヤ交換に入ることで順位を落とすことを恐れ、使い古したハードタイヤで走ることを余儀なくされていた。そしてファイナルラップ突入時にセーフティカーは終了しレースが再開。フェルスタッペンはハミルトンのスキを突いてトップとなり、そのまま劇的なチェッカーを受けてワールドチャンピオンとなった。コンストラクターズチャンピオンこそメルセデスに譲ったものの、ホンダは30年ぶりの優勝という有終の美を飾り、F1活動に終止符を打つのであった。

2022年以降、ホンダのエンジンに関する権利はレッドブルが新設したパワーユニット開発のための新会社「レッドブル・パワートレインズ」に引き継がれ、ホンダからも開発者が数名移籍して協力することになっている。また、2021年からはアルファタウリに7年ぶりの日本人F1ドライバー・角田裕毅も参戦しており、彼も引き続きアルファタウリのドライバーを務めることなっている。

関連イラスト

フェラーリ F2008 キミ・ライコネン
キャメル・ロータス・ホンダ


フォーミュラ1
Tyrrell P34



テーマ曲

日本:TRUTH (T-SQUAREフジテレビ)
英国:The Chain (Fleetwood MacBBC)
フランス:First (DJ CorreTF1)

関連タグ

モータースポーツ Formula E
Honda フェラーリ
スーパーアグリ
自動車

その他のF1と呼ばれるもの

F-1を参照

他言語版 (Other Languages)

Formula 1

関連記事

親記事

カーレース かーれーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「F1」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「F1」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1696492

コメント