ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

キミ・ライコネンはフィンランド人のレーシングドライバーである。1979年10月17日生まれ。
名伯楽・ザウバー氏のお眼鏡にかない、F4からいきなりF1へとステップアップ。
2007年にフェラーリでワールドチャンピオンになっている。なお2021年時点で、フェラーリがチャンピオンを獲得できたのはこれが最後となっている。

一度F1への情熱を失ってWRCに転身するがうまくいかず、2012年にF1に中堅チームで復帰。後にフェラーリにも復帰し、いぶし銀のドライバーとして活躍した。

アイスマンの愛称を持ち、クールだがマイペースなイケメンとして、安定して人気が高いドライバーである。
キャリア初期はメディア嫌いで冷たい男に思われていたこともあるが、年齢を重ねるにつれて対応が丸くなっていった。現在は子煩悩な父親である。
ジョークや雅を理解する心も持っており、英語版俳句の本(!)を出版したこともある。

無類の酒好きとしても有名であり、シャンパンファイトは人にかけるよりもまず一口呑むのが先である。また2006年のモナコGPではリタイヤ後にチームのピットに戻らず、自身の所有しているクルーザーに移動して水着姿で飲酒をしながら観戦している姿が国際放送で映されていた。

遂に

2010年代後半から引退を仄かめしていたが、2021年8月頃、最終戦アブダビGPをもって引退する事を発表。2001年から2009年、2012年から2021年のあわせて19年間のキャリアにピリオドが打たれることになった。

引退後はF1現役時代からプライベート参戦していたモトクロスカワサキチームの代表に就任している。

関連タグ

F1 ザウバー マクラーレン フェラーリ WRC DS3

外部リンク

公式サイト(英語)
Wikipedia

関連記事

親記事

F1 えふわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キミ・ライコネン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49268

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました